三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての魏

趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官




 

突然ですが組織において地味だけど必ず必要になる能力とは一体何だと思いますか。

レンが考えるに組織を運営する際、

地味だけど必要な能力とは各部署や他の部署に所属する人達をうまく使う

調整力だと考えます。

優秀な人材でもいがみ合う人が、

居ればなかなか思うように力を発揮することは難しいと思います。

そんな時に必要なのが調整力だと思います。

 

 

今回はこの調整力を持った魏の武将・趙儼(ちょうげん)

調整力をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




趙儼の調整力その1:于禁楽進張遼の三武将をしっかりと統率

 

趙儼は官渡の戦いに決着がつき河北統一が曹操によって完了すると、

中央で仕事を行うことになります。

当時荊州北部近辺には于禁(うきん)楽進(がくしん)張遼の三部隊が駐屯。

しかし三将軍はいがみ合って「こんな奴らと協力できるか」と各々述べていたそうです。

そこで曹操は趙儼へ

「荊州北部近辺に駐屯している于禁楽進張遼の三部隊を統率してきてくれないか。」と命令を受けます。

趙儼は曹操の命令を受けて三部隊を統率することになり、

彼らの元を行ったり来たりして協調性とはなんぞという事を叩き込んだそうです。

その結果、彼ら三部隊は協力して戦う事ができるようになったそうです。

その後曹操は大軍を率いて南下。

この際趙儼に于禁・張遼・張郃(ちょうこう)李典(りてん)朱霊(しゅれい)などの七軍の

統率者として起用されることになります。




趙儼の調整力その2:樊城の救援に逸る諸将をしっかりと掌握

 

趙儼はその後涼州(りょうしゅう)で活躍し度々功績を挙げていきます。

荊州の関羽が大軍を率いて、

曹魏の領土である荊州北部の重要拠点・樊城(はんじょう)へ攻撃を開始。

趙儼は徐晃(じょこう)と共に樊城救援に向かうことになります。

徐晃は諸将と一緒に樊城近辺に駐屯しますが、

関羽率いる大軍には自らが率いている兵力では足りないことを悟ります。

しかし諸将達は徐晃へ「このままこの地にいれば樊城が陥落してしまう。

すぐに救援に向かうべし」と関羽軍に攻撃を仕掛けるように迫ります。

すると調整役のプロ・趙儼は諸将へ「関羽軍の軍勢は多く、我が軍は少数であり、

樊城の軍勢としっかりと力を合わせて行動を起こさなければ、

関羽を撃退することは難しいであろう。

しかし樊城は完全に包囲されている状態で情報を中に伝えるのは難しいのが現状だ。

そこで現状最善の策として我が軍が取るべき行動は樊城へ情報を伝えることである。

樊城に我が軍が到来したことと殿下の軍勢がすぐ近くに迫っていることを教えてやれば、

樊城守備軍は士気を高めることになるだろう。

また殿下の軍勢は私の計算によると数十日後にはこちらに到着するはずだ。

そのことも一緒に樊城へ通達して殿下の軍勢が到着した後、

樊城と我が軍らで関羽軍を挟み撃ちにすれば、必ず関羽軍を撃退することができよう。

そのため諸将には血気に逸って敵軍へ攻撃を仕掛けるのではなく、

樊城へ情報を伝える方法を考えて欲しい」と

逸る諸将達へしっかりと説明して突出した行動をとらないように注意を促します。

この趙儼の言葉を尽くした説明を受けた諸将は大いに頷くと

樊城へ矢文を送って情報を伝え、城外の現状をしっかりと伝達。

その後曹操軍の本隊が到着すると樊城守備軍と徐晃率いる樊城救援軍が協力して、

関羽軍を撃退することに成功するのです。

 

関連記事:馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!

関連記事:もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

調整力の天才と言っても決して過言ではない趙儼をご紹介しました。

彼がいたおかげでいがみ合っていた諸将をしっかりとまとめることができ、

とてつもない力を発揮することができたのではないのでしょうか。

曹丕曹叡時代にも彼は活躍し、魏国において彼の調整力は重宝されることになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  2. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  3. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  4. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモ…
  5. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  6. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  7. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  8. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 対立する西郷隆盛と大久保利通

おすすめ記事

  1. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった
  2. 弱きを助け強きを挫く!異民族をも信服させた黄蓋の魅力とは
  3. 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者
  4. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介 三国志ライター黒田レン
  6. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿

おすすめ記事

びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ? 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します! 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11/19】

おすすめ記事

  1. 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?
  2. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  3. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  4. 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?
  5. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介
  6. 諸葛亮とイギリスの挙国一致内閣の人チャーチルとの共通点 チャーチル
  7. 大久保利通の死因は?ご遺体とお墓はどこにあるの?
  8. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い 呉の周瑜、孫策、程普

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP