呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

南北宋

澶淵の盟の背景は?燕雲十六州を巡る争いの歴史について解説

「宋」の国旗をバックとした兵士




澶淵の盟 北宋と遼の盟約

 

北宋(ほくそう)(960年~1127年)の景徳元年(1004年)に、北宋第3代皇帝の真宗(しんそう)は北方の(りょう)(916年~1125年)と和議を結びました。

 

澶州(せんしゅう)(現在の河南省濮陽市)で結んだことから、この和議を「澶淵の盟(せんえんのめい)」と呼びます。

さて、この和議が結ばれるまで北宋やそれ以前の王朝が(りょう)と争った土地は、「燕雲十六州(えんうんじゅうろくしゅう)」(現在の北京から大同市付近)と言います。

 

どのような争いの歴史があったのでしょうか。

今回は澶淵の盟に至るまでの燕雲十六州を巡る争いの歴史を解説致します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宋代の文学作品『宋名臣言行録』とは?分かりやすく解説

関連記事:貨幣や紙幣は宋代に誕生したの?宋代の経済生活を分かりやすく解説

 

 

後唐の内乱

 

時は乱世の五代十国時代(907年~960年)の出来事です。後唐(923年~936年)の応順元年(934年)に、第3代皇帝の閔帝(びんてい)は義兄弟の李従珂(りじゅうか)に帝位を簒奪されました。

 

こうして李従珂が新しい皇帝になりました。

 

これが後唐最後の皇帝の末帝(まってい)です。一般には末弟で知られているので、ここでは末帝で通します。

 

ところが、この即位に納得しない人物がいました。それは後唐第2代皇帝明宗(めいそう)の娘婿の石敬唐(けきけいとう)です。

 

石敬唐は娘婿の自分こそ、帝位を継ぐにふさわしいと思っており反乱を起こすための蓄財をしていました。それに気付いた末帝は、急いで配置転換の命令をしました。命令を聞いた石敬唐は、ますます納得しません。考えた末に出した結論は、反乱を起こす事でした。

 

ところが、思った以上に兵力が集まりません。悩んだ末に石敬唐は、ある事を思いつきました。

 

 

燕雲十六州を与える

「遼」の国旗をバックとした兵士

 

当時、北方には新興勢力の契丹(後の遼)がおり、勢いが盛んでした。

 

石敬唐は彼らに助けを頼むことにしました。もちろんタダではなく、河北と山西の土地の割譲を条約を提案しました。

 

明け渡す土地は次の通りでした。カッコ内は現在の位置。

 

  • 幽州(北京)、(2)薊(けい)州(薊県)、(3)瀛(えい)州(河間県)、

(4)莫州(任邱県)、(5)涿(たく)州(涿県)、(6)檀(だん)州(密雲県)、

(7)順州(順義県)、(8)新州(涿鹿県)、(9)嬀(ぎ)州(懐来県)、

(10)儒州(延慶県)、(11)武州(宣化県)、(12)蔚(うつ)州(蔚県)、

(13)雲州(大同市)、(14)応州(応県)、(15)寰(かん)州(朔県東北)、

(16)朔州(朔県)

 

石敬唐これだけではなく、貢物の献上を毎年行うこと、さらに契丹国王は父親・自分は子供という関係も約束しました。

こんな条約はやり過ぎであると、部下は反対しました。

 

しかし、兵力が足りなかった石敬唐は強硬的に押し通しました。さて、条約を聞いた契丹は大喜びで積極的に協力してくれました。

 

後唐の清泰3年(936年)に契丹と共同戦線により石敬唐は後唐を滅ぼして、後晋(936年~946年)を建国しました。建国後に石敬唐は皇帝に即位しました。これが後晋の高祖(こうそ)です。

 

石敬唐が一般に知られているので、ここでは石敬唐で通します。石敬唐は協力してくれた契丹には約束通り、土地はしっかりと与えました。

 

【草原の王朝 契丹の魅力】
北宋・南宋

 

燕雲十六州を巡る争いの勃発

 

石敬唐は存命中は上記の約束をしっかりと守りました。

 

ところが、石敬唐の後を継いだ第2代皇帝の出帝(しゅってい)は、契丹に対して強硬的な人物でした。また、周囲の部下も石敬唐の方針には反対が多かったので、契丹に対して宣戦布告をしました。

 

激怒した契丹は後晋を攻めますが、後晋の激しい抵抗にあって2回も追い返されました。しかし開運3年(946年)に3度めの遠征で、後晋を攻め滅ぼし、出帝を本国まで拉致しました。

徽宗は北宋の第8代皇帝

 

この事件から約180年後の靖康2年(1127年)に、北宋第8代皇帝徽宗(きそう)・9代皇帝欽宗(きんそう)親子が金(1115年~1234年)の本国に拉致される「靖康の変(せいこうのへん
)
」が起きます。

 

歴史は繰り返されるのです。

 

燕雲十六州の一部奪還

 

五代十国時代も末期になり、後周(951年~960年)の時代になりました。後周の第2代皇帝の世宗(せいそう)は名君でした。

 

馬に乗って戦う若き織田信長

 

日本の織田信長(おだのぶなが)と比較される人物として有名です。

 

顕徳6年(959年)に世宗は自ら出陣して、燕雲十六州の奪還にかかりました。陸軍総大将は韓通(かんつう)、水軍総大将は趙匡胤(ちょうきょういん)でした。

 

趙匡胤は後の北宋初代皇帝太祖です。この遠征の結果、莫州・瀛州の2つの奪還に成功しました。

勢いに乗じて幽州も奪還する予定でしたが、惜しいことに世宗は病に倒れて世を去りました。

 

北宋の燕雲十六州奪還作戦と失敗、そして澶淵の盟へ

 

建隆元年(960年)に北宋は建国されますが、初代皇帝太祖の時に燕雲十六州奪還作戦は実行されませんでした。太祖は国内の政策や江南・四川の軍閥の制圧に時間をかけたので、燕雲十六州奪還に時間を割くことは出来なかったのです。

 

太宗

 

実行に移されたのは、第2代皇帝太宗(たいそう)の時代でした。太平興国4年(979年)破竹の勢いで攻めた北宋は、幽州城を包囲しました。しかし、激しい抵抗にあうだけでなく、契丹の名将の耶律休哥(やりつきゅうか)の率いる援軍の前に敗北しました。

 

この戦を「高梁河の戦い」と言います。

 

太平興国5年(980年)には耶律休哥が、北宋の要塞の瓦橋関(がきょうかん)を撃破して、かつて奪還した莫州にも侵攻したという報告が入りました。太宗は出陣しましたが、すでに逃げられたあとでした。

 

この戦を「瓦橋関の戦い」と言います。雍熙3年(986年)に、太宗は契丹征伐に出陣しました。

 

北宋は次々と勝利しました。だが、太宗はこれに嫌な感じがして、諸将にゆっくりと進むように伝えました。

 

ところが、功績を争うを諸将は、太宗の命令を無視して進撃しました。これは耶律休哥の罠でした。

 

わざと負けて相手を奥地に誘い込み、兵糧が尽きるのを待つ作戦でした。北宋は涿州西南の岐溝関(きこうかん)で兵糧が尽きて、そこを契丹に攻撃されて敗北しました。

 

この戦を「岐溝関の戦い」と言います。

 

『楊家将演義』で有名な楊業(ようぎょう)はこの時の戦で捕虜になり、絶食して命を落としました。3度の戦に敗北した北宋は和平の方向に傾斜していきます。

 

そして、景徳元年(1004年)に澶淵の盟が結ばれたのでした。

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

以上が、燕雲十六州を巡る争いの歴史の話です。

 

余談ですが、高梁河の戦いは宋側の官選史料には敗戦として記されていません。兵士が疲れたから帰還したと記されているのです。

都合が悪いから、記さなかったのです。その代わり個人執筆の随筆や、遼側の史料にはしっかり敗戦と記されています。

 

※参考文献

宋の太祖と太宗―変革期の帝王たち (1975年)

 

関連記事:【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説

関連記事:宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯

 

【滅亡から読み解く宋王朝】
北宋・南宋

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編 【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説
  2. 寇準 澶淵の盟の立役者・寇準の金遣いの荒さと生涯が異常すぎる件
  3. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約 澶淵の盟が結ばれた場所は?澶淵の盟を行った澶州は実はあの戦場だっ…
  4. 三国志のモブ 反乱 【西夏】タングート族は塩を巡って北宋と何度も戦争!青白塩問題につ…
  5. 岳飛(南宋の軍人) 宋とはどんな国?簡単にざっくりと歴史を解説するよ!
  6. 読書する劉備 華南とはどんな王朝?宋書倭国伝にも記載されている大和朝廷と繋が…
  7. 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった
  8. 水月観音像(仏像) 宋代における仏教はどうだった?北宋第6代皇帝・神宗の影響もあった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 韓非子を読む劉禅
  2. 顔良と文醜
  3. 幕末 洋式軍隊の行進
  4. 狗奴国は邪馬台国と対立
  5. 織田信長
  6. 顔良を討ち取る関羽
  7. キングダム52巻

おすすめ記事

  1. 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!? 今川義元
  2. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治 織田信長
  3. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの? 曹操のお墓(曹操高陵)
  4. 井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?
  5. 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!! おとぼけ
  6. 樊城の戦いで関羽を破った孫権、この戦いは失策だったのか? 海上での戦いの孫権

三國志雑学

  1. 現実主義曹操
  2. 関羽が好きすぎる曹操
  3. 孫権に煽られて憤死する陸遜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 苛ついている曹操
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 陸遜
  5. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  6. 弓矢を構える李広
  7. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

楚の旗と兵士 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 小松帯刀 小松帯刀、西郷どんでの役割について考えてみよう! 楊端和 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想 キングダム54巻amazon キングダム599話雑学「趙が滅んだ原因は悼襄王ではなく父の孝成王のせい?」 費禕 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進 董卓 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲 霊帝 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP