キングダム
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維はどうして鍾会を同志に選んだの?

鍾会を説得する姜維




蜀の姜維

 

蜀の大将軍として蜀の後期に活躍した姜維(きょうい)

蜀討伐戦の総大将として蜀軍を滅亡させた鍾会(しょうかい)

 

この二人は後に魏に対して反乱を起こしますが、

失敗に終わってしまいます。

姜維はどうして鐘会を反乱を計画する相棒として選んだのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維の北伐失敗と蜀の衰退

関連記事:姜維はなぜ魏から蜀に寝返った?

 

 

姜維が鐘会と一緒に反乱した理由とは?

鍾会を説得する姜維

 

そもそもどうして姜維は鍾会と一緒に反乱を起こしたのでしょうか。

それは姜維が鐘会と一緒に反乱を起こし、

魏から独立を果たした後、

鍾会を殺害して蜀を再興しようとする計画があったからです

 

この計画に基づいて姜維は反乱をともに行う同士として鍾会を選んだのです。

ですがどうして姜維は蜀の将軍ではなく、

鐘会を反乱を行う同士として選んだのでしょうか。

 

 

姜維が鐘会を選んだ理由その1「鐘会が優遇してくれたから」

 

姜維は蜀の皇帝・劉禅(りゅうぜん)が降伏したため、

彼も致し方なく魏へ降伏することします。

姜維は率いていた兵士達へ武器を捨ておとなしくするように命令を伝えた後、

自らの鎧を脱いで魏軍の総大将である鐘会の元へ出向いて降伏します。

 

鐘会は姜維が降伏して来ると彼を手厚く優遇

鐘会がどの程度姜維を優遇していたのかをあらわすエピソードが残っています。

 

鐘会は姜維がもっていた印璽などすべて返還し、

自分が巡回へ出かける時には姜維を自らの車に乗せて一緒に巡回していたそうです。

また鐘会は部下へ

「姜維は中原の存在している名士たちとは比較にならないくらい優秀な人物であるな」

と褒め称えていたそうです。

 

このように鐘会は姜維をかなり優遇していました。

姜維はこれほどまでに優遇してくれる鐘会を利用しやすいと考え

鐘会を魏へ反乱を起こすための相棒として選んだのかもしれません。

 

しかしそれだけで姜維は鐘会を反乱する同士として選んだわけではありません。

 

姜維が鍾会を選んだ理由その2「反乱する意図を見抜いた!!」

野望が膨らむ鍾会

 

姜維は魏へ降伏した後、

鍾会と会見する機会を得ます。

この時姜維は鐘会が必ず魏に反乱を企てることになると直感で感じます

 

そして姜維は鍾会へ

「あなたは蜀を平定し、

功績においては魏の中で最高位の功績を残しています。

また民衆は大いにあなたの功績を褒め称えているそうです。

これほどまでに功績を挙げたあなたを魏の君主が許しているでしょうか。

前漢の韓信(かんしん)は功績を挙げすぎて後に劉邦(りゅうほう)に殺害されてしまいますが、

どうして韓信が殺害されることになったのか。

それは功績を挙げすぎたにもかかわらず、

劉邦に忠誠を尽くしてきたからです。

あなたの功績はとんでもないほど大きく

このままでは平和になった時代に殺害されてしまうかもしれません。

そうなってから嘆いても誰も味方してくれません。

そこで今から官職を投げ出して引退するほうがあなたの安全のためですよ」

とアドバイスを行います。

 

鐘会は姜維のアドバイスを聞いて

「それはできない。それ以外にの方法もあるだろう」

と尋ねます。

すると姜維は

「それならばあなたの才能を持ってすれば簡単に行うことができるでしょう」

と述べます。

 

姜維はこの会見後、

鐘会が必ず反乱を企てるはずだと確信を持つことになり鐘会と仲良くなり始めるのです。

 

姜維は主にこの二つの理由から鐘会と手を組んで反乱を起こしたのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

上記の理由から姜維は鐘会を利用して蜀再興の作戦を進めていきます。

しかし結果は初めに書いたとおり、

失敗に終わってしまいます。

 

姜維が鐘会が魏へ反乱を起こす覚悟を決めた時、

蜀の将軍達や兵士達を自分の手元に集めておくようにしてれば

状況はかなり違った物になったかもしれません。

 

また反乱を起こす期日をあらかじめ蜀の将軍達へ連絡して、

兵士を集めてもらい、

反乱を起こした時にすぐさま行動を起こすようにしていれば

姜維の秘策も成功する確率が上がったかもしれません。

 

私達は史実を知っているので後から色々といえますが、

どうして姜維がこれらのことを思いつかなかったのか不思議でなりません。

 

参考文献 【正史三国志蜀書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒋琬の政策の成功は姜維がキーマンだった!!

関連記事:姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!

 

北伐の真実に迫る

北伐

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSE…
  2. 成廉、魏越、呂布 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  3. 若かりし劉備 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  4. 晋の陳寿 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  6. 晋の陳寿 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  7. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 董卓の略奪方法が意外と高効率?董卓の墓荒らしを考察
  8. 郭嘉と荀彧ってなんで袁紹に仕えていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 楊儀と魏延
  2. 司馬朗と司馬防
  3. 曹操を励ます荀彧
  4. キングダム
  5. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  6. 三国志ライター よかミカンさん
  7. 豊臣秀吉 戦国時代
  8. 織田信長
  9. 水牛を操る忙牙長(南蛮討伐)

おすすめ記事

  1. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  2. キングダム586話ネタバレ予想vol2今後覚醒しそうなキャラは? キングダム52巻
  3. 【謎の国】東丹国と悲劇の国王・耶律突欲はどんな生涯を送ったの? 耶律突欲
  4. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】
  6. 卑弥呼を苦しめた狗奴国の勢力はどのくらいだったの? 狗奴国は邪馬台国と対立

三國志雑学

  1. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  2. 呂布のラストウォー 呂布


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜と孫権
  2. 曹植
  3. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め
  4. 夏侯覇の妻は誰?
  5. 後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. キングダム52巻
  8. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権

おすすめ記事

真田丸 武田信玄 これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる! 亡くなる周瑜 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち 曹操に降伏する劉琮 劉琮とはどんな人?なぜ曹操と戦わず降伏したの? 荀彧と曹操 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの? 張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強? 玉璽 古代中国の玉器と印鑑の使用用途は?宋代にも玉璽はあった? 荀彧と曹操 曹操の負け戦である濮陽の戦いはどんな戦い? はじめての三国志 画像準備中 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP