編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての魏

裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官

この記事の所要時間: 29




 

中国北部には三国志時代、馬に乗ることに特化した異民族が多く存在しておりました。

曹操は中国北部の覇者であった袁紹を討伐すると中国北部を手に入れることになります。

この広大な北方の領土を領有する代わりに異民族と境を接することになり、

度々異民族が侵入してくることになります。

曹操は彼らをしっかりと統治させるため、一人の文官を差し向けることにします。

その人物の名は裴潜(はいせん)と言います。

彼は兵力を用いることなく北方異民族を統治することに成功するのですが、

一体どうやって異民族をてなずけることに成功したのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖




代郡が乱れる

 

曹操(そうそう)は河北を制圧して広大な領土を手に入れることになります。

しかし厄介な物がおまけとして付いてくることになります。

それは異民族です。

彼らは中華の政権に従うことをよしとせず、度々北方の領土に侵入をくり返し行ってきます。

中華北方にある代郡は鳥丸(うがん)族が侵入して、

三人の人物がそれぞれ勝手に鳥丸族の大将を意味する単于(ぜんう)を称しておりました。

そのため代郡は彼ら三人の単于によって大いに乱れてしまいます。




裴潜(はいせん)に代郡の乱れを収めるように依頼

 

曹操は裴潜を呼んで「君に代郡の太守として行ってもらいたい。

彼の地で調子に乗っている鳥丸族の単于達を討伐してもらいたいと考えているのだが、

どれくらいの兵力が必要かね」と依頼されます。

裴潜は「殿。兵士はいりません。奴らは調子乗って代郡でやりたい放題やっていますが、

内心不安でしょうがないのです。

今大軍を率いて乗り込めば必ず奴らは協力して我らの代郡入りを拒んできましょう。

しかし我らが少ない人数で代郡へ赴くことになれば、

奴らは警戒することなく我らを受け入れてくれるはずです。

私は代郡に到着して奴らに受け入れられた後はしっかりと計画を練って、

代郡を乱れさせている単于たちを取り除きたいと思います。」と述べた後、

代郡へ向かうことになります。

 

北伐の真実に迫る

 

単于と一緒に略奪行為をおこなった役人を処断

 

代郡に侵入して単于を名乗っていた三人は、

曹操軍が討伐軍を率いていつやってくるか不安でした。

しかし曹操が派遣したのは車一台を率いてやってきた役人だけだったで大いに安堵し、

彼を受け入れます。

こうして裴潜は鳥丸族の単于達から受け入れられるとまず彼を慰撫して、

こちらから攻撃を加えないことを約束します。

その後彼は鳥丸族が略奪した家畜や女性、宝物などを返還するように要求。

鳥丸族達はおとなしく裴潜の言うことを聞いてこれらのものを返還します。

裴潜はこうして鳥丸族達が奪ったものを取り返すことに成功すると

鳥丸族と一緒に略奪を働いた役人達を処断。

この裴潜の処置を知った民衆達は大いに喜んだそうです。

こうして裴潜は代郡を収めること三年、民衆はよく彼に懐いて彼の政治に協力し、

異民族である鳥丸族達も彼の言うことをしっかりと聞いて反乱を起こさなかったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

裴潜は代郡を統治してから三年後に中央に呼び戻されることになります。

曹操から「よくやった裴潜。」と褒められたそうです。

だが彼は曹操へ「私の次に代郡を治める者は必ず鳥丸族らの異民族に対して、

寛容な統治を行うことでしょう。

なぜなら私が厳しく取り締まっていましたから。

しかし寛容な統治を鳥丸族に対して行えば、奴らは再び背くことになるでしょう。」と

鳥丸族が再度反乱を起こすことを予見します。

そして裴潜が代郡から離れた後鳥丸族は裴潜の予想通りに反乱を起こすことになります。

こうして代郡は再び乱れることになるのですが、

ここで曹家の黄髭である曹彰(そうしょう)が活躍することになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?
  2. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交…
  3. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  4. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決ま…
  5. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できた…
  6. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  7. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  8. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  2. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  3. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!
  4. 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!!
  5. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男
  6. 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは? 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ? 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの? 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん

おすすめ記事

  1. 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀
  2. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第3回 曹操交代!まさかのあの人が主力メンバー入り!!
  3. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  4. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?
  5. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  6. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得
  7. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  8. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP