ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

華雄は呂布のせいで殺された?呂布に翻弄された猛将の真実

華雄と呂布


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

赤兎馬にまたがる呂布

 

「飛将軍」としてあだ名をつけられ、三国志世界で最強の武勇を持った呂布(りょふ)

彼は董卓(とうたく)丁原(ていげん)など多くの武将を殺害していますが、今回紹介する華雄(かゆう)も殺害している可能性があるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:華雄は関羽のかませドッグだった!?

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

 


 

孫堅迎撃のために出陣

呉の孫堅

 

董卓孫堅(そんけん)が自分を討伐するために陽人まで進出していることを知り、彼の軍勢を打ち破るため呂布を騎兵隊長に任命し、胡軫(こしん)を総大将にして出陣させます。このとき、華雄董卓の命令に従って出陣することに。華雄はこうして出陣することになりますが、呂布と胡軫に従ったせいで大きく人生が狂うことになるとは思わなかったでしょう。

 


 

呂布と胡軫のいさかい

呂布

 

胡軫は軍勢を引き連れて出陣すると「太守一人を倒せばこの戦いは収まるのだ」と全軍に大声で言い放ちます。

このとき、呂布や他の諸将は「そんな馬鹿なことあるか」と心の中で胡軫に対して反発していたそうです。

こうして胡軫と諸将の間に溝ができてしまいますが、胡軫は一切そんなことにはかまわないで軍勢を進めていくのでした。

呂布達は胡軫に直接「おかしいですよ」と言うわけにも行かず、我慢しながら軍を進めていきます。

胡軫は陽人の城から数キロのところにまで進んできます。

董卓は胡軫へ「陽人城から数キロのところで駐屯して兵を休ませてから陽人城へ攻撃を行うように」と指示を出していました。

しかし胡軫は董卓の命令を無視して、兵士を休憩させることなくそのまま陽人城へ向けて進んでいきます。

呂布や諸将は董卓の命令を無視して進んでいく胡軫に嫌気がさしていました。

このとき華雄がどのように思っていたか正史三国志には記載がありませんが、呂布達と同じ意見であったかもしれません。

呂布は董卓の命令を無視している胡軫にたいして嫌がらせをするある作戦を実行します。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽


 

偽情報を流す

 

呂布は胡軫が董卓の命令を無視して陽人城へ向かって突き進んでいることに腹を立てて「陽人城にいた敵はすべて逃げ出しているようですぞ」と情報を流します。この呂布が流した情報は偽の情報で、陽人城はしっかり守られていました。

 

胡軫は呂布からの情報を信じて陽人の城へ向かって突き進み、陽人城へ到着するとすぐに攻撃を仕掛けます。

しかし陽人の城を守っていた孫堅軍の軍勢は董卓軍の攻撃を受けてもしっかりと守ります。

 

胡軫は陽人の城が簡単に攻略することができないと陽人の城から少し離れて駐屯し、兵士達を休憩させるのでした。呂布は胡軫の作戦が失敗すると大いに気をよくしてもう一つ偽情報を流し始めます。


  

 

 

「敵軍が打って出てきたぞ」

華雄と呂布

 

呂布は休憩している兵士達へ「陽人の城から敵兵が出てきた。

すぐに逃げないと討ち取られるぞ」と言いふらします。

 

胡軫配下の兵士達はびっくりしてしまい、ばらばらになって逃亡。

胡軫軍は兵のまとまりを失ってしまい統制が取れない状況になってしまいます。

このときまで華雄は生きていたと思われますがここまでまったく登場していません。

 

孫堅軍の攻撃を受けて亡くなる

華雄(かゆう)

 

孫堅は呂布達が軍勢を率いて陽人城まで来たことを知ると急いで城から出撃。

孫堅は董卓軍を陽人の地で発見するとすぐに攻撃を行います。

 

華雄はここで始めて登場しますが、統率の取れていない董卓軍をまとめることができずに孫堅軍に討ち取られてしまうのでした。もし胡軫が董卓の命令をしっかりと守っていれば、呂布が偽情報を流すことも無く、華雄も討ち取られることが無かったでしょう。

 

また呂布が胡軫のやり肩書きに食わないからといって偽情報を流して軍を混乱させるようなやり方をとらないで、胡軫にアドバイスをしていれば、華雄が亡くなるようなことも無かったかもしれません。なんにしても華雄は呂布のせいで亡くなったと言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

華雄は呂布のせいで亡くなった可能性を紹介しました。しかし元をただせば呂布と胡軫を組み合わせた董卓の采配ミスによって華雄が死ぬことになったといえるかもしれません。

 

どちらにしてもだめな上司についてしまった華雄がかわいそうな気がするのはレンだけでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由

関連記事:呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 郭嘉 郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる
  2. はじめての三国志 画像準備中 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  3. 人望のある劉備 ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  4. はじめての三国志 画像準備中 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う…
  5. 合肥の戦いの満寵 樊城の戦いで活躍した満寵!稀代の孫呉キラーになった満寵を知ってお…
  6. 馬良と孔明 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る…
  7. 閻行 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに…
  8. 羽林騎時代の若き董卓 おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム52巻
  2. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

  1. 蜀軍に魔法と魔獣を使って徹底抗戦した木鹿大王がおもしろい 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)
  2. キングダム最新607話ネタバレ予想vol2「本能型と知略型」 キングダム54巻amazon
  3. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点
  4. 保護中: てすと環境 はじめての三国志 画像準備中
  5. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  6. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?

三國志雑学

  1. 黄巾賊を退治する曹操
  2. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 項羽と呂布
  2. 司馬炎(はじめての三国志)
  3. キングダム54巻amazon
  4. 多様化が進む蜀の国
  5. 嬴政(始皇帝)

おすすめ記事

遅れて来た孫権 英雄 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? kawauso編集長 キングダム最新610話ネタバレ予想vol2「右翼に頼っても無駄?李牧の真意」 孔明 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎 呂布のラストウォー 呂布 【はじ三お悩み相談回答編】呂布のような無双ボディになりたい 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP