キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【宛城の戦い】背後にあった女性(鄒氏)の謎と想像の考察

曹操 女性の敵? 鄒氏




曹操

 

乱世の奸雄(らんせのかんゆう)」と言われた曹操(そうそう)三国志演義(さんごくしえんぎ)の方では悪役のように描かれることが多いものの、その能力は三国志の登場人物の中でもトップランクの持ち主です。

 

曹操の元で仕える辛ピ

 

優れた頭脳の持ち主であり、窮地を才覚で切り抜ける姿は幾度となく見ることができます。

 

曹操

 

しかしそんな天才とも言える曹操も、その人生において失敗が一度もなかった訳ではありません。

今回のお話の舞台はそんな曹操がやらかしてしまったことで有名な宛城の戦い(えんじょうのたたかい)ととある「美女」についてです。

 

自称・皇帝
当記事は、
「宛城の戦い 謎」
「宛城の戦い 鄒氏
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宛城の戦いに実は曹丕もいた!?嫡男が失われた戦いで生き残れた理由

関連記事:曹昂とはどんな人?曹操の跡継ぎ候補でもありながら父を救うために散った曹操の息子

 

 

宛城の戦いの経緯

賈詡と曹操と張繍

 

宛城の戦いは、曹操と張繍(ちょうしゅう
)
の戦いです。ある日曹操が苑の地に進軍してきます。

 

賈ク

 

この当初、張繡には曹操の軍師として名高い賈ク(かく)が付いていました。賈クは非常に優れた先見の明を持っていたので、曹操とは真っ向から戦うことは避けて一度曹操に降伏、後に再び時勢を見て戦うことを進め、張繡はこれを受け入れます。

 

曹操と張繍

 

張繡は曹操に降伏、これに気を良くした曹操は張繡をそのまま苑の地を治めさせるようにして、その地に自分も滞在することにしました。

腹の探り合いもあったのでしょうが、この頃は曹操と張繡は対立してはいませんでした。

 

 

「少しばかり三国志演義の話をしましょう」

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

これはあくまで三国志演義の話ですが、張繡には義理の叔母に、鄒氏(すうし)という女性がいました。

 

叔父の張済(ちょうさい
)
は既に亡くなっていたので、鄒氏は未亡人です。

そして鄒氏はとても美人でした…そこで曹操は鄒氏を自分のお妾さんにしてしまったのです。

 

鄒氏

 

自分の一族の女性すら我が物にする傍若無人な曹操に腹を立てたのか、亡き叔父を貶める振る舞いに怒ったのか、はたまた後妻故にまだまだ若く美人な鄒氏と自分が…と思ったのかは定かではありませんが、張繡はこれに激怒。

 

卞氏の冷静な対応と曹操

 

曹操も張繡が自分に激怒していることを知ると張繡の暗殺計画を立てますが、行動は張繡の方が早く、曹操に夜襲をかけます。

つまり三国志演義では宛城の戦いは曹操の女癖の悪さが招いたように描かれています。

 

鄒氏という女性の謎

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

そしてここで振り返ってみたいのは「鄒氏という女性」です。

実はこの女性は、正史には登場しません。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

「張済には妻がいた」「その妻は曹操の妾になった」この記述があるのみで、名前も判明してなければ美女とも書かれていないのです。ただしこの人物に関しての記述が、後漢記には乗っています。

 

こちらによると張済の未亡人で絶世の美女、となっています。

ただしこの記述は前述したように正史には登場していません。

 

晋蜀の産まれ 陳寿

 

おそらく陳寿(ちんじゅ)がこの記述を採用しなかったからだと思いますが、一人の女性で争いが起こるという似たような話が、三国志には出てきますよね?

 

貂蝉を奪い合う董卓と呂布

 

そう、董卓(とうたく)貂蝉(ちょうせん)呂布(りょふ)の話です。

 

貂蝉と呂布

 

これもまた正史には記述のない貂蝉という女性がきっかけとなって両者の仲が決定的に悪化、争いが起こります。

この非常に似た構図から、ある仮説を考えて見ました。

どうしてこのような女性像が生まれたのか?

悪来と呼ばれた典韋

 

どうして曹操が張繡に負けたのか、しかも夜襲をされて嫡男甥っ子大切な家臣と一気に失うという大敗北。

 

苛ついている曹操

 

そこに何があったのか?何かなけりゃあおかしいよなぁ?きっと何か理由があったんだ!

 

だってそうじゃなければあの兵法の大家、天才と言っても過言でない曹操がこんな無様な負け方をするはずがない!

だとしたら理由は何だろう…女性にたぶらかされた?だったら凄い美女だったんだろう!呂布もそうだったし!

 

鄒氏の最期

 

…あくまで想像ですが、鄒氏はこういったイメージから生まれたのではないでしょうか?

 

演義ではオリジナルキャラクターが幾人か登場しますが、完全に元ネタがないという人は殆どいません。

そこで張済の妻を利用して鄒氏、というキャラクターが出来上がったのではないでしょうか。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

因みに三国志演義では鄒氏は曹操がいなくなった後に張繍から「曹操に身を任せた」と激怒されて切り殺されて退場します。

貂蝉と違って悲劇的な演出が盛り込まれていないところを見ると、あまり人気の出なかったキャラクターだったのかもしれませんね。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

今回は宛城の戦い、と言いつつもその背景、その背後にいた女性にスポットと妄想を当ててみました。

 

李カク

 

三国志と三国志演義の違いを見るのはファンなら一度はやると思いますが、その中でどうしてそんな人物像が生まれたのか、そこにも注目してみて下さい。

ただの演出、創作と三国志演義を切り捨てずに注目していくと、色々な人物を深読みできて面白いですよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宛城の戦いで曹操に称賛された于禁という武将の性格を知ってみよう

関連記事:【宛城の戦いIF】もしも曹昂が生きていたらどんな影響があったの?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 




セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  2. 趙雲子龍 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  3. 曹操と機密保持 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  4. 華雄と呂布 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  5. 孔明による出師の表 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  6. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  8. 顔良と関羽 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 大久保利通 幕末
  3. 曹操丞相えらいねんで!
  4. 周瑜の魅力
  5. 曹丕
  6. イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船

おすすめ記事

  1. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた 王平は四龍将
  2. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは? ツンデレ曹丕
  3. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣 田豊
  4. 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主
  5. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 劉備勝ちまくり!仮想三国志
  6. 織田信長の父、織田信秀とはどんな人甘い所が信長ソックリ? 織田信長

三國志雑学

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 孔明
  3. 荀攸
  4. 沖縄そばを食べる関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 公孫淵
  2. 曹操に降伏する教祖・張魯
  3. 関羽と関索
  4. 董卓

おすすめ記事

馬超と羊 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 羌族 キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 3連休に三国志の美少女たちを放置プレイしない?三国志系ゲーム『放置少女』 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明 燃える本能寺 【本能寺の変の真相】明智光秀の子孫が漫画で明かす コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの? 最弱武将と対峙する張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 残忍な曹丕 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP