キングダム
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介

城の前を掃除する孔明




挑発する諸葛亮孔明

 

三国志(さんごくし)軍師の代名詞となった諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

 

孔明 vs 司馬懿

 

()軍師司馬懿(しばい)と彼の対決も見ものです。

 

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

(しょく)劉備(りゅうび)は、どのようにして軍師諸葛亮(しょかつりょう)を仲間に引き入れたのでしょうか。

驚きの知略とともにお伝えしていきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
諸葛亮 逸話」
孔明 逸話」
孔明 伝説」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの?

関連記事:【将苑】諸葛孔明の人物鑑定7つの方法

 

 

劉備が来ても会わなかった!?

天下三分の計

 

劉備(りゅうび)に天下を取らせようと語った「天下三分の計(てんかさんぶんのけい)」。耳にしたことのある読者もいるでしょう。

しかし、諸葛亮(しょかつりょう)の賭けは劉備と会う前から始まっていたのです。

 

卑弥呼 HMK48

 

仮にあなたが限定販売されている人気アーティストのグッズが欲しかったとします。限定なのでインターネットで抽選となりました。

残念ながら落選してしまいました。

 

おとぼけ

 

すると、オークションサイトでグッズが出品されていないか探し回るでしょう。

 

おとぼけ

 

この時点で、あなたの商品に対する期待感やリッチ度が高まっているのです。これと同じ状況を諸葛亮は1800年近く前に行っています。

 

3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

 

それが「三顧の礼(さんこのれい)」です。手始めに諸葛亮は部下を劉備へ派遣します。

部下は諸葛亮の名前を巧みに出し、偉大な計略をもっているとほのめかします。当時、人材不足に陥っていた劉備は喉から手が出るほど軍師を欲しがりました。

 

悪い顔をしている諸葛亮孔明

 

しかし、部下はこう回答します。

「雲の上の人物だから、私が間に入っても応じてくれませんよ」

ここで劉備の中で諸葛亮のレア度がいっきに高まります。つまり「もし、来れるなら配下に加えよう」という軽い状態から「そんなにすごい人なのか」という印象に変化します。

 

孔明

 

本当に粗末な家に住んでいた諸葛亮ですが、一回目で安々と会うようでは価値が下がるとして劉備に顔すら見せません。足しげく通う劉備ですが、二回目も諸葛亮には会えません。

 

いよいよ劉備は何としても諸葛亮に会いたくなりました。ついに諸葛亮は三回目で劉備に対面するのです。

この時の劉備の心境は宝くじに当たったような状態です。

 

孔明インタビュー

 

さらに天下三分の計を披露し、劉備を権力者にしようと誘います。単に呉や魏が邪魔だなと感じていた程度の劉備は途端に目が覚めます。

敵と対峙する前にしっかりと地盤を固めるように勧められたからです。

 

孔明VS曹操

 

そのうえで()と組み、()曹操(そうそう)を倒す。こうして天下を三つに分ければ、戦乱も落ち着くと諭すのです。

すでに劉備の心は諸葛亮に操られていました。

 

 

琴の弦で攻撃した!?

北伐する孔明

 

第一次北伐。すでに劉備は蜀の地を得ていました。この頃になると諸葛亮も戦地へ赴くようになります。

そこで出迎えたのが魏の司馬懿(しばい)、15万の大軍です。一方で城に残っていた諸葛亮軍は、たったの2千。

 

城の前を掃除する孔明

 

大軍でもって少数を攻撃するのが当時の兵法でしたから、このままでは負けは確実です。そこで諸葛亮がとった行動が城門を開け、周りをきれいに掃除しておくことでした。さらに敵が来ても物音を立てないよう2千の兵のすべてに伝令します。

 

城の前を掃除する孔明

 

自信満々でやって来た司馬懿。敵のいる城のメインゲートは開かれ、物音一つしない状況に不気味さを感じます。

 

司馬懿

 

さらに諸葛亮は城門の上で優雅に(きん)を奏でる始末。普通の人なら何から企んでいると考えるでしょう。聡明(そうめい)な司馬懿であれば、なお気味悪がったはずです。

 

チビってしまう司馬懿と孔明

 

さらに琴を弾きながら、弦を切った諸葛亮。ただの緊張からの失態だったのですが、司馬懿は攻撃の合図と勘違いし全軍に撤退を命じます。

あとで空城の計と知った司馬懿は心底悔しがったとのことです。

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

自らの死も戦略だった!?

司馬懿対孔明

 

五丈原の戦い(ごじょうげんのたたかい)で再び相まみえた司馬懿と諸葛亮。孫権(そんけん)の援軍も空しく、諸葛亮軍は五丈原から撤退を開始します。

 

過労死する諸葛孔明

 

実はこの時、諸葛亮はすでに亡くなっていました。戦では大将の死を隠す傾向がありますが、司馬懿は確証を得られませんでした。

 

孔明と司馬懿

 

司馬懿は撤退する諸葛亮の軍を追いかけるものの、劣勢と思っていた諸葛亮軍は急に反撃の姿勢を見せます。

”もしかして諸葛亮の死は罠ではないか”と疑った司馬懿は追撃の手を止めます。

 

孔明

 

世にいわれる「死せる孔明生ける仲達を走らす」です。仲達(ちゅうたつ)とは司馬懿の別名、孔明(こうめい)は諸葛亮を指します。

 

孔明と司馬懿

 

偉大な人物は死してもなお、その影響力を及ぼすという意味で現代でも使われています。そして、司馬懿は諸葛亮を「天下の奇才」と称えたのでした。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

諸葛亮にまつわる逸話を3つほど紹介しました。

他にも祈祷によって風向きを変えたとか、考えられないようなエピソードもあります。

 

孔明 東南の風

 

おそらく天文学の知識を持っていたことから発展した逸話でしょう。

世界広しといえども諸葛亮ほど多くの名言を残した人物は他にいないかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!?

関連記事:諸葛孔明が10万本の矢を調達・生産したことに魯粛は驚いたのか?

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

【動画】諸葛一族が蜀と呉で暗躍できた理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 関羽が現在に転生したら適職は何になる?
  2. 曹操を励ます荀彧 荀彧の手紙が官渡の戦いの勝利の決め手だった!?
  3. 袁術と周瑜と孫策 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  4. 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ!
  5. 公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?
  6. 過労死する諸葛孔明 お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術
  7. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハ…
  8. 袁術と呂布 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 賈詡
  2. 周泰(しゅうたい)
  3. 「宋」の国旗をバックとした兵士
  4. 三国志の地図(州)
  5. 郭嘉が亡くなり悲しむ曹操
  6. 曹沖
  7. 坂本龍馬の臨終(暗殺)

おすすめ記事

  1. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 陸遜
  2. え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?
  3. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 于禁と兵士
  4. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった 桃園3兄弟
  5. キングダム最新596話ネタバレ予想「朱海平原の戦い収集つくの?」 キングダム53巻
  6. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!? 孔明

三國志雑学

  1. 漢の顔良(がんりょう)
  2. 周瑜 美男子
  3. 城の前を掃除する孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳宮
  2. 燃える本能寺
  3. 曹洪と曹操
  4. 袁紹と曹操
  5. 雨の中進軍する曹真
  6. 周瑜に憧れる袁術

おすすめ記事

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの? 過労死する諸葛孔明 お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術 燕青(水滸伝) 燕青ってどんな人?徽宗がモチーフとなった水滸伝の豪傑!? 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河 kawausoとおとぼけ kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 蒋琬の政策の成功は姜維がキーマンだった!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP