キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

弱きを助け強きを挫く!異民族をも信服させた黄蓋の魅力とは




黄蓋

 

皆さんは老将軍と言うと誰を思い浮かべるでしょうか?

三国志』で最も有名な老将軍といえばやはり蜀の五虎大将軍の一人・黄忠(こうちゅう)のことを思い浮かべる人が多いでしょう。

 

しかし、忘れてはいけない老将軍がもう一人。

長きにわたって呉に仕えた黄蓋(こうがい)です。

 

三国志演義』に登場する頃には既におじいちゃんになっている黄蓋ですが、彼は若い頃から素晴らしい力を持っていた将軍でした。

今回は、そんな黄蓋の魅力をたっぷりご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話

関連記事:黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説

 

 

孫堅から孫権まで三代にわたって仕える

呉の孫堅

 

黄蓋は若い頃に父を亡くし、貧しい暮らしをしていました。

しかし、黄蓋はそんな生活に絶望することなく、常に大きな志を持ち続けた青年でした。

勉強熱心な黄蓋は文章の書き方から兵法まで熱心に勉強し、漢王朝のトップである三公から中央に招かれるまでになりました。

 

しかし、その頃既に漢王朝は斜陽で、あらゆる反乱が起こって国内は滅茶苦茶な状態。

中央に赴いたところで朝廷をほしいままに操る輩たちに仕えなければならないわけですから、黄蓋は迷っていました。

 

そんな黄蓋の前に颯爽と現れたのがあの孫堅(そんけん)だったのです。

 

孫堅のカリスマ性に惹かれた黄蓋は孫堅に付き従い、董卓(とうたく)討伐で大活躍。

孫堅の死後も孫策(そんさく)に仕え、江東制覇に精を出しました。

孫策が早逝してしまった後はまだ臣下たちからの信頼の浅い孫権(そんけん)を主君として仰ぎ臣下の礼を尽くしました。

 

 

異民族をも信服させた魅力的な人となり

異民族をも信服させた魅力的な人となり

 

孫策と共に江東制覇に臨んだ際は、甲冑を身にまとい、剣をふるって暴れまわった黄蓋ですが、制圧した地での政治は

苛烈なものではありませんでした。

むしろ、黄蓋は「弱きを助け強きを挫く」の精神で統治を行い、法令こそ厳しくしてはいたものの人々に対しては慈愛の心を持って接していました。

そんな黄蓋が統治した地では、江東制覇の際に孫策軍を手こずらせた異民族・山越族まで黄蓋を慕い、穏やかに暮らすようになったといいます。

黄蓋の慈愛に満ちた心は異民族の心まで溶かしたのですね。

 

【三国志をより深く知る】
はじめての三国志をより分かりやすく

 

「苦肉の策」で曹操を騙す

「苦肉の策」で曹操を騙す

 

孫呉の礎を築き上げるのに大きな功績を残した黄蓋ですが、孫権に仕えていた頃の活躍の方が有名でしょう。

黄蓋が活躍したのは『三国志』ファンなら誰もが知るあの大戦・赤壁の戦いでのこと。

 

赤壁の戦いの口火を切るのに一役買った人こそが黄蓋でした。

 

正史では、曹操の大船団を攻めあぐねていた周瑜に火攻めをすることを進言し、黄蓋自ら偽りの投降をすることを持ちかけています。

命がけのこの作戦を思いつき、そしてやってのけた黄蓋の肝の据わりっぷりには驚かされますね。

 

ちなみに、『三国志演義』では先に魏からスパイとして潜り込んでいた蔡和(さいわ)蔡仲(さいちゅう)の眼前でわざと周瑜(しゅうゆ)からの棒叩きの刑を受けから投降。

そのため、疑り深い曹操もあっさり黄蓋の投降を信じ、このことによって魏軍は辛酸を嘗めさせられることになったのでした。

『三国志演義』のこの黄蓋の芝居は苦肉の策の語源になっていますね。

 

便所に放置されたという可哀想なエピソードも

 

赤壁の戦いで華々しい活躍を見せた黄蓋。

 

しかし、同じく赤壁の戦いで黄蓋は絶体絶命のピンチに陥ります。

曹操軍の船に火をつけ、曹操軍を阿鼻叫喚の火炎地獄に陥れたものの、黄蓋は流れ矢に当たって長江に落ちてしまいました。

すぐに引き上げてもらえたものの、黄蓋であると気づいてもらえずその辺の雑兵だと思われた彼は、便所に放置プレイされてしまいます。

赤壁の戦いは冬の出来事でしたから、濡れネズミ状態のまま放置された黄蓋の体は冷え切ってガクガクブルブルと震えていたことでしょう…。

 

傷の痛みと寒さに震えていたところ、「あれ?黄蓋…?」とその存在に気付いてくれたのは同僚の韓当でした。

韓当が気づいてくれなかったら赤壁の戦いでの功が報いられることもなく、黄蓋は野垂れ死にしてしまっていたかもしれませんね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

赤壁の戦いの後もかつてのように異民族の鎮圧に精を出した黄蓋はやはりその人となりによって異民族の心を掴んでいきました。

そんな彼が亡くなったときには漢民族・異民族を問わず呉国内の誰もがその死を悼んだと言います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国志って何?はじめての人向け
  2. 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ
  3. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  4. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  5. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  6. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ…
  7. 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?
  8. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ
  2. はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました!
  3. 【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー
  4. 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?
  5. ログイン時の画像認証導入のお知らせ
  6. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか 華陀

三國志雑学

  1. 蜀の馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの? 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説 キングダムネタバレ予想「エンポ爺は助からない!?」

おすすめ記事

  1. 【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦戦
  2. 井伊直弼と井伊直虎家督相続で苦労した二人の共通点
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介
  4. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  5. 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選
  6. 孫堅と孫策の似てないところは一体どこ? 海賊時代の孫堅と孫策
  7. 橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった
  8. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP