ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

典韋があんなに強いのは曹操との絆ゆえ?ヤクザ映画も真っ青な鉄の兄弟

典韋にボコボコにされる成廉


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

悪来と呼ばれた典韋

 

曹操(そうそう)典韋(てんい)の関係って、なんだか特別じゃないですか?

 

桃園兄弟

 

なんとも男らしい信頼関係というか、劉備(りゅうび)関羽張飛とはまた違う「義兄弟」に見える関係というか。

 

張飛、劉備、曹操

 

何かに似ていると思っていたら、ふと気づきました、昭和なヤクザ映画の『兄貴ィ!』『舎弟よ!』のノリでは?!

 

自称・皇帝
当記事は、
曹操 典韋
典韋 強さ」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:典韋の性格は義侠心溢れ頼れるアニキだった!!

関連記事:大食漢!曹操を命がけで守った魏の典韋のエピソード

 


 

典韋があんなに強いのは、勝新太郎や高倉健が無敵状態になるのと同じ理屈?

夏侯惇

 

最近はヤクザ映画というものもあまり作られなくなったようですが、昭和の「義理と任侠」をテーマにした映画、見ると面白いものです。

「兄貴分と弟分」の、男どうしの絆というテーマが好んで扱われますよね。

 

 

そういう話では、頭はキレるが敵も多い兄貴分のほうが罠にはまって絶体絶命の窮地に陥り、頭が弱いが喧嘩が強い弟のほうが最後に助けに来る。

 

「兄貴ィ、今たすけにいくかんな!」となった弟分はもはや無敵状態になり、なみいるザコをバッタバッタとなぎ倒していくが、力尽きて、兄貴の看取る中で死ぬ。

 

曹操

 

弟「いいんだよオラのことは、兄貴が無事ならさ・・・ガクッ」

兄貴「ばっきゃろー! 無茶しやがって! おめえのこと、一生、忘れねえかんなー!」

 

と、いうような。

 

曹操と呂布

 

なるほど、こう整理してみると、曹操と典韋の関係ってまさにこういう関係だったのでは!ひょっとしたら、そもそも初期の曹操軍はこのような「ヤクザまがいの仁義」で互いが結びついていた、熱くてやんちゃな軍団だったのかもしれません。

 

言われてみれば、夏侯惇夏侯淵も昭和ヤクザ映画の脇役っぽいし。あくまでイメージですが。

 


 

曹操のピンチを見てパワー百倍!典韋最後の戦いの強さを思い出してみよう!

悪来と呼ばれた典韋

 

典韋の最期を思い出してみましょう。

 

賈詡と曹操と張繍

 

三国志演義』の展開を典拠にすると、陰謀を仕掛けてきたのは張繍(ちょうしゅう)。一度は曹操に降伏をしたはずの張繍ですが、それを裏切る決断をします。

 

曹操と張繍

 

油断している曹操を襲って殺そう、という計画を立てるのですが、曹操の傍にはいつも典韋が「兄貴ィ、曹操の兄貴よォ」と付き従っているので、なかなかチャンスがない。特に典韋は重さ八十斤(20キログラムくらい)の鉄の戟を二刀流に持って襲ってくるという怪力野郎だったため、うかつに手を出すと大変なことになる。

 

そこで一計を案じた張繍は、典韋にたらふく酒を飲ませ、本人が寝ている間に戟をこっそり盗みます。これで典韋も怖くない、となった張繍軍の兵士たちは、いっきに曹操の寝込みに襲いかかります。

 

曹操の宿舎の入り口を守っていた典韋は眠りから覚め、「兄貴があぶねえ!」。

手元を見渡すと、「あ、戟がねえ!」。

四方から迫る敵兵たち、「うおー、張繍めえ、ゆるせねえ!」。

 

近くにいた部下の持っていた刀を手に取ると(※刀を勝手にとられた典韋の部下のその後の消息は不明)、かかってくる敵兵をばったばったと切り倒し。この戦いでの張繍側の死傷者数はもはや不明。

 

最後には刀が刃こぼれして切れなくなり、武器がなくなってしまったのですが、そこから死を迎える直前に、『演義』の記述では「素手で八~九人を投げ殺した」とあります。素手で八~九人を瞬殺できるという点でもはや異常ですね。

 

得意の戟を奪われていなかったら、いったいどれだけ強かったんだ?!

 


 

同日には親族も多数死んでいるのに、典韋のことだけを嘆いた曹操

一人で逃げる曹操

 

典韋の鬼気迫る活躍のおかげで、曹操は無事に窮地を脱出することに成功します。ただしこの夜襲による被害は甚大で、曹操は典韋の他に、息子の曹昂(そうこう)と甥の曹安民(そうあんみん
)
を討ち取られています。

 

最愛の部下と同時に、家族までをも殺され、さしもの曹操も号泣。と思いきや、その時の曹操のセリフは、「わしは、長男やおいを死なせたのは、さまで悲しいとも思わぬ。ただ、典韋を討たせたことがなげきの種じゃ」。

 

曹昂(曹昴)

 

草葉の陰で特に曹昂が激怒していたことでしょう。

「オレの死因も、おやじ(曹操)が逃げる時間を稼ぐ中での戦死だったんですけど!」

 


  

 

 

その後の曹操軍を見ても、どうも曹操は舎弟分を持ちたい性分らしい

曹植と曹丕に期待する曹操

 

こうして生き残った曹操は、やがては三国のうちのひとつ魏を打ち立てることになり、ことあるごとに「しかしわしが今日の地位にいられるのもあのとき典韋が助けてくれたおかげじゃなあ」としつこく言うので若手からゲンナリされる老人になっていきます。

 

それだけ典韋との関係は特別だったということでしょう。

 

三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO 孫悟空 f

 

そういえばけっきょく曹操は、その後も許褚という、これまた「ヤクザの舎弟」っぽいキャラを傍らにつねに従えていましたね。

 

もともとの発想として、舎弟分を連れて歩きたがる性分の人だったのかもしれません。あるいは、繰り返しになりますが、曹操軍というのが昭和映画のヤクザに近いような、あらっぽくも仁義に厚い義侠軍団の雰囲気だったということなのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと

関連記事:典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 


 

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)
  2. 統 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  3. 病気がちな孔明 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?
  4. 曹叡 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可…
  5. チビってしまう司馬懿と孔明 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  6. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  7. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  8. 孔子と儒教 儒教(儒家)ってどんな思想?知るともっとキングダムも理解できる?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. kawausoとおとぼけ
  2. 韓玄(かんげん)
  3. 孔明 vs 司馬懿
  4. キングダム53巻
  5. 水魚の交わり
  6. ジャンヌ・ダルク
  7. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  8. 艶麗な楊端和

おすすめ記事

  1. 馬超の人気が高いのは何故?馬超人気を高めた三国志演義と三国志の馬超 五虎大将軍の馬超
  2. 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備
  3. 張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!! 曹操に降伏する教祖・張魯
  4. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇 孟達と曹丕
  5. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった! 呂不韋
  6. 水滸伝の五虎大将軍とは誰なの?関勝・林冲・秦明・呼延灼・董平を紹介 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

三國志雑学

  1. 劉備と4人の妻
  2. 蜀 武運を誇る馬超
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  5. 魏延


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  2. 耶律突欲
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 劉邦
  5. 于吉

おすすめ記事

桃を持った姜維(はじめての三国志) 月刊はじめての三国志2019年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!? キングダム最新ネタバレ予想575話「王賁が亜光軍を継ぐ!」解説 忘年会の特集バナー ver.2 毎年恒例の忘年会をより楽しめる耳寄り情報特集 楊修 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR) 呂蒙 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙 韓信 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP