法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

若い頃の織田信長はどんな人物だったの?うつけ者が時代を駆け抜ける!

鼻をほじりながら無関心な織田信長




織田信長

 

今回は若い頃の織田信長(おだのぶなが)について取り上げます。

具体的には生まれてから桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい
)
今川義元(いまがわよしもと
)
を破るまでの間を中心に紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「織田信長 若い頃」
「織田信長 うつけ者」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:織田信長はなぜ尊敬されるのか?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

 

初陣の織田信長

織田信秀(おだのぶひで)は信長のお父さん

 

織田信長(おだのぶなが)は1534年に父・織田信秀(おだのぶひで
)
嫡男(ちゃくなん
)
として生まれます。彼の初陣(ういじん)は14歳の頃でした。

 

今川義元

 

今川義元(いまがわよしもと
)
の軍が三河国(みかわのくに
)
の吉良大浜に入っていました。初陣の信長は兵800を率いて、今川軍が占領していた大浜を攻めました。信長が火を放ち、夜通し攻撃を続けたことで今川軍が撤退。今川義元(いまがわよしもと)はこの敗北が頭から離れず、初陣の織田信長を警戒するようになります。

 

 

家督相続後の反信長勢力一掃

 

織田信秀(おだのぶひで)が1552年に亡くなると、織田信長は嫡男として家督を継ぎます。

 

鼻をほじりながら無関心な織田信長

 

当時、信長は異様な風体と粗暴な振る舞いをすることが多かったことから「大うつけ者」と呼ばれていました。信長には弟・織田信勝(おだ のぶかつ)(信行)がいました。当時、信長が大うつけ者であることから尾張(おわり)国内で弟の信勝を推す動きもありました。

 

織田信長は父・信秀が病死すると、反信長勢力を滅ぼします。1555年には清洲城主(きよすじょうぬし
)
だった織田信友(おだのぶとも
)
を滅ぼしました。

その2年後に弟の織田信勝(おだ のぶかつ)が兄信長に対して謀反を起こします。

 

信長は弟信勝を殺し、1558年には信勝に加担した岩倉城主の織田信安(おだのぶやす
)
を降伏させました。

これをもって遂に織田信長は内紛が続いていた尾張国の統一を達成することになります。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

今川義元を手本にした織田信長

泣いている織田信長

 

織田信秀は小豆坂の戦い(あずきざかのたたかい
)
で敗れました。その後、安祥城(あんじょうじょう
)
が落とされ、織田家が持っていた三河国(みかわのくに
)
を失いました。当時、織田信秀の人質だった松平元康(まつだいらもとやす)(後の徳川家康(とくがわいえやす))は今川義元の人質になります。

 

織田信秀は今川義元の鉄砲による集団戦法によって負けました。信秀から家督を継いだ織田信長は今川義元との戦いに備えて、今川義元の軍の組織力に注目しました。しかし、今川義元の領国と比べると尾張一国は小さいことや重臣が信長に対して心から従っているとはいえないことから、今川義元の寄親・寄子制をそのまま当てはめることができませんでした。

 

そこで、信長は身分の低い若者や二男・三男以下のニートに近い若者と交流するようになります。若者との交流を通して、若者の才能を引き出しました。この若者を積極的に戦う集団として参加させました。この集団の中から滝川一益や前田利家らが誕生します。

 

桶狭間の戦いとは?

馬に乗って戦う若き織田信長

 

1560年に桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい
)
がありました。桶狭間の戦いは駿河国の大名今川義元が2万5千の大軍を率いて尾張国を攻めました。一方で、織田信長には数千の兵しかありませんでした。

 

今川義元は尾張国の南半分の城主を織田方から今川方に寝返らせます。今川義元は兵を分けて織田信長軍の砦と城を落とす戦略をとりました。今川義元は織田信長の砦を順調に落としますが、順調に戦を進めたことで油断が生じ、今川軍の組織が乱されていました。

 

今川義元の軍は気が抜けていると予測して、織田信長は今川義元の本陣の桶狭間に向けて突進します。このとき、今川義元の本陣に入っても兵は抵抗することなく、今川義元の首を討ち取ることができました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は若い頃の織田信長について取り上げました。初陣から桶狭間の戦いまでの織田信長について紹介しました。

 

最初に今川義元が織田信長を警戒するきっかけになった出来事について取り上げました。初陣の後、織田信長が組織した若者による少数精鋭部隊が尾張国の今川義元の城を落とします。この若い頃の織田信長の戦い方を見て、今川義元は信長を警戒するようになったと考えられます。

 

今川義元は2万5千の兵を率いて尾張国を攻めます。今川義元にとって大量の兵を率いたことでかえって人身の油断につながったことが誤算だったのかもしれません。一方で、織田信長は桶狭間の戦いを天下統一の足がかりとして全国平定に向けて動きます。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

【動画】織田信長が比叡山を焼いた理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 後北条氏滅亡は氏政の判断ミスだった?
  2. 武田騎馬軍団 馬場信春 武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証
  3. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  4. 真田丸 武田信玄 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信…
  5. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの?
  6. 燃える本能寺 明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった?
  7. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  8. 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 榎本武揚
  5. 酔いつぶれる劉備玄徳
  6. 呉の周瑜、孫策、程普

おすすめ記事

  1. 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの? 周瑜と孫策
  2. 諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  3. 「漢委奴国王」と刻まれた金印ってどんなもの?教科書でもお馴染みの金印 卑弥呼
  4. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!
  5. キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは? キングダム
  6. 大久保利通の死因は?ご遺体とお墓はどこにあるの?

三國志雑学

  1. 三国志大学で勉強する劉備
  2. 五斗米道(はじめての三国志)
  3. 歳をとっても元気な孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2
  2. 鎌倉時代 服装 男女
  3. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  4. 曹丕
  5. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕

おすすめ記事

おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介 酒を飲む曹操、劉備、孫権 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~ 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 張松 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!? 井伊直弼と直虎の関係性は?直虎は先祖なの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP