ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは?

劉虞


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

公孫サン(公孫瓚)

 

白馬義従(はくばぎじゅう)という配下を率いて戦った猛将公孫サン。しかしその自慢の騎兵も界橋の戦い(かいきょうのたたかい)では袁紹(えんしょう)に大敗してしまいます。

 

諦める公孫サン(公孫瓚)

 

この敗北が大きなダメージとなって公孫サンは滅びていった…と、思われていますが、公孫サンの滅びの一因として大きな存在は袁紹以外にもいるのです。

今回はそんな人知れず公孫瓚こうそんさん)に大きな打撃を与えたある人物を紹介していきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「界橋の戦い 真相」
劉虞 袁紹
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった

関連記事:みじめな最期を遂げた公孫瓚が袁紹に勝利するためのシナリオとは?

 


 

界橋の戦いで敗北した公孫サン

袁紹

 

まずは少し界橋の戦いでの公孫サンと袁紹について触れておきましょう。

 

後継者を決めずにダラダラする袁紹

 

袁紹は袁術(えんじゅつ)のように皇帝を自称したりせず、また後の曹操(そうそう)のように献帝(けんてい)を保護したりもしませんでした。袁紹が考えたのは献帝とは別の皇帝を擁立することです。

 

劉虞

 

そこで目を付けたのが劉虞(りゅうぐ
)

 

光武帝(劉秀)陰麗華

 

劉虞光武帝(こうぶてい)の長男の末裔で、官位こそ他の人物に劣りますが血筋の上ではしっかりとした漢王朝の血を引く人物です。しかし劉虞はこれを固辞してしまい、袁術や公孫サンは反対。この後に公孫サンと袁紹が戦うことになるのが界橋の戦いです。

 

公孫瓚を倒した袁紹

 

この界橋の戦いで袁紹の様々な作戦と猛将たちの働きによって白馬義従を破られ、公孫サンは敗北してしまいます。さてここで名前が出てきた劉虞が今回のキーマンです。

 


 

界橋の戦いの以前からの確執

劉虞

 

劉虞は公明正大な人物で、善政を敷いていたことから非常に民からの人気があり、人望の厚い人物でした。しかし劉虞と公孫サンは異民族対策によって確執が生まれます。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

とにかく異民族討つべしという公孫サンと、異民族を懐柔する方策を取った劉虞ですから、上手くいく訳がありません。公孫サンは劉虞が異民族に贈った贈答品を略奪するなどの行為に及び、増々お互いの関係はこじれていきました。

 

朝まで三国志 劉虞

 

そんな中、公孫サンは袁紹に敗北します。ここで劉虞は公孫サンを討つことを考えましたが配下に止められますが、これこそが運命のターニングポイントとなったのでしょう。

 

その後、公孫サンとの戦いのために袁紹の援助と異民族の援助を受けて立ち上がりますが、この時に公孫サンとの決戦を避けようとする進言をした配下を「士気の低下を企んでいる」と処刑してしまい、指揮系統が混乱。

 

公孫サンに作戦がバレてしまったので立てこもるも民が戦闘で傷付くのを良しとせず、攻めあぐねて居る内に公孫サンの奇襲によって敗北してしまいました。

 

公孫瓚の命運定まったり

公孫瓚と劉虞

 

劉虞は捕縛されましたが、そこに民衆たちから多くの嘆願書が集まりました。

 

公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった

 

それはどれも劉虞の助命嘆願であったのですが、これこそが公孫サンの怒りに火を付けます。

最終的に朝廷からの命令も無視して、公孫サンは劉虞を処刑。

 

公孫瓚(公孫サン)

 

これこそが、公孫サンの運命を定める出来事になりました。劉虞の処刑によって袁紹が激怒、再び公孫サンと対峙して易京の戦い(えききょうのたたかい)が始まることになります。

 

袁紹モグラ作戦

 

また民衆、配下も公孫サンから心が離れて行ってしまい、公孫サンは最終的に袁紹によって滅ぼされます。皮肉なことに劉虞の命運を定めたのが公孫サンなら、公孫サンの命運を定めたのも劉虞と言って良いでしょう。


 

劉虞は正しかったのか?公孫サンは間違いだったのか?

 

 

では劉虞は正しい人物で、公孫サンは間違った人物だったのでしょうか。

個人的な見解を述べますと、そうとも言い切れません。劉虞は公明正大な人物ではあったものの、戦においての才能はありませんでした。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

公孫サンは苛烈すぎる人物ではあったものの、戦においての戦術なら確実に上だったでしょう。袁紹に敗北してしまったことで公孫サンのイメージが悪くなっていますが、あくまで相手が袁紹であったことは加味するべきだと思います。

 

公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった公孫瓚、劉虞

 

この記事ではあくまで劉虞という人物がいたこととその人物と公孫サンの関わりを紹介したいのであって、どちらが優れていた、もしくはどちらかを貶めるための記事ではないことをお断りしておきます。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

公孫サンと劉虞はお互いに武勇と外交、どちらか一方に偏った能力を持ちすぎてしまったが故に、それ以外の部分では今一つ恵まれなかったのではないでしょうか。そう考えるともし二人が手を取り合うことができたら、三国志の勢力図も変わっていたかもしれませんね。


  

 

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

今回は少しマイナーな劉虞という人物を取り上げてみました。目立ちませんが公孫サンとの争いや実は袁紹から尊敬されていたりと、中々におもしろい人物です。

 

劉虞

 

この劉虞を始めとして三国志にはまだまだ知られていない面白い人物がたくさんいるので、もっともっと知って三国志を楽しみましょう!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚はクズ野郎だった?北の英傑公孫サンの実像があまりにも酷い件

関連記事:公孫瓚の逸話は三国志演義と正史で異なる!公孫サンのおもしろ逸話

 

【劉備の兄貴分の真実の姿を大紹介】
公孫瓚特集

 

【動画】袁紹の性格が誤解されている理由


 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 司馬懿 【極悪】司馬懿はいかにして屯田制を食い物にしたのか?
  2. 孔子と儒教 儒教(儒家)ってどんな思想?知るともっとキングダムも理解できる?…
  3. 城の前を掃除する孔明 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  4. 孔明 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…
  5. 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事…
  6. 黄巾賊 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  7. 法正 性格の悪さで名高い?軍師法正の逸話からその性格を分析してみよう!…
  8. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 魯粛、周瑜、袁術
  3. 小帝(少帝劉弁)と董卓
  4. 五虎大将軍の趙雲
  5. 袁紹と曹操
  6. 曹操を裏切る陳宮
  7. 鎌倉時代の侍
  8. 君たちはどう生きるか?劉禅

おすすめ記事

  1. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  2. キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰
  3. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる 司馬懿と公孫淵
  4. 『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!?
  5. キングダム595話休載スペシャル「羌瘣の巫舞の元ネタは何?」 羌瘣
  6. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男

三國志雑学

  1. 献帝
  2. 姜維
  3. 張譲 宦官
  4. 宦官の趙高
  5. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孟達を討伐する司馬懿
  2. 三国志大学で勉強する劉備
  3. 関銀屏
  4. 曹操軍
  5. 劉備 孫権 ゆるキャラ

おすすめ記事

法正と劉備 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? はじめての三国志 画像準備中 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1 美女を集めた曹叡 そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった! 後継者争いをしている曹丕と曹植 曹丕は七歩詩をどうして曹植へ歌わせたの? 孔融と禰衡 党錮の禁とは何?刑罰なの?それとも皇帝の命令なの?分かりやすく解説 なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 邪馬台国と魏軍の兵士 壬申の乱の内幕、狙われていた天武帝?唐 VS 新羅戦争の影響(第2回) 郭嘉の本 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP