キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀が愛用した鎧は鎧紅糸縅品小札二枚胴具足とは?

井伊直政




明智光秀 麒麟がくる

 

2020年のNHK大河ドラマは明智光秀(あけちみつひで)を主役にした「麒麟がくる」です。

傑出した武将でありながら、前半生には謎が多く、また主君、織田信長(おだのぶなが)を討った事から

逆臣、裏切者の悪名を背負った光秀がどのように描かれるのか楽しみです。

さて、今回は戦国武将には欠かせない鎧について説明します。

明智光秀は、どのような鎧を着用していたのでしょうか?

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 

 

明智光秀が愛用した鎧紅糸縅品小札二枚胴具足

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

 

明智光秀が愛用した鎧は紅糸縅品小札二枚胴具足です。

日本の鎧は、このような長い名前がよく付きますが、これは見た目を表しています。

最初の鎧赤糸とは、黒漆塗に赤糸の組紐が使われている事を意味しています。

赤と黒ですから、非常にコントラストがキレイである事が想像できますね。

 

次に縅品小札というのは、赤糸で小札という鉄板を縅す:綴り合わせるという意味です。

元々、革紐や色糸は、ただ小札を綴る役割だったのですが、次第に複数の色糸を使って

華美に見せるようになり、他国に類を見ない彩を持つ日本の鎧が完成しました。

武士は家単位で働くので、手柄を主君にPRする必要があり、派手で印象の強力な鎧が

好まれるようになったようです。

本当は目立つと鉄砲や矢の標的になりやすいのですが、

戦場では目立ってナンボなのでリスクより宣伝効果を取りました。

 

最後の二枚胴具足というのは、この鎧が、胸と背中の二枚の鉄胴で出来ている具足

(甲冑)であると説明しているのです。

 

鎌倉から南北朝頃までは、日本の鎧は大鎧と呼ばれる三枚鉄板で豪華なものでしたが、

馬上戦闘用で重く、動きが制限されるので戦争が歩兵戦に移行した室町以後になると、

着やすく動きやすい二枚鉄板の当世具足や西洋の鎧の影響を受けた南蛮鎧が登場しました。

 

 

戦国武将の個性的な甲冑

井伊直政

 

戦国武将には個性的な甲冑で有名な人物がいます。ここでは、個性的な甲冑で有名な戦国武将を取り上げます。最初は山陰地方の戦国大名だった尼子義久の家臣山中鹿之助です。尼子氏が毛利元就に滅ぼされると、尼子家再興を目指して織田信長の中国地方攻めに協力します。山中鹿之助の甲冑は甲に鹿の角のようなものが特徴として挙げられます。

 

次に、南光坊天海(なんこうぼうてんかい)の甲冑について取り上げます。甲に大きな輪がありますが、写真を見ると重すぎて動けるのか気になります。

 

井伊直政

 

次に、井伊直政(いいなおまさ)の甲冑について取り上げます。井伊直政の甲冑は赤備えで有名です。武田信玄の家臣だった飯富虎昌の赤備えに倣ったのかもしれません。直政は常に前線で戦っていたことから本物の甲冑は傷だらけだといわれています。

 

真田丸 真田幸村

 

真田幸村(さなだゆきむら)の甲冑も赤備えです。真田家は幸隆(幸村の祖父)の代から武田信玄・勝頼に仕えていました。武田信玄の家臣だった飯富虎昌に倣ったのかもしれません。 最後に、直江兼続について取り上げます。2009年の大河ドラマ『天地人』の主人公になったことがあります。直江兼続の甲には愛という字があります。戦国時代で一番個性的な甲で話題になりました。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

明智光秀の兜は六十二間筋兜

 

次に、鎧とはセットである兜についても見てみましょう。

光秀の兜は筋を細かく立てた六十二間筋兜で前立に三鈷剣が付いています。

 

この三鈷剣とは、仏教の法剣で不動明王の持ち物とされ、一切の魔を断つそうです。

様々な文化に造詣の深かった光秀ですから、仏教にも通暁していたかも知れません。

「我に手向かうものは全て魔なり容赦なく斬る」

それだけの決意をして、いつはてるとも知れない乱世を戦い続けたのでしょうか?

 

どうして光秀の鎧は後世に伝わった

 

逆臣として滅ぼされた明智光秀の鎧はどうして現在まで伝わるのでしょうか?

徳川家康の家臣で、一時明智光秀の家臣として出向していた木俣守勝がいました。

この木俣守勝は有能な人で光秀にも深く信用されたそうです。

やがて木俣が徳川家康に戻るように命じられました。

 

そこで、名残を惜しんだ明智光秀が餞別として木俣守勝に送った鎧と手紙が

現在まで残されているのです。

 

木俣守勝は本能寺の変で織田信長が自害したことを知ると、徳川家康の伊賀越えを警護しました。関ヶ原の戦い後、近江国彦根藩藩主となった井伊直政・直勝親子を家老という立場で補佐しました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は、明智光秀の鎧、及び戦国大名の個性的な甲冑について取り上げました。

今回取り上げた個性的な甲冑について、ごく一部で他に個性的な甲冑があったといわれています。有名な戦国武将ではありませんが、ハマグリの貝殻やグーの形をした甲があります。個性的な甲冑にも注目したいと思います。

 

関連記事:【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

関連記事: 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 




関連記事

  1. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった…
  2. 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当?
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀を知る観光おすすめスポット5選【丹波亀山城・福知山城・勝…
  4. 火縄銃を気に入る織田信長 織田信長はいつから種子島銃を戦で使ったの?種子島銃の出現から導入…
  5. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるの…
  6. 武田騎馬軍団 馬場信春 武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証
  7. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹…
  8. セミナリオ(教会) 明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と公孫淵
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. キングダム52巻
  4. 歳をとっても元気な孔明
  5. 蜀の姜維
  6. 姜維と孔明
  7. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  8. 黄忠

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  2. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの? 司馬懿と公孫淵
  3. 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る 玉乗りをしている阿部正弘
  4. 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの?? 徐晃
  5. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  6. 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの? 劉禅と孔明

三國志雑学

  1. 撃剣を使う曹丕
  2. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 孔融
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 曹叡
  3. 楊鋒(南蛮討伐)
  4. 成廉、魏越、呂布
  5. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  6. 胡亥

おすすめ記事

魏の曹操孟徳 曹操は漢の忠臣?それとも奸臣? キングダム54巻amazon キングダム最新603話ネタバレ「十五日目の異変」レビュー 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの? 信長の野望・革新 with パワーアップキット 信長の野望の明智光秀の評価は?逸話を基に紹介 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪 龐統 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる 亡くなる黄忠 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 虎豹騎を率いる曹休 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP