法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻

楚の旗と兵士




戦国七雄の地図

 

戦国時代、中国大陸の南に大きく陣取っていた大国・()

他の国とは異なる気候と風土を持つ楚では独自の文化が築かれており、そこに住む人々も曲者(くせもの)揃いだったようですね。

今回はそんな曲者たちのエピソードや動かした縦横家(じゅうおうか)のエピソードを『戦国策(せんごくさく)』よりご紹介しましょう。

 

関連記事:楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】

関連記事:子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣

 

 

アイツは虎の威を借る狐!

豹と黒豹

 

楚の宣王が群臣に次のように尋ねました。

 

「北の六国は我が国の宰相昭奚恤(しょうけいじゅつ)を恐れているらしいが、実際のところはどうなのかね?」

 

群臣たちが答えに窮して口をつぐむ中、江乙(こうおつ)が答えます。

 

「昭奚恤は虎の威を借る狐ですよ。

狐が獣の長だと偽って虎を自分の後ろに歩かせ、獣たちが逃げ出す様子を見せて(だま)しているのと同じです。

六国が昭奚恤を恐れているのは、実際のところ宣王さまの軍勢を恐れているのです。

獣たちが虎を恐れたのと同じです。」

 

このエピソードは江乙が昭奚恤を大したことの無い奴なんだと楚王に力説している話なのですが、

「虎の威を借る狐」の部分ばかりがひとり歩きして有名になっていますね。

 

 

王のお気に入りの夫人に取り入る

 

あるとき楚の懐王(かいおう)連衡策(れんこうさく)を説いて回る秦の臣・張儀(ちょうぎ)を捕らえて殺そうしました。

このことを知った楚の臣である靳尚(きんしょう)は、張儀を助けるために懐王に口添えします。

 

しかし、それだけで懐王が張儀を許してくれるとは思えず、その頃懐王がかわいがっていた夫人・鄭袖(ていしゅう)に次のようにささやきました。

 

「張儀がこのまま捕らえられていたら、秦王が楚に美女を寄越して張儀を解放するようにはからうでしょう。

秦の後ろ盾がある美女が楚に送られてきたら、懐王さまはあなたのことを忘れてしまうでしょうね。」

 

このことを聞いて恐れを抱いた鄭袖はすぐに懐王を説得して張儀を釈放させたのでした。

王の愛する夫人にまで手をまわす靳尚の周到さには脱帽ですね。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

あの夫人、実はヤバい奴だった…

 

臣下に脅されていた夫人・鄭袖ですが、なかなかの人物だった模様…。

そのことが窺い知れるエピソードも『戦国策』に記されています。

 

ある日、魏から美女が送られてきます。

その美しさを見てすぐに美女を気に入った懐王。

 

この様子を見た鄭袖は、美女に目をかけてそれはそれは可愛がりました。

 

美女をかわいがる鄭袖を見て

「私以上に美女を可愛がっているなんて鄭袖は孝子・忠臣の(かがみ)だなぁ」とご満悦。

 

鄭袖は王が自分のことを嫉妬しない良い女だと思い込んでいると知るや否や、美女に対して次のようにささやきました。

 

「懐王さまはあなたを大変可愛がっていますが、どうもあなたのそのお鼻が嫌いみたいです。

これから懐王さまに会うときはその鼻を隠しなさい。」

 

そのアドバイスを真に受けた美女は懐王の前では鼻を隠すとうになりました。

 

懐王は美女のその様子を訝しんで鄭袖に対して

「あの美女はなぜ私に会うと鼻を隠すのだろうか?」

と相談します。

 

すると、鄭袖は次のように答えたのです。

「懐王さまのにおいをかぐのが嫌で鼻を隠しているのだそうですよ。」

このことを聞いた懐王は「不届き者め!」とブチギレて、すぐに美女を鼻をそぎ落とす残酷な刑に処してしまったのでした。

 

女性といえば嫉妬深いイメージですが、まさにイメージ通りの鄭袖。

でも、彼女は普通の女性より1枚も2枚も上手だったようですね。

懐王にも美女にも自分の嫉妬心を微塵も見せず、うまいこと立ち回って嫌いな奴をパパッと排除する…。

 

なんだか妙に手馴れているというか…あまり深く考えない方が良さそうですね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

曲者揃いのイメージが強い楚ですが、『戦国策』を読んでみると懐王の夫人・鄭袖がダントツで曲者だと感じられました。

いつの時代も女性というのは恐ろしい…と思ってしまいます。

楚策には他にも色々と面白い話があるので、皆さんも興味があれば『戦国策』をめくってみてください。

正史では見ることができない戦国時代のエピソードを垣間見ることができますよ。

 

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝) キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  2. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実に…
  3. 宦官 キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上…
  4. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  5. はじめての三国志 画像準備中 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と…
  6. 嬴政(始皇帝) 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  7. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  8. はじめての三国志 画像準備中 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 嬴政(始皇帝)
  3. 結婚を喜ぶ孫策
  4. 担がれる劉邦
  5. 怒る陳宮
  6. 甘露寺 十字紋石
  7. 孫尚香
  8. 劉璋にアドバイスをする張松

おすすめ記事

  1. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか? 楊彪を司空に任命させる董卓
  2. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  4. 【形勢不利の薩長】一発逆転の王政復古大号令の影響力とは?
  5. 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?
  6. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将 馬謖の陣形に笑う張コウ

三國志雑学

  1. 郭嘉の本
  2. 生徒に勉強を教える盧植
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 担がれる劉邦
  3. 張飛のヨメ
  4. 岳飛(南宋の軍人)
  5. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  6. 怒る陳宮

おすすめ記事

みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった! 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする? イケメン孫策と袁術 第19話:袁術くん「人間力」を孫策から学ぶ まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た? 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証 呂布に暗殺される董卓 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP