三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

周倉にはモデルとなった人物がいた!?漢の高祖・劉邦に関係が?

周倉




関羽と周倉

 

周倉(しゅうそう)といえば関羽(かんう)の側近として常に付き従っていた忠義の人というイメージを思い浮かべる人が多いでしょう。彼の活躍ぶりはまさに臣下の鑑と言えます。

 

ところが、周倉は『三国志平話(さんごくしへいわ)』や『三国志演義(さんごくしえんぎ)』などの『三国志』をモデルとした作品の上でだけ登場する架空の人物。そのため、『三国志演義』を読んで周倉を知った人が正史『三国志』を読んで「周倉がいない!?」とガッカリすることも多いのではないでしょうか。

 

しかし、気を落とすのはまだ早いですよ。存在はしていなくとも周倉のモデルとなった人物はいたはずです!今回は、周倉のモデルとなった人物は誰なのか、周倉のモデルとなった人物はどのような人物であったのかについて皆さんにご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの?

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

 

 

周昌という人物が周倉のモデル?

周倉

 

周倉のモデルについては二階堂善弘「関帝信仰と周倉」(2014年4月)において『道法会元』という書物を取り上げ、漢の高祖・劉邦(りゅうほう)に仕えた周昌(しゅうしょう)という人物ではないかと言及されています。

 

この『道法会元』とは宋元代に編まれた著者不明の道教にまつわる書物で、方術・道術のテキストとして知られている書物です。

 

実は関羽は、関帝廟の存在からも推し量ることができるように道教の神様として祀られているため、この『道法会元』にも登場。『道法会元』巻259においては関羽の宝刀を持つ者として「周昌」の名が挙げられています。このことから周昌が周倉のモデルであると考えられるのではないかと二階堂先生は考えたようですが、果たしてその説は正しいのでしょうか…?

 

 

周昌と周倉の共通点はあるの?

周倉

 

先ほどご紹介した通り、周昌は前漢時代の人物ですから、周倉はもちろん『三国志』の時代とは縁遠い存在のように思われます。共通点といえば「周」という名字ですが、その当時「周」という名字の人はごまんと存在していたはず。ただ名字が同じだからといってモデルとして仕立て上げるのは無理があるでしょう。

 

普通、モデルとするならば、性格や行動が特出している人物のはずです。というわけで、周倉と周昌の美点として共通項が無いのかを洗い出していきましょう。

周昌は『史記(しき)』において司馬遷(しばせん)に木や石のように実直であると評されています。彼は直言の士として高祖・劉邦相手でも歯に衣を着せることなく諫言を言い続けました。

 

このような点から、周昌もまた忠義の臣であると言えますが、同じ忠義の臣と言っても周倉とはまた別のタイプの人物であったことが窺えます。

 

周倉にも魯粛(ろしゅく)に対して「天下の地は徳ある者のものであり、呉のものではない!」と啖呵を切ったエピソードがありますが、これは関羽と打った芝居の一部であり、また直言とは違うものです。これらのことに鑑みるに、周昌が周倉のモデルとなった人物であると考えるのは難しいことのように思われます。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

ただの写し間違えでは…?

 

『道法会元』の記述を信頼し、周倉のモデルを周昌と結論づけるのはいささか難しいように思われます。なぜなら、そもそもその『道法会元』の記述自体が誤りである可能性も否めないからです。中国の書物は宋代までは手書きで書き写されて伝えられ、それ以降も手彫りで印刷して伝えられてきました。

 

そのため、どうしても伝写の誤りが生じていたのです。この『道法会元』における「周昌」の「昌」も別の人物の名前であった可能性は大いにあります。このことについては二階堂先生自身も疑うところのようですが、その真実を明らかにするには容易ならざる道のりが待っていることでしょう。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

以上のことから周倉のモデルとなった人物を周昌とするのは少し難しいと考えるべきでしょう。周倉に関係しそうな記述から周倉のモデルを求めるという二階堂先生の手続きも必要なことではあると思いますが、モデルというからにはその人物の人となりや行動の元となったであろうエピソードを持つ人物をつぶさに当たっていく方が適切な方法なのではないかと思われます。

 

周倉のモデルについては、研究の余地が大いにあります。皆さんもぜひ周倉のモデルについて研究してみてはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

関連記事:周倉の被っているあの帽子は何て言う帽子?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. もしも、諸葛亮の後継者が魏延だったら三国志はどうなる?
  2. 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られ…
  3. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  4. 蜀の姜維 姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介
  5. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  6. 実は曹丕が友達いっぱいだったってホント!?
  7. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  8. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. ミニチュアで遊ぶ董卓
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった 太平道 黄巾賊
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第10部 袁術と郭嘉
  3. 【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?
  4. 明智光秀が比叡山焼き討ちを計画していた!織田信長が躊躇するほど徹底した光秀 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  5. 【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9
  6. 中国史における農民反乱についての考察

三國志雑学

  1. 劉邦
  2. 読書する劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備を警戒する王粲
  2. 蒼天航路
  3. 本多忠勝
  4. 新選組の土方歳三
  5. 井伊直政
  6. 曹仁

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】 坂本龍馬(幕末時代) 松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!? 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの? 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!? キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの? 費禕 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた 邪馬台国と卑弥呼軍 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP