【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦い?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

織田信長

織田信長

 

今回は織田信長(おだのぶなが)上杉謙信(うえすぎけんしん)の関係について注目します。

 

織田信長は連戦連勝という印象を受ける読者がいるかもしれませんが、必ずしも連戦連勝とはいえません。織田信長は越後の上杉謙信を恐れていて戦うことを避けていたといわれています。

 

この記事の前半では織田信長が上杉謙信との戦いを避けていた経緯について取り上げます。

後半では、唯一の直接対決である手取川の戦いについて取り上げます。

 

関連記事:織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

関連記事:これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!

 


 

織田信長は上杉謙信を恐れていた?

泣いている織田信長

 

織田信長は室町幕府15代将軍足利義昭(あしかがよしあき)の号令によって一向一揆・浅井朝倉(あさいあさくら)の連合軍・武田信玄(たけだしんげん)毛利輝元(もうりてるもと)らに包囲されていました。

 

上杉謙信との同盟を重視して信長を取り巻く包囲網を打開しようとしていました。

 

織田信長と徳川家康の連合軍は浅井朝倉の連合軍を姉川の戦いで破っただけでなく、武田信玄が病死したという出来事もありました。信長を取り巻く包囲網が崩れ始め、足利義昭を京から追放しました。

 

近江国の戦国大名浅井長政(あさいながまさ)と越前国の戦国大名朝倉義景(あさくらよしかげ)も滅ぼしたことによって北陸地方への進出を始めます。

 

信長は引き続き、上杉謙信を警戒していたといわれています。信長が上杉謙信に贈った洛中洛外図屏風が山形県米沢市の上杉博物館にあります。この屏風には武家行列中で輿に乗っている一人の武将がいます。

 

その武将が上杉謙信であるという説が有力となっています。

 


 

織田信長と上杉謙信との直接対決・手取川の戦いとは?

馬に乗って戦う若き織田信長

 

手取川の戦いの前年までに上杉謙信は能登国の七尾城を落とし、能登国の戦国大名畠山(はたけやま)氏を滅ぼしました。

 

畠山義隆(はたけやまよしたか)の死後、幼少の春王丸(しゅんおうまる)が継いでいましたが、春王丸は病死しました。

 

畠山家の間では家臣らの争いが絶えない状況でした。畠山の家臣だった長続連は織田信長と親交がありましたが、上杉派の家臣に殺されました。長続連の五男の長連達は手取川の戦いで前田利家(まえだとしいえ)の家臣として織田方についています。

 

1577年に手取川の戦いが加賀国で起こりました。上杉軍は約2万で、織田軍は約4万でした。

 

上杉謙信

 

数の上では織田軍が有利でしたが、雨で鉄砲が使えないという弱点をついて上杉謙信は奇襲を仕掛けました。

 

その結果、上杉軍が勝利し、織田軍は敗れました。織田軍の損害は死傷者・溺死者が多数といわれています。この戦いでは、織田軍の中で柴田勝家と豊臣秀吉(とよとみひでよし)との仲が悪く、豊臣秀吉は戦いの場から離れました。

 

結果、秀吉は謹慎処分を受け、長浜城で謹慎しました。

 

【激動の時代を駆け抜けた上杉謙信の野望と夢】
if三国志


 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は織田信長が上杉謙信を恐れていたことと唯一の直接対決である手取川の戦いについて取り上げました。

 

織田信長は上杉謙信に洛中洛外図屏風を贈ることによって直接対決を避けようとしていたことが分かりました。

 

織田信長と上杉謙信の直接対決はこの手取川の戦いだけで、以降織田と上杉の直接対決はありませんでした。この戦いの後、上杉謙信は49歳で病死しました。

 

上杉謙信の跡継ぎ争い(御館の乱)が起こり、一時上杉の勢力は衰えました。その隙をついて信長は越中と上州を攻め、信長の領土となりました。

 

織田信長は1582年に本能寺の変で自害しました。越中と上州から信長の兵が越後に向けて攻めてきましたが、織田軍の兵士は本能寺の変が起こったことを知ると兵を引き始めました。

 

本能寺の変によって上杉氏は織田に滅ぼされることなく残ることができました。上杉謙信の跡を継いだのは上杉景勝(うえすぎかげかつ)で、景勝は豊臣秀吉の家臣となり、後に越後から会津120万石の大名となりました。

 

豊臣秀吉の政権の中枢である五大老の一人にもなりましたが、関ヶ原の戦いのきっかけとなる戦争を会津で起こしたことや西軍についたことから米沢藩10万石に減らされました。

 

以降、上杉氏は米沢藩主として江戸時代まで続きました。

 

関連記事:【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?

関連記事:織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

 

 

関連記事

  1. 明智光秀(麒麟がくる)
  2. お茶を楽しむ明智光秀
  3. 麒麟がきた 特集バナーver4
  4. 金の亡者の豊臣秀吉
  5. 織田信長




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP