于禁と張遼の相性はイマイチ?2人の絶妙な関係を深堀りしてみる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

セクシーすぎる塩商人だった関羽

 

三国志(さんごくし)』といえば(しょく)が主役で、そのためか蜀の武将ばかりが取り上げられがちですよね。たしかに関羽(かんう)張飛(ちょうひ)といった猛将たちはとても華やかで、その活躍ぶりも鮮やかです。

関羽の降伏を説得しにいく張遼

 

しかし、蜀の最大のライバルである曹操(そうそう)率いる魏軍の武将たちだってその実力で言えば負けていません。呉人を子供から大人まで震え上がらせたという張遼(ちょうりょう)や魏建国までの礎作りに貢献した于禁(うきん)などをはじめ人材の数も実力も蜀をはるかに凌いでいたと言われています。

 

進撃が止まらない張遼

 

ところが、その数が多かったからか魏の武将たちの間には微妙な空気が流れることがチラホラ…。今回はその中でも特によくわからない微妙な関係にあったと言われている于禁と張遼の間柄についてご紹介したいと思います。

 

関連記事:于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

 


 

もともと敵対関係にあった于禁と張遼

于禁

 

于禁と張遼はそもそも敵対関係にありました。

 

成廉、魏越、呂布

 

というのも、于禁は曹操に仕えていて、張遼は呂布(りょふ)に仕えていたからです。曹操と呂布とは互いに覇を争う関係にあったので、于禁と張遼も自動的に敵対する関係となりました。

 

曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備

 

于禁は対呂布戦において大活躍し、呂布を生け捕りにしてその名を轟かせた武将です。一方、張遼は呂布の配下の敗残兵。呂布が処刑されるとさっさと曹操に下っています。于禁と張遼の2人はこうして同僚になったわけですが、古参の于禁と新参の張遼との間には微妙な空気が流れていたことでしょう。

 


 

楽進を含めて3人でいがみ合う…

張遼・楽進・李典

 

于禁と張遼はその功績について曹操に並び称せられることが度々ありました。しかし、長く曹操に仕えている于禁にとって新参者の張遼が同じような待遇を受けていることはあまり良い気がしなかったことでしょう。

 

敵を相手にして奮闘する張遼

 

そしてそのとき、やはり同じく于禁や張遼と共に曹操から称賛されていた楽進(がくしん)も張遼のことが気に入らなかった様子。楽進を含めて3人の間はギスギスしていたわけですが、そのことを知ってか知らずか曹操は荊州の劉表(りゅうひょう)に備えて3人を一緒に派遣してしまいます。

 

激しくなる3人のいがみ合い…。しかし、参軍となった趙儼(ちょうげん)のおかげで3人はなんとか協調することができるようになり無事任務を遂行することができたのでした。

 

北伐の真実に迫る

北伐


 

于禁、張遼に兵糧を送る!

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

趙儼のおかげで于禁と張遼の間のギスギスした雰囲気は和らいだようですが、両者の関係をますます変化させる出来事が起こります。それは陳蘭(ちんらん)梅成(ばいせい)の反乱を鎮める際の出来事です。

 

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

于禁が梅成、張遼は陳蘭を攻撃していたのですが、于禁がまず梅成を降伏させます。ところが、梅成軍の降伏は真っ赤な嘘で、ちゃっかり陳蘭軍と合流して張遼軍をたたき始めたのでした。このことによって苦戦を強いられた張遼軍は兵糧不足に苛まれることに…。しかし、そこに思わぬ助っ人が現れます。

 

戦え于禁

 

それこそが于禁です!

 

于禁は兵糧を次々に張遼の元へ届けて張遼軍が攻撃に専念できるように手助けしました。結果、張遼は陳蘭・梅成の2人の首をゲットし、曹操からその功績を称えられて領地を倍増してもらえたのでした。このことがあってからは于禁と張遼の間には何の確執も無くなったことでしょう。むしろ、曹操を天下人にするという共通の志を持つ臣下同士であるということでお互いに認め合えたのではないかと思われます。


  

 

共に曹操の功臣と称えられるも…

于禁と曹操

 

于禁と張遼の2人は曹操配下の名将として同等に称えられていましたが、2人の評価の明暗を分ける出来事が起こってしまいます。それは、樊城(はんじょう)の戦いでの于禁の大敗です。蜀の武神・関羽相手では流石の于禁も歯が立たず、于禁はやむなく降伏して捕虜になってしまいます。

 

曹操、ホウ徳、于禁

 

そのような于禁とは対照的に最後まで戦い続けて死んだという龐徳の話が曹操まで伝わった結果、于禁の30年以上にわたる忠誠心はこの程度だったのかと曹操陣営にガッカリされてしまったのでした。

 

于禁を虐める曹丕

 

このことがあってから于禁は指折りの英雄から薄情な裏切り者へと評価を大暴落させ、張遼のように建国の功臣として祀られることもなく、現代に至るまで後ろ指をさされ続けることになってしまったのです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

張遼は于禁が関羽に降伏したときに何を思っていたのでしょうか?

 

于禁との関係は陳蘭・梅成以降かなり良くなっていたはずですから、自ら于禁を罵倒するようなことはしなかったでしょう。しかし、于禁の悪口については耳に挟んでいたに違いありません。于禁の悪口を聞く張遼の表情はなんとも言えず苦々しいものだったのではないでしょうか。

 

関連記事:命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁

関連記事:曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

関連記事

  1. 賈詡(賈ク)
  2. 呉懿
  3. はじめての変

    曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

    208年の赤壁の戦いのあと、劉備と曹操は漢中(かんちゅ…

  4. 謝夫人 孫権の妻

    デザイン担当:よりぶりん

    孫権の妻たちは意外と知られてない?

    呉の女性といえば、誰もが思い浮かべるのは美人姉妹、二喬…

  5. kawauso編集長




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP