呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

前漢

長安ってどんなところ?劉邦が漢王朝の都に定めた長安とは?

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)




長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

中国の古代都市の中でも

長安(ちょうあん)の名を知らない人は少ないのではないでしょうか。

長安は平安京のモデルになった都市として

中学校の教科書でも紹介されていますからね。

そんな長安の歴史は

漢王朝から始まっています。

 

今回は

長安とはどのような場所なのか

どのような歴史を持つ都市なのかを

徹底解説していきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

 

 

長安は現代の西安市にあたる都市

 

現代中国地図には

長安という都市をいくら探しても

見つけ出すことはできません。

 

実は、

長安は明代に至って

西安と名を変えてしまったのです

 

西安は現在陝西省の省都であり、

大きな自主権を持つ副省級市にも指定されている

中国でも有数の重要な都市となっています。

 

 

前漢の都は長安じゃなかった可能性!?

劉邦

 

劉邦(りゅうほう)がライバル・項羽(こうう)を下し、

漢王朝を建てることになった際に

都として選ばれた長安ですが、

前漢の都が別の都市になっていた

可能性もあったようです。

 

最初に劉邦が都の候補と考えていたのは

秦の都である咸陽だったようですが、

咸陽は戦乱によって壊滅状態。

 

そこで今度は

周の都であった洛陽を都にしようと考えたようですが、

婁敬(ろうけい)張良(ちょうりょう)

咸陽近郊は天然の要害に守られている

素晴らしい場所ですぞ!

と猛プッシュしてきたために

咸陽近郊に新たな城を築き、

長安と命名して都に定めたのでした。

 

周や秦といった

歴代王朝の都を踏襲するというのが

その当時の一般的な考え方だったのでしょうね。

 

もしも咸陽が壊滅状態ではなかったら

漢の都は秦と同様

咸陽になっていたのかもしれません。

 

【THE奇人・変人三国志よりイッてる人々】
春秋左氏伝

 

漢代の長安は碁盤の目になっていなかった

 

長安といえば平安京のモデルとなった都市ですから

碁盤の目のような都市が形成されていたイメージが強いですよね。

ところが、

碁盤の目のような都市ができたのは

隋唐代以降の話

 

漢代の長安は

「都市計画?なにそれ、おいしいの?」

とでも言いたげな

滅茶苦茶な街並みが広がっていたそうです。

 

ただ、ちょっとしたこだわりはあったらしく、

長安の南は南斗六星、

北側は北斗七星の形をしていた模様。

 

漢王朝の国号である「漢」も

天の川を表す漢字ですし、

その当時は天と地は対応するものだと考えられていたために

星空を模した都市がつくられたのでしょう。

 

長安の城内には

長楽宮、未央宮、北宮、桂宮などの宮殿が建てられ、

城外に通じる十二の門が設けられていたようですが、

これらにも何かしらの星が充てられていたのかもしれませんね。

 

後漢代にもう一度長安遷都が考えられた!?

王莽

王莽

 

前漢王朝が王莽(おうもう)の簒奪によって倒された後、

王莽は新王朝を建てました。

しかし、

周王朝を理想とする王莽の姿勢に

多くの人が困惑し、

あちこちで反乱が勃発。

 

新王朝はわずか15年で幕を下ろし、

漢王朝が息を吹き返すことになりました。

後漢時代の幕開けです。

 

後漢王朝の初代皇帝である光武帝(こうぶてい)

洛陽を都に定め、

安定した政治によって

後漢王朝の礎を築きました

 

後漢代には前漢の都だった長安は西都と呼ばれ

後漢王朝の副首都的な役割を果たしていたようです。

しかしあるとき、

後漢王朝4代皇帝・和帝(わてい)

何を思ったのかもう一度長安に遷都しようかと考え始めます。

 

遷都なんてすれば

莫大なお金が飛んでいく上に

人々に大きな負担がかかってしまうということで

多くの臣下がザワつきました。

 

そんな中、

班固(はんこ)がある賦を詠い上げます。

西都・長安から訪れた客を

東都・洛陽の主人が迎え入れ、

互いにそれぞれの都の良さを語り合うという内容の賦です。

 

これは「両都賦」という

『文選』にも掲載されている賦で、

「洛陽の方が素晴らしい所だよ」

ということを暗に示すことによって

和帝に遷都を諦めさせるために

詠まれたものだったと言われています。

 

もしも

班固が「両都賦」を詠わなかったら

長安への遷都が実現されていたかもしれませんね。

 

ただ、

後漢末の動乱期には董卓(とうたく)によって

長安に遷都されてしまうという

ハプニングも起こっていますが…。

 

その後も多くの王朝の首都に

 

長安は漢王朝の後にも

多くの王朝の都となりました

 

五胡十六国時代の前趙、前秦、後秦や

南北朝時代の西魏、北周、

そして隋、唐が挙げられます。

 

おそらく多くの王朝が

漢王朝の栄光にあやかろうと考えて

長安を都に定めたのでしょうね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

長安は時代を経るごとに

どんどん姿を変えていきました。

あまりの変身ぶりに

多くの人が驚くことでしょう。

 

しかし、

よくよく考えてみれば

昔のまま変わらない都市を見つける方が

存外難しいのかもしれませんね。

 

皆さんが住んでいるところも

昔と今では随分印象が違うのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  2. 袁紹の妃 劉氏 漢民族の衣装といえばチャイナ服?いえいえ、漢服というものがあるの…
  3. 劉邦と張良と陳平 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  4. 文帝(前漢) 前漢の文帝ってどんな人?文景の治と称された皇帝の政治手腕とは?
  5. 卑弥呼 「漢委奴国王」と刻まれた金印ってどんなもの?教科書でもお馴染みの…
  6. 玄宗皇帝 宣帝とはどんな人?刑務所で育った前漢中興の祖の数奇な人生
  7. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…
  8. 司馬遷(しばせん) なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬騰
  2. 魏延からの提案を却下する孔明
  3. 狗奴国の王・卑弥弓呼
  4. 撃剣を使う曹丕
  5. 馬超の兜にフォーカス
  6. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!? 曹操と夏侯惇
  2. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 はじめての三国志 画像準備中
  3. 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長? 徐晃と許チョと曹操
  4. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!? 張遼・楽進・李典
  5. 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう! 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  6. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

三國志雑学

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 仲の悪い魏延と楊儀
  3. 献帝
  4. 孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽と関索
  2. キレる劉備になだめる黄権
  3. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  4. キングダム52巻
  5. 陸遜
  6. 司馬懿と公孫淵
  7. 司馬懿

おすすめ記事

曹操から水攻めを受ける呂布 曹操が呂布に勝てたのは荀攸のとある進言のおかげで攻略できた 曹操と機密保持 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された 藏覇(臧覇)と曹丕 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる! 始皇帝(キングダム) 中国人のオシャレアイテム冠の歴史を語ろう 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族) 蜀軍に魔法と魔獣を使って徹底抗戦した木鹿大王がおもしろい 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP