ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

南北宋

科挙をカンニングで乗り切れ!あの手この手を紹介

幕末 魏呉蜀 書物


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

中国の科挙(かきょ)(官吏登用試験)は現在の公務員試験です。

(ずい)(581年~618年)に創設されましたが、実質的な運営をされるようになったのは北宋(960年~1127年)からです。

科挙は3年に1回の実施であり、数万人も受験しますが合格するのはわずか100~300人程度の狭き門でした。

 

しかも、王朝ごとに勉強のテキストが増えたり、変更されたりもするので、受験生にとっては大変でした。

そこは今の日本の大学入試と一緒です。

 

当然、受験生が考え出すことカンニング等の楽をして合格するテクニックです。

今回は科挙の合格テクニックをいくつか解説します。

しかし時の政権もバカではありません。

対策は打ってました。

 

関連記事:【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

 


 

科挙の合格テクニック(1) カンニング

 

これは受験生が1番最初に考えます。

自分の下着や衣服に文字を記していたり、硯にもカンニングペーパーを仕込む等のテクニックがありました。

みなさんも世界史の教科書で〝カンニング下着〟の写真を見たことがあると思います。

隋・唐時代の草創期の科挙なら、あの程度のテクニックでも合格できると思います。

 

しかし、明・清時代になると受験前に頭からケツの穴まで調べられる厳しい身体検査があります。

小手先のテクニックでは合格不可能です。

バレた時は死刑にもされたと言われています。

 


 

科挙の合格テクニック(2) 替え玉受験

 

これは受験生が2番目に考えます。

お金を払って、頭の良い人に受験をさせて合格させます。

しかし、これを見破るために皇帝が行う面接試験の〝殿試〟があったのです。

 

ペーパー試験は誤魔化せても、面接試験は絶対にその人の素が出ます。

北宋初代皇帝趙匡胤(ちょうきょういん)は、それを考えていました。

しかし、殿試は後に形骸化して受験生と皇帝の顔合わせの儀式になりました。

そこで官僚たちが受験生の身元調査・筆跡鑑定をして、替え玉受験をしていない調査していたそうです。

そのため、替え玉受験も案外通用しませんでした。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR


 

科挙の合格テクニック(3) 事前運動

 

有力な官僚と受験前から知り合いとなっておき合格を頼んでおく。

バレずに合格したら、その官僚と受験生は一生涯親分子分の関係です。

もしバレたら、両方とも厳罰に処分されます。


  

 

 

科挙の合格テクニック 番外編 コネ

孔融と曹操

 

これは唐代からあり、任子(にんし)恩蔭(おんいん)と言われていました。

祖父・親の力で合格することです。

そもそも受験すらしていません。

 

実はこういう人を宋代の独特な用語で〝武臣〟と言います。

「えっ?」と思うかもしれませんが、本当の話です。

武臣と言っても、将軍・将校などの戦場で活躍している人とは違います。

簡単に言えば科挙受験をしていない人全般を指しているのです。

これらは先ほどの恩蔭だけが当てはまるわけではありません。

 

宦官・買官もこの中に含まれています。

さて、少し話がそれたので戻します。

 

コネにより官界入りを果たした人ですけど、これについては趙匡胤が対策を打っていました。

コネで入った人は、出世をさせないことでした。

「親の力なんてもってのほか。出世したければ努力をしなさい」と言っているのです。

これがかなり効いたのか、宋代からコネで入った人は、しっかりと科挙受験をして出世していました。

中には宰相にまでなった人もいました。

 

宋代史ライター 晃の独り言

 

いかがでしたか。

科挙には様々な合格方法が存在します。

いつも思っていたのですが、受験生はカンニングペーパーを製作したり、官僚に事前運動をしている暇があるのでしたら、

勉強をしている方がよいのではと思うのですが・・・・・・

 

まあ、それを放り出したくなるほど、科挙の勉強が辛かったのでしょうね。

確かに書物の文字の暗記あんて、面倒くさいですもんね。

というよりも、役に立たないですよね。

実際に合格後に役に立ったという試しは無いみたいですから(笑)

 

関連記事:【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末

関連記事:【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ


 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった
  2. 騎射の術に長けた騎馬兵士 謎の書物『契丹古伝』とは何?騎馬民族征服王朝説を解説
  3. 寧宗 寧宗とはどんな人?南宋4代目皇帝の波乱万丈の生涯
  4. 宋銭 お金と紙幣 宋銭はどんな風に使われていたの?突入、消費経済時代へ!
  5. 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編 【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説
  6. 玉璽 古代中国の玉器と印鑑の使用用途は?宋代にも玉璽はあった?
  7. 丸木舟(弥生時代) 【渤海国の謎に迫る】なぜ渤海国は謎の王国になってしまったのか?
  8. 李元昊 李元昊とはどんな人?西夏の初代皇帝にして同王朝随一の名君を紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 近藤勇 新選組
  2. 竜を追っている石川氏
  3. 五虎大将軍の馬超
  4. 魏から蜀に下る姜維
  5. 張繍
  6. 周倉
  7. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

おすすめ記事

  1. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介! 旅馬 三国志
  2. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  3. 【曹叡の逸話】待ってくれ、父さん!曹叡の子鹿を救い皇帝となる!? 曹叡
  4. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  5. 曹家の文才「三曹七子」って何? 曹丕と曹植
  6. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、揚州(ようしゅう)編 周瑜

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 関帝廟 関羽
  3. 于禁を虐める曹丕
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操の墓
  2. 西夏の旗の兵士
  3. 曹丕に進言をする劉曄
  4. 女真族は辮髪
  5. スキッパーキ犬
  6. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
  7. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  8. 曹純

おすすめ記事

曹丕 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫 小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇? 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い 代筆屋 商売 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件 鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記(鎌倉時代)の登場人物は何を食べていた? 孔融 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達? 武田信玄 武田信玄の好物とは?戦が強かったのは好物が影響していた?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP