キングダム593話ネタバレ予想「松左の死について原泰久は何を考えている?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

新米兵である干斗(かんと)達を河了貂(かりょうてん)の命令に背いてまで救い、趙兵の槍を背中に受けて信の近くで逝きたいと死亡確定な言葉を吐いた松左(しょうざ)

キングダムにおいては、実に尾到(びとう)以来となる飛信隊中堅キャラの死です。

まだ、死んだわけではないという声もありそうですが、「遺言めいた事まで告げて死にませんでした」というのは、すでにバジオウで

スレスレな事をやったので二度繰り返す事はないと思います。事実は事実として受け入れましょう。

それはさておき、実に久しぶりに起きた飛信隊中堅キャラの死、この事についての神(作者)の意図はどこにあるのでしょうか?

 

自称・皇帝
当記事は、
「松左 死」
「原泰久 意図」
「キングダム593話 ネタバレ」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】李牧の最後の死にザマは悲惨で救いがないって本当?

関連記事:キングダム592話最新ネタバレ「死に場所」レビュー

 


 

キングダム593話ネタバレ予想 キングダムは繋ぐ物語

 

kawausoは、割合キングダムの味方キャラが死ぬのは平気な方です。

思い入れがないからだろと言われれば、そうかも知れませんが、しかしよく考えてみましょう、キングダムは乱世なのです。

毎回、毎回、敵だけが倒れて味方はモブ以外誰も死にませんなんて緩い事が許されるわけはないのです。

 

今回の鄴攻略戦にしても、麻紘(まこう)、カタリ、虞寧(ぐねい)宮康(きゅうこう)などが死んでおり、ただ飛信隊で主要キャラに死者が出ていなかったに過ぎません。

大体、バジオウにしたってあんなにボロボロで死なないのは不思議です。

唐突にカタリが死んだのが解せない話なんですが、しかも、ブネンのようなろくでもないヤツに・・

 

いや、キングダムそのものが、実は死んでいった無数の人間の犠牲の上に物語が成り立っている事に気がつきます。

キングダム1巻からして、幼い頃から共に育った(ひょう)を信は失います。

一方で秦王政も、自分が趙から逃げる時に紫夏(しか)を犠牲にしてしまいます。

秦軍に加わった信は、自分が憧れた王騎(おうき)もタイプが近い麃公(ひょうこう)も、龐煖(ほうけん)の手によって失います。

 

そして信が憧れた王騎だって許嫁の(きょう)を龐煖に殺されているわけです。

羌瘣(きょうかい)にしたって、自分の姉である羌象(きょうしょう)幽連(ゆうれん)に殺されています。

こうしてみると、キングダムは縁起でもない程に多くのキャラが死んでます。

しかし、一見してマイナスな味方の死も、実は夢や志を繋ぐ物語として作用していて必要不可欠な事なのです。

 

そこに思い至れば、唐突のように思える松左の死にも、大きな意味を見出す事が出来ます。

 


 

キングダム593話ネタバレ予想 新米部隊をポンコツにした意図

 

思えば、黒羊丘(こくようきゅう)編の後に募兵された新米兵は、まれに見る程イケてない面々です。

まず、干斗(かんと)は左右刈り上げで頭頂部はボブヘアなのにちょんまげという桓騎(かんき)軍のオギコ並みのふざけた髪型をしています。

確かにキャラは立っていますが、戦力になっていないのは承知の通りです。

 

干斗の親友の平来(へいらい)は背が高いだけで、これという働きはありませんし、惇角(とんかく)惇告(とんこく)の兄弟は体がデカいだけのデブです。

唯一戦力になりそうなのは、凄腕スナイパーの蒼仁(そうじん)蒼淡(そうたん)ですが、兄である蒼仁はともかく弟の方は怖くて人が射れない状態を脱していません。

 

飛信隊は、何度かメンバーを入れているのですが、今回ほどに、パッとしないメンバーはいないでしょう。

 

松左も新米兵が戦力にならないのは承知の上だと言い切っていましたが、それにしても、これほどに頼りにならない新米兵はないでしょう。

しかし、だからこそ作者はこの出来損ないの新米兵を力強く覚醒(かくせい)させる為に敢えて、飛信隊が百人の頃から大事に育ててきた松左を殺したのです。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ


 

キングダム593話ネタバレ予想 大化けする新米兵

秦の旗を掲げる兵士

 

どうして、松左を殺したのか?それは新米兵を想像以上に大化けさせる為です。

これだけの犠牲が出たのだから、新米兵がここまで成長しても違和感がないそこまで引き上げる必要があるわけです。

 

何故、そんな事をするのか?決まっています!

来るべき飛信軍の創設において、新米兵を一気に中堅ランクにするからです。

それに伴い、今まで中堅ランクだった崇原(すうげん)去亥(きょがい)沛浪(はいろう)竜川(りゅうせん)のような面々が、一気に千人長に昇格するのでしょう。

それにより、軒並み不足する中堅クラスに新米兵がスライドしていきます。

ただ、キングダムの読者にとっては中堅クラスは長く固定されてきてお馴染みだったので、それらが消えて何の脈絡もなく新米兵がスライドすると

やはり見劣りは免れないと思います。

 

これを解消すべく新米兵が死ぬ気で頑張り、レベルアップする契機として、どうしてもお馴染みの松左を殺す必要があったのです。

ウヒョ?なんか、もっともらしくないですか?ヒューッ!


  

 

 

キングダム593話ネタバレ予想 新米兵のカッコいい化け方

 

では、新米兵はどのように化けるのでしょうか?

まず、干斗ですが、すでに朱海平原での戦いの時に急に戦場の視野が広がるという経験をしていました。

特に体も大きくなく武勇もそれなりの干斗ですが、戦局を見極めて、どこに増援を送れば戦局を維持できるかを見極める才能を持っています。

つまりこれ、現在、(えん)副長がやっている事なので干斗は死んだ松左に代わり渕副長と組んで飛信軍を支える側になるでしょう。

 

惇角と惇告は、あのガタイを活かして歩兵隊の楯として奮闘しますし、平来だって、ごめんなさい・・まだ考えていませんですし、

弓矢兄弟、蒼仁と蒼淡は、単体でスナイパーするのではなく、一軍として独立する飛信軍の中で弓部隊を率いる事になるでしょう。

これまで飛び道具が不足していた飛信隊は、これで中距離戦でも力を発揮するようになるでしょうね。

 

キングダム593話ネタバレ予想 間延びした飛信隊を狙う堯雲を新米が討つ

 

松左の犠牲により助かる形になった新米兵ですが、朱海平原の戦い終結の前にもう一手柄立てるかも知れません。

それが、渕副長が危惧している攻撃部隊が突進し過ぎてスカスカになっている飛信隊の胴体を狙い、傷を推して突出してきた堯雲(ぎょううん)の部隊を、

新米兵が力を合わせて阻止するわけです。

 

本来なら新米兵ごときに堯雲と雷雲隊が止められたらドン引きですが、堯雲は右腕が使えないので、決死の新米兵とはいい勝負になります。

そして、混戦の中でずっと敵が射れなかった蒼淡が松左の仇とばかりに堯雲に矢を放ちこれが胸に命中、これにより余計に戦闘力を低下させた堯雲は

「せめて、秦軍右翼の本陣を突き潰して死ぬ」と思い定めて守備軍を突破。

しかし、そこで待ち構えていた王賁(おうほん)によりトドメを刺されます。

 

なんだか、アレな感じですが、飛信隊新米兵と王賁で協調して挙げた堯雲の首という形で宜しいのではないでしょうか?

いくらなんでも間延びし過ぎかな・・

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

キングダムは繋ぐ物語なので、場面場面でキャラが死んでいきます。

バジオウのように、なかなか死なないキャラもいれば、カタリや麻紘のように唐突に殺されてしまうキャラ、、虞寧のように

(ああ、このオジサン半モブなんだ)と死ぬ事が運命づけられたキャラクターもいます。

ただ、いずれの理由にせよ無意味な死というのはないわけで、キングダムを楽しむ以上は、贔屓キャラの死(特にオリキャラ)は、

常に頭の片隅に入れておく必要があるでしょうね。

 

前回記事:キングダム593話ネタバレ雑学「趙峩龍の隔砂陣は本当にある?」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム李信は最後には悲惨な死を迎えるって事実?

関連記事:キングダム592話ネタバレ雑学「王翦や李牧のあの策略の元ネタ暴露」

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

 

 

関連記事

  1. キングダム52巻
  2. キングダム53巻
  3. 編集長日記03 kawausoさん、おとぼけさん

    キングダムのネタバレ考察

    キングダム「信の必勝法は攻撃しない事!」

    大人気春秋戦国時代漫画キングダム、人類…

  4. キングダム54巻amazon




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP