キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻

キングダム 戦国七雄地図




戦国七雄の地図

 

(しゅう)王朝の権威が地の底に落ち群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の様相を呈した春秋・戦国時代にはそれまで政治に対して何の力も持っていなかった庶民たちも

身につけた知識を武器に世を動かすほどの力を持つようになっていました。

諸侯(しょこう)たちに様々な知恵を授けて歩いた彼らは遊説家(ゆうぜいか)、もしくは縦横家(じゅうおうか)と呼ばれてもてはやされ、言葉巧みに諸侯たちを操って世を動かしました。

そんな彼らの活躍ぶりが描かれている書物が『戦国策(せんごくさく)』です。

 

『戦国策』には、東周(とうしゅう)西周(せいしゅう)、そして戦国の七雄と称される(しん)(せい)()(ちょう)()(かん)(えん)、そして宋や衛、中山という国々において

遊説家たちが説いた権謀術数の数々が記録されています。

 

そんな彼らの巧みな話術は現代にも通じるような素晴らしいものばかりです。

今回は『戦国策』より東周に出向いた遊説家たちの活躍ぶりが記されている東周策からいくつかのお話をご紹介します。

 

関連記事:【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配

関連記事:【春秋左氏伝】宋の南宮万は春秋無双!?呂布もびっくりの暴れん坊

 

 

東周とはどんな国?

文王

画像:文王Wikipedia

 

そもそも、東周とはどのような国なのかよくわからないという人も多いでしょう。

 

一般的に東周は周の12代目の君主である幽王(ゆうおう)(しん)という国から迎えた皇后を廃したことによって申国に恨まれて殺された後、

新たに擁立されようとした携王(けいおう)が気に入らないという諸侯たちによって平王が立てられ、都も鎬京(こうけい)(西安)から洛邑(らくゆう)(洛陽)に移された

後の周のことを指しますが、『戦国策』に描かれている東周はこの時代よりももう少し後にできた国のことです。

 

31代目の孝王(こうおう)が弟・桓公に西の領地を与えたことによって西周公が興ったのですが、その後、趙と韓によって東周公が立てられて

結果的に2つの周は争い合う仲になってしまいます。

しかし、周同士で争っている間にも弱体化した周を呑み込もうと他の諸侯たちが虎視眈々(こしたんたん)と狙っていました。

この危機的状況を東周はいかにして切り抜けようとしたのでしょうか?

 

そこにはやはり東周を守らんと奔走する遊説家の影がありました。

 

 

九鼎を死守せよ!

鼎

 

中国では夏王朝の時代から天下を統べる者の証として九鼎(きゅうけい)というものが大切にされていました。

最終的に九鼎は秦に奪われる運命にあるのですが、それまでにも度々他の諸侯たちとの間で九鼎をめぐる争いがあったようです。

ある時、秦が圧倒的な軍事力をチラつかせて九鼎を要求してきました。

 

このことに頭を抱えていた周王に顔率(がんそつ)が次のように提案します。

 

「斉に助けてもらいましょう。」

 

そう言って斉に出かけて行った顔率は斉王に次のように話しました。

 

「無道者の秦が九鼎を手に入れんと攻めてきたのですが、周では秦にくれてやるなら斉に九鼎を渡したいという話になっています。

ぜひとも我が国をお助けください。」

 

斉は九鼎欲しさに出兵。

秦をあっという間に蹴散らして見せました。

 

顔率は斉王に感謝を述べ、次のように尋ねました。

 

「九鼎を献上したいのですが、どの道を通って運ぶおつもりですか?」

 

「魏を通らせてもらおうと思う。」

と答える斉王。

 

「それはいけません。

魏は九鼎を欲しがっていますから、決して通してくれないでしょう。」

とそれを止める顔率。

 

「では、楚を通る。」

と答える斉王。

 

これに対しても

「それもいけません。楚も九鼎を欲しがっています。」

と止める顔率。

 

「では、どうすればいいのか?」

そう尋ねる斉王に顔率は次のように答えました。

 

「そもそも九鼎は重たくて簡単に持ち出せません。

その昔、殷の王都から運んだときにも9万人がかりでようやく運び出しました。

仮に人員を用意できても敵だらけの道を斉王様はどうやって九鼎をお運びするのかが私はとても気がかりでなりません。」

 

これを聞いた斉王は

「さては貴様、最初から九鼎を寄越すつもりがなかったな!」

と激怒しますが、顔率は飄々(ひょうひょう)と次のように答えます。

 

「めっそうもありません。

どこから持ち出すのかを早くお決めください。

私たちは斉王様のお申しつけをお待ちしますので。」

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

西周のいじわるをやめさせよ!

蘇秦(そしん)は合従連衡を行った

 

東周が稲を植える時期を迎えた頃、なんと西周によって水をせき止められるといういじわるをされてしまいました。

これに頭を抱えていた東周の民のために蘇子(そし)という人が西周に赴いて次のように説きました。

 

「東周では麦を植えようとしているので水を止めても仕方がありませんよ。むしろ水を流した方が効果覿面(こうかてきめん)です。」

 

これに納得した西周君は、東周に水を流しました。

ちなみに、蘇子は西周からも東周からもご褒美をもらってウハウハだったそうな。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

東周は周王朝末期の弱小諸侯でしたが、それでも遊説家によっていくらかその命数を延ばすことに成功していたようですね。

それにしても遊説家たちの口達者なこと…。

口先で人を転がすその才能が羨ましい限りです。

 

関連記事:【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力

関連記事:【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟…
  2. 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国…
  3. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっく…
  4. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホン…
  5. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  6. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  7. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…
  8. 騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 服部半蔵
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】
  2. 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした
  3. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将 黄巾賊を撃退する太史慈
  4. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 孔明 司馬懿 名前はどこで
  5. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将
  6. そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた 近藤勇と関羽

三國志雑学

  1. 沙摩柯
  2. 周瑜と孫策
  3. 成廉、魏越、呂布
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操

おすすめ記事

劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして? 旅 バイク 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!! 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP