ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽の逸話は民間伝承の影響でキャラがブレた?死後の怨念がド迫力すぎる件

関羽の呪いで殺される呂蒙


関羽は神様

 

関羽(かんう)といえば、豪放で冷静沈着、忠義あふれる英雄としての逸話に満ちています。

 

曹操を逃す関羽

 

骨の手術を受けながら平然と囲碁を打っていたとか、曹操(そうそう)に仕えた時の贈り物をことごとく返却したとか、日本の武士道の逸話としても違和感のないような、カッコいい話ばかりが揃っていますね。

 

関羽の死

 

ところがそんな関羽にカッコよさを感じながら『三国志演義(さんごくしえんぎ)』を読み進めていくと、どうにもおさまりの悪い逸話にぶつかってしまいます。本稿のライターである私自身も、初めて『三国志演義』を読んだ少年時代に、あまりの異色シーンすぎて戸惑った記憶が強い場面。

 

呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜

 

呂蒙(りょもう)の死」の逸話です。

 

自称・皇帝
当記事は、
関羽 逸話」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽が悪人扱いされない3つの理由

関連記事:呉の呂蒙は死の原因は病気だった?関羽の呪いは関与してない?

 


 

いろいろな意味でドンビキ!呂蒙をたたり殺す関羽の怨霊の理不尽さ!

呂蒙

 

荊州(けいしゅう)争奪戦で関羽が敗死した後、その一番の功績者である呂蒙(りょもう)孫権(そんけん)の宴席に呼ばれた時に、事件は起こります。

 

呂蒙

 

とつぜん形相の変わった呂蒙。孫権のことを「アオヒゲネズミ野郎!」と罵り、上座を奪ってさんざん暴れた後、「お前ら呉を必ず呪い滅ぼしてくれるわ! 私のことがわかるか! きさまらに殺された関羽雲長だ!」と叫んで昏倒。

 

呂蒙が病気になり心配する孫権

 

驚いた近臣たちが駆け寄ると、倒れた呂蒙は体の毛穴から血を流して絶命していた、とのことでした。この逸話、どちらかといえばリアリティ路線であったはずの『三国志演義』の中では、かなり異色な場面である上に、そもそも関羽のキャラがブレちゃっています。

 

関羽の呪いで殺される呂蒙

 

生前はあれだけ公平で冷静だった関羽が、いくら自分を殺した敵だからといって、呂蒙を怪しげな魔力で惨殺するというのは腑に落ちない。たしかに呂蒙は関羽を滅ぼす際にいろいろな計略を仕掛けましたが、関羽のことを畏敬していたがための用意周到な作戦という話であって、そんなに汚い手を使ったというほどでもない。

 

関羽の呪いでなくなる孫皎(そんこう)

 

そもそも呂蒙をイジメ殺すなら、命令者の孫権や、裏で手伝っていた陸遜のほうを呪ったほうが効率的なのに、目先の中間管理職である呂蒙に襲い掛かるというのも、関羽の怨霊にしては、なんだか「しょぼい」。

 

酒癖が悪い孫権

 

トドメは、孫権のことを「アオヒゲネズミ野郎」とは。

 

激怒する関羽

 

関羽にしてはずいぶん教養のない言葉遣いというか、小悪役っぽいというか。「孫権のことをアオヒゲネズミ野郎って、関羽どころか、中年をすぎたオトナは普通言わないよな」と、どうしても思ってしまいます。

 


 

少年時代のライターが採用した解釈は、「関羽と『関羽の怨霊』は別キャラ」説!

呂蒙を慰める孫権

 

三国志演義』の呂蒙死亡シーンを読んで違和感を受けた少年時代の私、なんとかこの場面を「無理なく」解釈しようと、ずいぶん頭をひねりました。

 

孔明 東南の風

 

赤壁の戦いにおける諸葛亮孔明の「風向きを変えた」祈祷も、「季節の変化を予測していたのだ」という合理的な解釈が採用されている昨今。呂蒙の死亡シーンにも、何か関羽のキャラ属性を殺さない解釈はできないものかと。

 

曹操の頭痛の原因は関羽?

 

そして思いついた結論は、こうでした。「呂蒙を殺したのは、きっと関羽の霊ではなくて、関羽をかたった低級なB級浮遊霊に違いない!」と。言われてみれば、「全身の毛穴から血をふいて絶命!」というのも、ハリウッドB級映画のチープな特撮で演出すればシックリきそうな描写ですし。

 

「アオヒゲネズミ野郎!」という罵りコトバも、チープな特撮のSFホラーの中で、悪霊が英語で「ユー アー ブルーベアード ラット!」と絶叫しながら襲ってくるシーンだと思えば、セリフとしてしっくりきますね。

 

「あれは関羽と偽った低俗ゴーストの仕業で、その後、悪霊はあの世でホンモノの関羽の善霊にワイヤーアクションで退治され、呂蒙の霊と関羽の霊も仲直りしたに違いない!」と、少年時代の私は自分を納得させたのでした。

 


 

まじめに考察すると、このキャラ崩壊は民間伝承を無理に合体させたせいらしい

五虎大将軍の関羽

 

呂蒙の死亡シーンの違和感について好きに語らせていただきましたが、日本の作家さんも似たような違和感は覚えている様子。

 

朱然に後を引き継ぐ呂蒙

 

三国志演義』にほぼ忠実な描写をする吉川英治も、呂蒙の死亡シーンについては、「関羽の死後、間を置かず呂蒙が病没したため、巷では怪談のウワサが立った」というスタンスで描いています。


  

 

 

三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

実は、ここで吉川英治(よしかわえいじ)が「呂蒙の死がタイミングよすぎたために怪談が生まれた」と言っているのが、この逸話の背景説明としては一番アタリの模様。関羽の亡霊が呂蒙を呪い殺したというのは、正史とは関係のない、民間伝承で生まれた逸話のようなのです。

 

羅貫中と関羽

 

それが有名だった為に、『三国志演義』の作者が無理に取り入れてしまったものと思われます。無理に取り入れたために、関羽のキャラにそぐわない荒唐無稽な場面が挟まれたという次第でした。

 

実際、呂蒙の急死は呪いでもなんでもない「たまたま」のタイミングだったということでしょうし、個人的にはあの世で関羽と呂蒙には、どこかで仲直りしていてほしいもの、とも思うのでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関平と関羽の微妙な関係性、正史と三国志演義では異なる二人の間柄

関連記事:関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから?

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

 

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 賈詡 アドバイザー賈詡の張繍育成日記
  2. 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…
  3. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  4. 司馬朗と司馬防 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…
  5. 関羽 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?
  6. 挑発する諸葛亮孔明 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編
  7. 楊彪を司空に任命させる董卓 董卓ってどんな政治をしたの?残虐行為だけじゃない!知識人登用に熱…
  8. 眠る董卓 なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占い…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 司馬懿
  4. 曹洪と曹操
  5. 張遼・楽進・李典
  6. キングダム54巻amazon
  7. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧

おすすめ記事

  1. 三国志演義に登場する兵器 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  2. 「見てる媒体」から「見たい媒体」へ脱皮宣言!はじ三公孫瓚特集 はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 諸葛亮は陣形・戦法・軍令を駆使して戦に臨んでいた!? 韓信vs孔明
  4. キングダム 534話 ネタバレ予想:李牧はどれ位ヒットマンするのか? キングダム
  5. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁
  6. 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ 苛ついている曹操

三國志雑学

  1. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  2. 赤兎馬を可愛がる董卓
  3. 甘寧に殺されかける料理人


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 失脚する王莽
  2. 張飛にお酒はだめだよ
  3. 貂蝉と呂布
  4. 孫皓と張俊
  5. 火縄銃を気に入る織田信長

おすすめ記事

袁術 第10話:袁術くん「リーダーシップ」の高め方を学ぶ 皇帝いっぱい ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話 梁興と馬騰 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか? 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第8部 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん) 漢の高祖・劉邦の建国物語とは?漢王朝400年の礎を築けた理由 呂布のラストウォー 呂布 【はじ三お悩み相談回答編】呂布のような無双ボディになりたい 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 陸遜 これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP