濮陽の戦いで見せた荀彧の有能さとその生涯を再考してみる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と呂布

 

濮陽の戦い(ぼくようのたたかい)では、曹操(そうそう)呂布(りょふ)に敗北してしまいます。

 

陳宮

 

この時は呂布軍の名軍師、陳宮(ちんきゅう)の策略が光る瞬間ですね。

 

荀彧

 

しかし濮陽の戦いが始まる前までの曹操軍を支える軍師である荀彧(じゅんいく)の知略、冷静さも同じくらい光っています。

 

荀彧

 

今回はこの荀彧に関して濮陽の戦い前の活躍と、その生涯における謎の考察をして見たいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「濮陽の戦い 三国志」
「濮陽の戦い 荀彧」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?

関連記事:荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件

 


 

濮陽の戦い~エン州平定までの荀彧の活躍

曹操を裏切る陳宮

 

そもそも呂布と曹操の争いの発端は、徐州(じょしゅう)の遠征に向かっていた曹操の隙を付いて陳宮が呂布と一緒にエン州で謀反を起こしたのが始まりです。

 

苛ついている曹操

 

この時の陳宮の手際は凄まじく、数多くの反曹操拠点を作り上げてしまいます。

 

荀彧

 

そんな中でも陳宮の策を見抜いて留守を守ったのが荀彧、程昱(ていいく)というこの頃の曹操の二大軍師とも言える存在。この時に荀彧は死者の言動から謀反を見抜いたというのですから、その慧眼(けいがん)おそるべし、ですね。

 

荀彧と曹操

 

この時に曹操は徐州を落としてから呂布と戦おうと思っていましたが、荀彧はまずはエン州を平定することが第一と曹操に訴えてその通りにさせています。自らの基盤をしっかりと整えるというのが荀彧の考えだったのでしょう。

 

曹操を励ます荀彧

 

そして呂布との戦いで劣勢になってしまって弱気になってしまっている曹操が袁紹(えんしょう)からの援軍の申し出という臣従要請を止めたり、後に官渡の戦い(かんとのたたかい)でも曹操を励ましたりと荀彧の才能が曹操を支えたからこそ曹操はいくつもの困難を乗り切れたと言っていいでしょう。

 


 

その後も曹操へのサポートを尽くすが…

郭嘉を曹操に推薦する荀彧

 

荀彧の有能さ、そしてサポート性能の高さはそれだけではありません。数多くの有能な人物の存在を見抜いて曹操に推挙しています。

 

郭嘉を推薦する荀彧

 

荀彧は曹操にただ名策を献上するだけでなく、曹操のために動く有能な人材をも補給しているのです。曹操は三国志を代表する人物となったのも、大変な時期をしっかりと支えてくれた荀彧の存在があってこそなのかもしれません。

 

荀彧と曹操

 

しかし、ここで荀彧と曹操の関係に問題が出てきます。そこで良く言われているのが「荀彧の死」です。

 

空箱を受け取る荀彧

 

曹操は荀彧に空の箱を贈り、それを見た荀彧は「自分はもう用済みということか」と嘆いて自殺してしまったという説があります。この背後にあったのが荀彧はあくまで漢の臣下であり、献帝を蔑ろにする曹操と不和が生じていた、というものです。

 

荀彧と曹操

 

ですがこの話は決して確定事項ではありません。

そこで少し、筆者なりの荀彧に対して考察をして見たいと思います。


 

荀彧は漢の忠臣か?曹魏の忠臣か?

曹操に憧れる荀彧

 

結論から先に言わせて頂くと、荀彧は漢の忠臣でもあり、そして曹魏の忠臣でもあったと思っています。荀彧は漢の忠臣でした。だからこそ漢という時代を治めてくれる英雄として曹操という存在を支えてきました。

 

荀彧

 

曹操という人物はそれほどの才能を持っていると荀彧は見抜いていたのです。

しかし漢の時代は既に終わっていました。

 

荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

 

曹操という人物が取って代わったというよりも、漢王朝という時代が既に終焉を迎えるしかなくなっていたのです。

 

曹操と荀彧の三顧の礼

 

これが荀彧にとって、そして誰にもその時点にはまだ信じられなかったのでしょう。

そして曹操は力を付け、漢王朝よりも力を持った存在になってしまいます。

更に曹操がそこまで力を付けた理由の一つは、荀彧自身だったのです。

 

荀彧

 

荀彧にとって曹操には恩義があります。自分を引き立ててくれた存在である曹操は、間違いなく乱世を終わらせてくれる英雄です。

 

光武帝を解説する荀彧

 

曹操は裏切れません、荀彧は曹操に対しても忠誠心を抱いていました。でも荀彧はどうじに、漢王朝という存在も裏切れなかったのではないでしょうか。

 

曹操に仕えることを検討する荀彧

 

自分の原点とも言える漢王朝も裏切れない、でも自分を引き立ててくれた英雄でもある曹操も裏切りたくない。だから悩みの果てに荀彧はただ、消える道しか選べなかったのではないかと思います。

 

亡くなる荀彧

 

漢の忠臣、曹魏の忠臣、どちらも選べないし選びたいからこそ、荀彧はあの最期になったのではないかというのが私の考察なのです。


  

 

その容姿の素晴らしさゆえの荀彧が可愛く思える逸話

 

少し話題が重くなったので、最期に荀彧のとあるエピソードを。

 

荀攸と荀彧

 

荀彧は見た目が非常に良い人物であったと言われています。

 

そんな荀彧はある日、歩いていて枝に頭をぶつけてしまいました。この時に荀彧の冠がへこんでしまったのですが、荀彧は気付かず。

それを見た人々は「荀彧殿の冠がへこんでいるぞ!」「あれが今の流行なんだな、真似しよう!」となったそうです。

 

荀彧の冠

 

流行のファッションをしている、というイメージを皆から抱かれていたんですね。

そしてこの頃から「あの人の服装の真似をしよう!」という考えがあったというのもとても面白いと思います。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

荀彧という人物はどうしてあのように早くこの世を去ってしまったのでしょうか。これは三国志好きな人たちが色々な考察を考えて、想像してきたテーマだと思います。人の数だけ考察があり、そのどれもがとても面白くなる、それが三国志の楽しみでもあります。

 

ぜひとも貴方も荀彧だけでなく、その時その人物はどうしてそんな行動をしたのか、それを考えて見て下さいね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの?

関連記事:荀彧のここが「イケメン」すぎる3選!本当に荀彧はイケメンだった?

 

【己の信念に殉じた軍師・荀彧の特集】
荀彧特集

 

 

関連記事

  1. 孫堅の妻

    デザイン担当:よりぶりん

    記録が乏しい孫堅の妻たち

    孫権の父親、孫堅(そんけん)は、物語の序盤で亡くなって…

  2. 黄月英
  3. 魏延
  4. 天下三分の計
  5. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP