キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダム54巻amazon

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、前回598話では信の矛がようやく趙峩龍(ちょうがりゅう)を貫き長すぎた戦いに決着をつけます。

それから、2週間Gw(ゴールデンウィーク)で待たされ続けたキングダム599話がいよいよ発売されました。

今回は、2週間ぶりの再開だけあって衝撃の展開が秦軍を襲います、なんとあの武神が今頃・・・では早速、599話を見てみましょう。

 

※この記事はキングダム599話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

自称・皇帝
当記事は、
「キングダム 599話」
「キングダム 右翼の風向き!」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム599話雑学「趙が滅んだ原因は悼襄王ではなく父の孝成王のせい?」

関連記事:キングダム599話ネタバレ予想「堯雲は戦う?戦わない?徹底予想」

 


 

キングダム599話最新ネタバレ 趙峩龍討たれる!

矛を持った信

 

王騎(おうき)が乗り移ったような一撃で趙峩龍の胴を貫いた信の一撃、これで全てが終わりかと思いきや趙峩龍軍は逆に奮起(ふんき)します。

「よくも峩龍様を討ったなぁ、倍返しだァァ!!」

 

ヤブヘビになった飛信隊ですが、疲れ果てた信や羌瘣にこれを迎撃する力はありません。

大ピンチの飛信隊ですが、ここで出現したのが那貴(なき)一家、趙峩龍軍を蹴散らして信と羌瘣(きょうかい)を救い出します。

最近はやたらカッコイイ役が多い那貴、おそらく論功行賞では飛信軍の副将クラスに昇進でしょうね。

 


 

キングダム599話最新ネタバレ 趙軍左翼壊滅?

三国志のモブ 反乱

 

ここで、ようやく伝令から本陣の河了貂(かりょうてん)に信が趙峩龍を討ち取ったという連絡が入ります。

「よし!これはチャンス、この話を馬南慈(ばなんじ)軍や亜光(あこう)軍の兵士にも触れ回って!」

河了貂得意の流言により、趙軍左翼の総大将、趙峩龍が討たれた大ニュースは朱海平原全体に拡大していきます。

これにより、趙峩龍軍も意気消沈(いきしょうちん)、飛信隊を分断していた包囲も完全に解かれてしまいました。

 

堯雲軍、馬南慈軍にも動揺が走り動きが鈍くなります。

河了貂は大活躍、すぐに本陣から飛び出して(えん)副長と合流し崩壊寸前の玉鳳隊の援護に回ります。

さらに、信と楚水(そすい)にも退却していく馬南慈軍を追撃させました。

 

亜花錦(あかきん)も、ギャギャギャとばかりに、戦況の変化をつかみ取り亜光軍を攻勢に転じさせて亜光軍を前進させます。

意外にも段茶(だんさ)将軍も見事な武勇を見せ馬南慈軍の兵を葬り去っていきました。

結果、飛信隊は十四日目の日没までに趙峩龍の首と馬南慈軍を半壊させ大金星を挙げたのです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム599話最新ネタバレ 龐煖出現

ホウ煖(龐煖)

 

十四日目の戦闘が終了し、飛信隊の面々は泥のように疲れて眠っています。

しかし、限界を超える戦いをしながら食べるものは相変わらず何もないので回復はほとんど出来ないでしょう。

 

李牧にも王翦にも秦軍右翼の勝利は伝えられますが表面的には何の動きもありません。

しかし、何日間も将兵を飢えさせておいて、ひたすら本陣にいるだけの王翦(おうせん)ってつくづくポンコツ将軍だよなと思います。

 

そもそも本陣だって余計に食糧があるわけではない(はず)なので、王翦のような上級将校だって数日は空腹に耐えていると思います。

内心(腹減った・・)と思いながら王翦がクールな物言いをしているとするとかなり笑える話ではありますけどね。

 

さて、何事もなく十五日目の朝が来ると誰もが思った時、羌瘣(きょうかい)は突然、何かに気づいて暗闇で目を醒ましました。

もしや、色々あってムラムラ来た信の夜這(よば)いに気がついたのかと思いきや全然違いました。

 

すでに漫画キングダムでは忘れさられた秦の左翼の戦場、蒙恬のジィ(胡漸(こぜん))が談笑している場所に突如龐煖が出現したのです。

「我、武神龐煖也」

いつものように夜中に出現する卑怯な奇襲で、草を引きちぎるように楽華隊の将兵を切り刻む龐煖。

まさか、このままジイも蒙恬(もうてん)も龐煖の手で斬られてしまうのか!

 

煽り:やっと出てきたと思えば、秦左翼の戦場に夜襲を掛けるというおとぼけ龐煖。

しばらくのブランクで頭脳がポンコツ化したのか、或いは、ここに信がいない事は承知で奇襲を掛けたのか?

だとすれば、決して豪傑と言える程の腕前ではない蒙恬に一体何の用があるのか?

それとも、それもこれも含めて、全ては李牧の入れ知恵なのか?全ての謎は記念すべきキングダム最新600号で明らかに?


  

 

 

キングダム600話予想

 

趙峩龍が死んだ時点で十四日目が終了し、思った通り、要の趙峩龍を失った趙軍左翼は一気に失速しました。

これにより、堯雲と信との闘いは十五日目に持ち越される形になります。

kawausoは、堯雲は信に討たれると予想しましたが、十五日目には回復した王賁の戦線復帰も考えられます。

それだとやはり堯雲討ちは王賁が行う可能性も浮上してきました。

 

それはそうと、飛信隊は無警戒に寝ていていいのでしょうか?

確か趙峩龍が放った小隊が河了貂の本陣を狙っているとかいないとか少々強引な解釈をすると、趙峩龍の死という情報を受けて

途中で引き返してしまったのでしょうか?

 

少し前に前振りで登場した龐煖がようやく漫画に絡んできました、それも信がいる右翼ではなく左翼の蒙恬の戦場にです。

強者にのみ反応する龐煖センサーは、一体何に反応して左翼の戦場に出現したでしょうか?

もしや、龐煖のセンサーにはイケメン探知機も含まれていたりしてね。

 

しかし、龐煖が今から左翼で暴れても、秦軍にはこれという影響はありません。

趙軍の左翼が粉砕された事で、王翦は多分、李牧の本陣に前進していく事でしょうし、それに合わせて飛信隊も左から李牧本陣を挟撃するでしょう。

 

もっとも、十五日は壊滅に近い被害を受けた馬南慈軍と堯雲軍が合流し飛信隊の進軍を阻止する可能性があるので、結局挟撃は出来ず、

左翼では龐煖が暴れてフリーになった離眼衆(りがんしゅう)が秦軍左翼を直撃して粉砕する展開になるかも知れません。

あるいは、龐煖は本当に李牧とは関係なく、気まぐれに左翼に出現して適当な殺戮を為した上で馬を奪って飛信隊に向かっていくだけかも知れません。

 

追記:5月16日、キングダム600話が発売されました。

やはり予想通り、龐煖の本当の狙いは信のようですが、当たるを幸いに楽華隊を切り倒す龐煖にジィこと胡漸が立ち向かいます。

そして、松左の死の哀しみも冷めやらぬ間に蒙恬のジイも、、さらに、ずーっと寝ていたあの男が復活します。

キングダム最新話は↓ココから読めます。

キングダム最新600話ネタバレ「十四日目の夜」レビュー

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

ようやく鄴攻略戦が終るかと思いきや、ここで龐煖をぶつけてくるという原泰久(はらやすひさ)の鬼展開が発動しました。

 

「んーまぁどうでしょう、いわゆるひとつのハラハラし通しという事でしょうか?」by長島茂雄

 

しかし、何も食わない状態で3日間とか戦わせて、しかもその後に登場した龐煖とも互角に戦えますとなるといくら漫画でもリアリティが・・

もしこれで龐煖に勝ってしまうようなら、腹いっぱいになった信は「もう中華最強でいいんじゃネ?」という気分になるんですけどね。

 

前回ネタバレ記事:キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:キングダム最新599話合併号スペシャル「信の独り勝ちはヤバくない?」

前回記事:キングダム599話ネタバレ予想vol2「藺相如の中華統一発言はどこが凄いの?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. キングダム52巻
  2. 羌瘣
  3. 炎上する城b(モブ)
  4. kawausoさんのキングダムがキター!
  5. 桓騎(キングダム風)
  6. 強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP