法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当?

君たちはどう生きるか?劉禅




劉禅

 

蜀の二代目皇帝・劉禅(りゅうぜん)

父の偉業を継いでいながら自ら政治を執り行わず、最後には国を献じて魏に降伏したことから、父に似ず暗愚な人物であるというイメージがあります。

しかし、自分で政治を執らなかったことと、他国に降伏したことだけでは、劉禅が暗愚であったかどうかは分かりません。

そこで本日は、もしも劉備(りゅうび)劉禅と同じ立場であったらどうしていたかを考えてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?

関連記事:【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!

 

 

劉禅の状況

劉禅の状況

 

劉備が亡くなり劉禅が帝位についた時、政治の実権は諸葛亮(しょかつりょう)が握っていました。

若くて実績も人脈もない劉禅は、自ら政治を執らず諸葛亮を信任することが妥当でした。

このため、劉禅が自ら政治を執らなかったことは、劉禅が暗愚であったとする根拠にはなりません。

蜀は魏を倒して漢王室を再興することを目標としていました。

 

初代皇帝・劉備は漢の皇帝を名乗っており(後漢の十五番目の皇帝のつもり。初代皇帝」というのは便宜上の呼び方です)、

蜀の国号は「漢」ですので、蜀が中原を占拠することが漢王室再興ということになります。

 

現実問題として、険しい山脈に囲まれた蜀から中原に攻めて行くことは困難ですので、漢王室再興がかなわなかったことは怪しむに足りません。

魏から引導を渡された時点ですんなり降伏をするという劉禅の判断は、徹底抗戦を主張して蜀を泥沼の戦場に変えるよりは賢明でした。

 

その時は呉がまだ健在であったため、魏は降伏後の蜀を無下に扱うことはできませんでした。

無下に扱えば、呉が魏への徹底抗戦を決意してしまい、面倒なことになるからです。

 

自国が高く売れるうちに売ってしまった劉禅は、時機を見る目を持っていたと言えるでしょう

 

 

劉備の性格

孫尚香と劉備

 

劉備の行動様式を見ていると、「鶏口(けいこう)となるも牛後(ぎゅうご)となるなかれ」という考え方をしているように見えます。

 

劉備が初めてもらった官職は安喜県の尉(武装警察隊長)という役職でしたが、正史三国志先主伝の注釈に引用されている『典略』によれば、

巡察にきた督郵(とくゆう)が無礼であったため、劉備は督郵を杖で百回以上も叩いたすえ、官を捨てて逃亡しています。

くだらん奴のはずかしめを受けてまでちっぽけな役職にしがみつくよりは、在野でお山の大将をやっているほうがましだ、という考え方でしょう。

 

正史三国志先主伝によれば、劉備は曹操(そうそう)とともに呂布(りょふ)を破った後、曹操からたいそう厚遇を受け、左将軍という高い地位に推薦してもらい、

外出する時は曹操の輿に同乗し、座る時は同じ席に座るほどでした。

 

このような厚遇を受けながらも、劉備は曹操暗殺という大バクチのメンバーに名をつらね、やがて曹操を裏切って徐州を占拠し、曹操から

征伐の軍を差し向けられ、全てを捨てて逃走しています。

曹操からの厚遇に甘んじず、自分が飛躍するためにリスクをいとわなかったのでしょう。

 

同時代人の劉備に対する評では、程昱(ていいく)が「人の下につく者ではない」と言っており(正史三国志武帝紀)、

劉巴(りゅうは)は「招き入れれば必ず害をなす」(正史三国志劉巴伝の注釈に引用されている『零陵先賢伝』)と言っています。

裴潜(はいせん)は「中国にいれば乱をなすばかりで治めることはできず、要害の地を占拠してお山の大将となるくらいはできるでしょう」

(正史三国志裴潜伝)と評しています。

劉備はおとなしく他者の下に屈する人ではなかったようです

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

もしも劉備が劉禅と同じ立場だったら

蜀の皇帝・劉備

 

さて、もしも劉備が劉禅と同じ立場だったとしたら、劉備に何ができたでしょうか。

若くて実績も人脈もない。頭の上には諸葛亮

とりあえず、諸葛亮と仲の悪そうな人を厚遇して、バランスを取ろうとするのではないでしょうか。

どうしても自分が実権を握ることができなければ、こんな国いらねえや、ってどっかに行って新勢力を立ち上げてしまうかもしれませんね

 

嫌な場所で我慢してじっとしているという選択肢は取らないので、やりたいようにやってみて切羽詰まったら身一つでどこへでも逃げて行ってしまうと

思います。

 

魏軍が都の目の前まで迫って降伏勧告をしてきた場合は、どうするでしょうか。

劉禅は降伏しましたが、劉備はやはりどこまででも逃げて行ってしまうと思います。

 

劉禅が降伏を決める前には、呉に身を寄せたらどうかとか、南中(雲南省やミャンマーのほう)に立てこもったらどうかという案も臣下から出ました

が、劉備だったらそのいずれかを選択したことでしょう。

そこから不死鳥のようによみがえりそうなところが、劉備の怖いところです。

身一つで逃げ出した経験は何度かあるのに、いつもちゃっかり勢力を盛り返している人ですから。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

劉備と劉禅を見比べてみると、考え方が似ていないことは確かなようです。

しかし、どちらに比べてどちらが賢いとか、暗愚だとか、そういう比較はできないのではないでしょうか。

劉備が諸葛亮を得る以前の挙動を見ると、彼の歩いた後は草一本残らないような生き様にも見え、

それがいいかどうかは賛否両論分かれるところでしょう。

 

劉備の人生はアグレッシブでアツいから好きだ、とか、劉備は軍事面において天才である、とか、そういうことは言えるかもしれませんが、

劉禅と比較にならないほど英明な人物であるかどうかは分からないと思いました。

お二人ともそれぞれいいところもあれば欠点もあるということで、金子(かねこ)みすゞ風に「みんなちがって、みんないい」とでも言っておこうかなと

思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?

関連記事:君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 宋姫 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  2. 蒋琬と姜維と王平 蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?…
  3. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  4. 費禕 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  5. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  6. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  7. 三国志の地図 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  8. 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ
  3. 三国志っておいしいの
  4. 美化された袁紹に羨む袁術
  5. 沙摩柯
  6. 楊奉
  7. 過労死する諸葛孔明
  8. 蔡京(水滸伝)

おすすめ記事

  1. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの? 赤壁の戦いで敗北する曹操
  2. 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 王政君お怒り!玉磁なげる
  4. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  5. キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」 キングダム
  6. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説 桜島

三國志雑学

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 孔明 vs 司馬懿
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 華雄と呂布
  2. 担がれる劉邦
  3. はじめての三国志
  4. 旅馬 三国志
  5. 袁術

おすすめ記事

李斯 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし) 三国志の女性 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着 呂布の英雄石像 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話 孔明 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった 趙雲と劉備が初めて出会うシーン 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ? 徳川将軍珈琲 amazon引用 徳川将軍珈琲とは?徳川慶喜が味わったコーヒーを再現する! 阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋? 三国志平話 『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP