呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理由

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる




劉備の黒歴史

 

夷陵の戦い(いりょうのたたかい)と言えば蜀軍(しょくぐん)が呉軍に大敗北し、大きな損害を受けた戦いです。ではその大きな損害とは、一体どれくらいのものだったのでしょうか。

 

今回は蜀軍が受けた損害をまとめ、どれだけその損失が後々まで響くようになったかを説明したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
夷陵の戦い 損害」
夷陵の戦い 被害」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王





戦死した人たちとその損害

討ち死にする黄崇

 

夷陵の戦いで一番大きかった被害と言えば、人的被害です。7名の将軍たちが戦死しただけでなく、6名が()に降伏しています。

 

馬良って何した人だっけ

 

この6名というのは当時30代であった馬良を始め、殆どがまだまだ働き盛り、これからの蜀を率いていく存在となる人たちでした。

 

亡くなる張飛将軍

 

蜀と言えばこの時点で劉備(りゅうび)は60代、しかも夷陵の戦いまでに関羽(かんう)を始め、張飛(ちょうひ)馬超(ばちょう)黄忠(こうちゅう)と言った名のある武将たちが既に亡くなっています。そのため後任が必要だったのですが、それをここで失ってしまったのです。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

人的被害はそれだけではありません。将軍が亡くなっているということは、その部下も多くが死んでいるということ。

 

鄧禹と兵士

 

「斬首したり投降してきたりした者は数万にのぼった」「その死者は万を数えた」と明確な数は表記されてはいない者の、多くの人が亡くなっているのです。このことから、夷陵の戦いでの人的被害は凄まじいものであったと分かります。

 

 

荊州の奪還ならず

敗れる関羽雲長

 

樊城の戦い(はんじょうのたたかい)で蜀は荊州(けいしゅう)を失いました。山奥に在る蜀が中原に出陣するには、引いては天下を取るべく戦うためには荊州の奪還は最重要とも言えます。しかし実際には夷陵の戦いで大敗北し、再びの荊州の奪還は不可能となってしまいました。

 

関羽

 

これは既に蜀が天下を争うための基盤を失ってしまったとも同義。それほどまでに蜀にとって荊州は大事な土地だったのです。実際に荊州を失ったのは夷陵の戦いの前の樊城の戦いですが、再戦が不能までに落ち込んでしまった夷陵の戦いでの敗北は、荊州奪還失敗という損害にも繋がると思います。

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

夷陵の戦いは、私的に起こされた戦争だった?

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

 

夷陵の戦い(いりょうのたたかい)で敗北した劉備(りゅうび)は何とか逃げ帰りますが、蜀まで帰還した訳ではありません。

 

亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲

 

その手前にある白帝城(はくていじょう
)
に戻って、蜀まで戻ることはなくそのまま亡くなります。これに対して劉備は実は既に死んでいたけど誤魔化した、などの色々な考察がありますが、筆者としては蜀に帰って民衆や残っていた将たちに合わす顔がなかったのではないかと思います。

 

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

夷陵の戦いの前に、劉備は漢皇帝(かんこうてい)を名乗ります。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

魏皇帝の曹丕(そうひ)禅定(ぜんじょう)ではなく、献帝(けんてい)を殺害して帝位(ていい)を奪った、漢王朝復興のために曹丕と戦うという誓いを立てて皇帝となったのです。その皇帝となるまでには色々な思惑があったと思いますが、皇帝となった後でいきなり始めたのは魏との戦ではなく関羽(かんう)の敵討、これは私的な戦いと言わざるを得ません。

 

劉備

 

皇帝権限を使って無理やり起こした夷陵の戦い、そこで大敗北、人的被害は限りなく、荊州の奪還もならず…これは、かなりの民衆の信頼を失ってしまった結果となったと思われます。憶測ですが民衆の信頼を失った、少なくとも劉備はもうそう考えていたとするなら、それもまた夷陵の戦いでの損害と言えるのではないでしょうか?

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 

大きく爪痕を残した孫呉の虎たち

陸遜

 

夷陵の戦いで、()は勝ちました。この時の呉の指揮官は、陸遜(りくそん)。彼の凄さは、ここまでの多大なダメージ、大損害を蜀に与えたことにあります。

 

陸遜

 

少し考えるなら、攻めてきた蜀を追い返すだけで十分だったのです。夷陵の地を守った、それだけでも十分な功績だと思います。しかし陸遜は違いました。

 

陸遜

 

陸遜蜀をわざと呉の奥深くまで進軍させ、大博打のような奇襲から一気にその勢力を根こそぎ削ったのです。そして蜀は、呉と戦う力を失くしました。このことは後の魏と呉の戦いである、三方面作戦でも大いに効果を発揮します。

 

陸遜

 

陸遜(りくそん)がどこまでを見据えていたかは凡人である筆者に見通すことはできませんが、この戦いだけでなくその先の先まで見据えて、考えて戦ったならばやはり陸遜という武将は非凡な人物、陸遜伝が伝えられるだけの人物であると思います。

 

蜀としては皮肉なことに、夷陵の戦いで蜀の受けた損害は陸遜の非凡さもまた、後世に伝えているのです。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

夷陵の戦いでは、蜀が大敗北しました。その敗北はとてつもなく大きなもので、蜀の力を根こそぎ奪ってしまったものとも言えます。

 

陸遜

 

実際想像してみるだけでも、多大なダメージですよね。蜀の敗北の大きさを知ると共に、呉の強さを知ることのできる戦い、それが夷陵の戦いではないかと思います。

 

参考記事:https://ja.wikipedia.org/wiki/夷陵の戦い

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説

関連記事:法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦い

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 




セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 曹操様お守りします 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  2. 劉備と孫権 魏・呉・蜀で分割された荊州!最後に制圧したのはどこの国?
  3. 曹操VS孫権 R2 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  4. 魏延 魏延はどんな性格だったの?実はあの有名人のファンで純粋な漢だった…
  5. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン) 司徒とはどんな役割?具体的に何をする?チベットでは今も存在する司…
  6. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  7. 張遼・楽進・李典 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  8. 亡くなる袁紹 袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  2. 孫権に攻められ戦死する黄祖
  3. 夷陵の戦いで負ける劉備
  4. カムヤマト(日本神話)
  5. シリア 関羽
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. 陸遜
  8. 信長の野望・革新 with パワーアップキット

おすすめ記事

  1. 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【前編】 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  2. 板垣退助とはどんな人?征韓論を主張した自由民権運動家を年表で紹介 板垣退助
  3. 宰相とはどんな役職なの?古代中国から清の時代まで続いた役職・宰相 曹操丞相えらいねんで!
  4. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  5. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  6. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した? 徳川家康をボコボコにする武田信玄

三國志雑学

  1. 三国志 麻雀
  2. 蜀の皇帝に即位した劉備
  3. 殺害される姜維と鍾会
  4. 呂蒙
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 白馬寺(城)
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 城の前を掃除する孔明

おすすめ記事

三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 カール・マルクス 資本論には何が書いてあるの?【前編】 織田信長 織田信長の功績はつまるところ何なの?信長の3つの功績を紹介 龐統した勝利 89話:龐統、涪水関を計略で落とす 三国時代の船 楼船 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP