呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介

魏から蜀に下る姜維




魏から蜀に下る姜維

 

夏侯覇(かこうは)姜維(きょうい)は共に強国・()に籍を置いていながら、弱小化まっしぐらだった(しょく)へ鞍替え・活躍した将軍(しょうぐん)です。

 

夏侯覇

 

しかし、演義(えんぎ)におけるラストヒーローとして華やかに描かれる姜維と異なり、夏侯覇(かこうは)は「夏侯淵(かこうえん)の息子」程度の扱いにとどまっていますが、これには両者の間にある、いくつかの相違点が影響しているのです。

 

自称・皇帝
当記事は、
夏侯覇 姜維
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

関連記事:夏侯淵・夏侯惇・夏侯覇の夏侯トリオの活躍がマジやべぇ!!

 

 

夏侯覇と姜維の共通点1 身の危険からの緊急避難的亡命

逃げる夏侯覇

 

夏侯覇(かこうは)()を見限った理由は司馬一族(しばいちぞく)による、曹・夏侯両家への粛清(しゅくせい
)
から我が身を守るため。

 

姜維怨嗟の声

 

姜維にしても諸葛亮(しょかつりょう)北伐(ほくばつ)にビビった上官から内通(ないつう)を疑われ、城から締め出しを食らったため、やむなく降伏したにすぎません。

 

司馬懿、司馬師、司馬昭

 

結局魏は司馬氏に乗っ取られることになりますし、帰る城が無い状態で諸葛亮を相手にしても死あるのみですから、両者が命を守るべく下した判断は正しかったと言えます。

 

 

夏侯覇と姜維の共通点2 蜀への鞍替え後の重用

夏侯覇の妻は誰?

 

劉禅(りゅうぜん)()が親戚という強いコネを持っていた夏侯覇は、たちまち重用され車騎将軍(しゃきしょうぐん)の地位まで上り詰めます。

 

蜀の姜維

 

一方、投降した諸葛亮(しょかつりょう)に才を認められた姜維は麾下(きか)に侍り軍功を積み上げ、最終的には夏侯覇をしのぐ大将軍の地位に。

 

孔明と姜維

 

コネと実力という方法の違いこそあれ、両者は揃って蜀の重臣として、侵略してくる魏の大きな障壁となるのです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

夏侯覇と姜維の違うところ1 魏国内での立場と将来性

自信のある夏侯覇

 

夏侯覇(かこうは)の出自は魏国きっての名門である夏侯一族、文武両道(ぶんぶりょうどう
)
の秀才として将来を期待されていた貴公子であり、亡命時には右将軍を経て、蜀に対峙する総司令官の地位に就いてました。

 

はじめてのプロ野球

 

夏侯覇の鞍替えは、プロ野球に例えるならFA権の行使によるトレードのようなもの、ある程度の地位が用意されることは既成事実だったとすらと言えます。

 

姜維の心中

 

一方の姜維は、「天水の四姓」と称される地元で幅を利かせていた豪族出身ですが、人材豊富な魏にあってはしょせん地方官吏どまりの家柄、弱小国である蜀に移籍しても出世できるとは限らない状況でした。実力で這い上がるしかない状況だった中、

 

姜維と孔明

 

諸葛亮を師と仰ぎメキメキ頭角を現していく姜維の姿が、家柄の良さとコネでのし上がったように映る夏侯覇より、小説・演義で派手に描かれるのは致し方ないことかも知れません。

 

夏侯覇と姜維の違うところ2 最後のドラマティック性

降参する姜維

 

三国屈指の名家の出である夏侯覇と地方豪族の息子に過ぎない姜維との、決定的な違いはそれぞれの最後、つまり「死に様」の差でしょう。

亡命後ほどなく蜀の重臣になり、255年には軍の中枢にいた姜維に従い、魏の王経(おうけい)を散々に打ち負かしたとされる夏侯覇(かこうは)ですが、派手に描かれているのはここまで。

 

幕末 魏呉蜀 書物

 

その後は演義でも正史でもほとんど登場する機会がなく、蜀漢(しょくかん)劉禅(りゅうぜん)の降伏で滅亡する前の時点で既にこの世を去っており、いつどのような最期を遂げたのかすらわかりません。

 

鍾会を説得する姜維

 

一方の姜維はと言えば、劉禅降伏の方を聞き一旦剣を収めるものの諦めきれず、魏へ叛意(はんい)を抱いていた鍾会(しょうかい)をそそのかし独立(どくりつ)させ、その後彼を殺害し蜀を再興(さいこう)させるという、とんでもない計画を実行することになります。

 

殺害される姜維と鍾会

 

結局、計画は失敗に終わり姜維と鍾会は妻子とともに処刑されましたが、蜀への忠心を最後まで貫き華々しく散った彼の「死に様」は、地味な夏侯覇のフェードアウトと違いスターぞろいの三国志の中でも、ひときわ派手に描写されることになったのです。

 

ボコボコにされる姜維

 

夏侯覇・生没年不詳、姜維・享年63。

 

三国志ライター酒仙タヌキの独り言

酒仙タヌキ 三国志ライター free

 

同じ魏から鞍替え組でありながら主役級の活躍を見せる姜維と違い、全くもって目立たない存在でしかなかった夏侯覇。

 

最弱武将と対峙する張飛

 

演義では長坂の戦い(ちょうはんのたたかい
)
張飛(ちょうひ)に一喝されビビり、失神して落馬・河へ転落するという情けない姿で登場したり、版本によっては「夏侯傑(かこうけつ)」という架空武将に差し替えられていることまであります。

 

夏侯覇

 

しかし、文武に優れた才を持っていたとされる夏侯覇が、もっと長く生き姜維の蜀再興計画に参加することができたなら、もしかしたら計画の趨勢は変わっていたかも知れない…、そう思うのは私だけでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

【動画】姜維の死後 妻と子供はどうなった?

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




酒仙タヌキ

酒仙タヌキ

投稿者の記事一覧

小学生のころから司馬遼太郎を読み漁ってきた筋金入り、高校在学中に中国にホームステイしたころから雄大なその魅力に憑りつかれ、いまや晩酌と歴史をこよなく愛する立派な「中年歴男」に。
戦国・幕末はじめ三国志はもちろん、最近では韓流歴史ドラマにドはまり中、朝鮮王朝ロマンに浸りながら嫁タヌキの作るおつまみをつまむのが人生最高の喜び。

好きな歴史人物:

徳川慶喜、上杉鷹山、程昱、荀攸など、どっちかと言うと脇役好き。

何か一言:

歴史はそのまま政治・経済学であり、そして何より人生を豊かにしてくれる「哲学」と考えています。

関連記事

  1. 釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術
  2. 夏侯淵 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  3. 甘露寺 十字紋石 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  4. 曹操と劉備 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  5. 疫病が流行った村 赤壁の戦いの時の風土病は乱世では当たり前だった?
  6. 関羽の救援要請をシカトする劉封 痛恨の裏切り!樊城の戦いで関羽を裏切った糜芳と傅士仁に迫る!
  7. 魏延 周泰と魏延ってどっちが強いの!?呉と蜀の英雄を比較してみた
  8. 荀攸 荀攸の逸話がとってもすごい件

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 三国志 ゆるキャラ1
  2. 鎌倉時代 服装 男女
  3. 魏の曹操孟徳
  4. 玉璽に興奮する袁術
  5. 本当は蜀と同名を結びたい孫権
  6. 史進(水滸伝)
  7. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」
  2. 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5 陳蘭
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介 おんな城主 直虎
  5. 西郷どんキャスト表「島津斉彬」「坂本龍馬」の配役は誰?
  6. 王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物

三國志雑学

  1. 宦官の趙高(キングダム)
  2. 華陀と麻沸散
  3. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 段ワイ、献帝
  2. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  3. 玉璽
  4. 茶を飲む張角(太平道)
  5. 貂蝉を奪い合う董卓と呂布
  6. 藺相如(りんしょうじょ)
  7. キングダム53巻

おすすめ記事

黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の息子と蜀の名宰相・蒋琬の息子 孫権に攻められ戦死する黄祖 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!? 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介 董卓 城とは違う?勝敗を左右した塢(う)とはどんな砦なのか? 始皇帝 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人 キングダム 【キングダム540話】休載祭りリターン!今度は壁が大活躍? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP