ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張郃は不死身のゾンビ将軍だった!?

張コウ 張郃


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志ライター黒田レン

 

皆さんはバイオハザードの映画を見たことがありますか。

レンは今まで見たことがなかったので最近見始めたのですが、かなり面白いですね。

 

原作はゲームだったのですが、一度もやったことがなくどのようなストーリかわかりません。

しかしゾンビが大量に発生する映画なのは映画を見る前から知っていました。

まだ全部映画を見ていませんが、ゾンビがとてつもなく強く、不死身の生命力を持った生物だったのが印象的でした。

 

さてバイオハザードに登場するゾンビ級の将軍が魏にいるのを知っていますか。

その武将の名を張郃(ちょうこう)と言います。

彼は魏の名将として活躍した将軍ですが、吉川英治(よしかわえいじ)さんの作品「三国志」では二度の致命傷を負いながら死なず、

三度目にやっと死んだゾンビのような生命力をもっているのです。

そこで今回はバイオハザードに出てくるゾンビのような生命力を持った張郃がどのような場面で死ぬのか。

そして三度も彼が死んでいるのか紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

関連記事:張郃と顔良強いのは一体どっちだ?

 


 

吉川英治三国志の不死鳥・張郃【一度目の死】

不死鳥・張郃

 

吉川英治の三国志では三回も死んでいる張郃。

一回目は官渡の戦いが終わった後の出来事です。

張郃は軍勢を率いて劉備軍と戦った時の事です。

 

吉川三国志によると張郃は劉備(りゅうび)軍の名将・趙雲(ちょううん)関羽(かんう)の軍勢に攻撃されて撃破されてしまったようです。

吉川三国志の表現では「張郃は趙雲関羽の軍勢に(ほふ)られた」と表現されています。

 

屠るをPCで調べてみると「命を奪う」との意味がありますが、他にも「敵を打ち負かす」との意味もあり、ここでの張郃は趙雲関羽の軍勢に

打ち負かされたと解釈するべきかもしれません。

ですからここでは亡くなっていないと解釈するのがベストでしょう。

 


 

吉川英治三国志の不死鳥・張郃【二度目の死】

張飛

 

さて二度目は長阪での戦いです。

劉備軍は河北を統一した曹操(そうそう)軍の大軍から逃亡。

しかし劉備軍は曹操軍の急追撃を避けることができずに長坂で曹操軍の攻撃を受けてしまいます。

 

張郃はこの時劉備軍追撃の作戦に参加。

張郃は趙雲を発見すると趙雲に一撃を加えます。

しかし趙雲は張郃の一撃を防ぎ、渾身の一撃を張郃へお見舞いします。

すると張郃は肩から斬られ、彼が乗っていた馬も一撃で半分にされてしまいます

 

この時張郃は大量出血するシーンが描かれており、普通に考えれば亡くなったと考えるのが妥当ですが、

亡くなったとは断言されていないので助かったのでしょう(結構無理やりな気がするのですが)。

張郃は奇跡的に趙雲の一撃をくらっても生き延びる事になります。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝


 

吉川英治三国志の不死鳥・張郃【三度目の死】

吉川英治三国志の不死鳥・張郃【三度目の死】

張郃三度目の死は孔明(こうめい)の北伐戦の時です。

この時張郃は上司・司馬懿(しばい)の命令に従って退却する蜀軍を追撃。

 

しかし孔明は追撃してきた張郃を火計の罠を張っていた地点へ誘い込みそのまま彼を焼き殺してしまうのでした。

張郃は火に弱かったらしくこの孔明が仕掛けた火計の罠によって亡くなってしまうのでした。

吉川三国志では張郃は二度致命傷を負いながらも復活し、戦場を駆け回っていましたが、三度目の火計によって亡くなってしまうのでした。

もし張郃が火計にも耐えられたら、完全にゾンビであり、歴史小説じゃなくなり、ゾンビと化した張郃を打ち倒す物語になってしまいますので、

張郃が死んでレンは少しほっとしました。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

吉川三国志では何度も蘇った張郃ですが、史実の正史三国志でも張郃は不死身だったのでしょうか。

正史三国志の作者・陳寿(ちんじゅ)は流石に張郃を不死身のゾンビ将軍として扱うことなく、普通の人間として描いています。

そのため吉川三国志のように何度も死んで復活することなく、一度でちゃんと亡くなっていますので安心してください。

 

参考文献 【青空文庫 三国志 吉川英治著】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?

関連記事:【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情
  2. 蒼天航路 蒼天航路で太史慈の出番が少ない2つの致命的な理由
  3. 蔡京(水滸伝) 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話
  4. ボロボロになった馬超 馬超のせいで劉備は漢中王に即位したって本当?
  5. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労が原因で本当に亡くなったの?
  6. 曹操VS孫権 R2 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  7. 曹操に憧れる荀彧 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…
  8. 統 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  2. 藏覇(臧覇)と曹操
  3. 飢えている王忠
  4. 荀彧と袁紹
  5. 漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい)
  6. 曹操 女性の敵? 鄒氏
  7. 鄧芝が孫権を説得
  8. 孔子と儒教
  9. 傷だらけでも勇敢に戦う楽進

おすすめ記事

  1. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった! 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人
  3. 今川義元はなぜ桶狭間の戦いで織田信長に負けたのか? 若き頃の織田信長に敗れる今川義元
  4. ガッカリ!信長の鉄甲船は村上水軍を殲滅させていない 鉄甲船
  5. 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由 科学者風の斉彬
  6. 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基

三國志雑学

  1. 袁術 袁紹
  2. 蜀の劉備
  3. ホウ徳、馬超
  4. 不合格になる張角
  5. 羅貫中と関羽


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 丸木舟(弥生時代)
  2. 馬超と羊
  3. 張燕
  4. 陸遜
  5. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  6. 韓非子を読む劉禅
  7. 唐周(とうしゅう)黄巾賊

おすすめ記事

君主論18 kawausoさん キングダム618話最新ネタバレ予想vol2「馬南慈は死ぬのか?」 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明 何晏 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの? 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西 曹操 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう キングダム六国の強さを勝手にランキング! あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP