呂布特集
姜維特集


はじめての三国志

menu

はじめての漢

張繍とはどんな人?実はかなりの出世頭で人たらしだった?

張繍




張繍

 

三国志(さんごくし)では、あまり知名度の高くない武将・張繍(ちょうしゅう
)
。しかし、あの曹操(そうそう)と戦って勝利を得ています。

 

賈詡と曹操と張繍

 

その後も軍師賈詡(かく)と協力して出世街道を歩むのです。

 

苛ついている曹操

 

それでは、どのようにして曹操を破ったのでしょうか。ここでは曹家との関わりを中心に張繍を紹介していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「張繍 人物像」
「張繍 生涯」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:典韋があんなに強いのは曹操との絆ゆえ?ヤクザ映画も真っ青な鉄の兄弟

関連記事:張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

 

 

賈詡との出会いで人生が変わる張繍

張済

 

董卓(とうたく)の配下に「張済(ちょうさい
)
」という武将がいました。張繍との関係はひいおじいさんの兄弟の孫という位置づけ。ほぼ他人に近い親戚です。

 

張済

 

しかし、親戚同士のつながりが強い中国の伝統で、こうした遠い親戚であっても密接に関わりあうことがありました。そうした縁で張繍は董卓の部下の部下という位を得ます。やがて、転機が訪れます。

 

張済

 

南陽郡の「穣」を攻めていた張済が流れ矢に当たって命を落としてしまったのです。張繍にとっては父親のような存在である張済。

 

李カク、張済、賈ク

 

彼の軍は張繍が率いることとなります。同時に参謀として「賈詡」を従え、劉表(りゅうひょう
)
と同盟を結ぶ運びとなりました。

 

 

奇襲作戦で曹操を脅かす張繍

賈詡

 

「将軍は曹操には及ばない」そう言ったのは参謀の賈詡。この言葉を張繍は、素直に受け入れます。西暦197年、曹操軍が南陽郡・淯水に陣を張ります。族父・張済が亡くなってから2年あまりが経過していました。

 

曹操と張繍

 

曹操にはかなわないと信じ込んでいた張繍は曹操に降参の意を示します。調子に乗った曹操は、亡き張済の妻をお持ち帰り。

 

曹操には服従しているが内心キレている張繍

 

曹操の行動はスキャンダルに発展します。すると張繍は曹操に恨みを抱くのでした。

 

賈詡と曹操

 

どこで知ったのか、曹操はこの事実を知り、先手を打とうと「張繍暗殺計画」を立てます。邪魔者は消してしまえという発想です。ところが軍師・賈詡が曹操の立てた計画を張繍に知らせ、彼は曹操の上を行きます。

 

この奇襲作戦の成功により曹操軍は典韋を始め、名だたる武将を失います。ほうほうの体で曹操は「舞陰」へ遁走。張繍は「穣」に無事、帰還します。

 

裏をかいて曹操サイドに!

曹操VS袁紹

 

西暦199年。曹操は袁紹(えんしょう)と対立するようになります。

 

馬に乗って単身荊州へ赴く劉表

 

かねてから劉表と組んで「対曹操同盟」を結んでいただけに将軍・張繍は袁紹サイドにつくつもりでいました。ところが軍師・賈詡は劣勢の曹操サイドにつくようアドバイスをします。

 

賈詡

 

理由は

1.曹操の勢力が弱いこと

2.味方すればかなりの出世を約束されること

を挙げました。

 

予想通り「列侯」の位をゲットした張繍。西暦200年の官渡の戦いで活躍し、「破羌将軍」となります。

 

列侯とは自分の治めるエリアにおいてトップになることを意味し、そこに住んでいる人々から税金を徴収することもできます。大きな屋敷を建て、左うちわで暮らしたことでしょう。

 

例を挙げると、南陽郡の列侯となると本人は「南陽侯」と呼ばれるようになります。そして、南陽国が成立するのです。やがて、西暦207年の柳城の烏桓を攻略中に張繍は病気で倒れ、この世を去ります。

 

皇帝に就任した曹丕

 

武将らしい最期といえるでしょう。また、賈詡は曹操軍の参謀として大活躍し、子の曹丕にも仕えることとなりました。

 

三国志ライター 上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

曹操と敵対しながらも最後は味方になった張繍。それもすべて賈詡の助言に寄るものでした。賈詡との出会いがなければ張繍は袁紹サイドについて、あっという間に曹操にやられていたでしょう。

 

賈詡

 

賈詡は張繍に仕えていたため、自分が生き延びるために張繍を勝たせる必要があったのです。それが契機となり、曹操や曹丕にも重用されるようになります。一方で張繍もなかなかの頭の切れる人物です。

 

たいていの人なら部下に「優秀だが、そこまで偉大ではない」と言われたら、首にするところです。ところが自分のスキルを適格に見極めているとして受け入れ、以後は賈詡に判断をあおぐようになります。

 

この張繍の冷静さも彼が生き延びた要素の一つ。一度、奇襲をかけて打ちのめした曹操の配下となるのです。

 

サッカーボールを蹴る劉邦

 

例えるなら、サッカー選手がレアルマドリードの誘いを断って、カタールのチームに行くようなもの。

 

宦官の趙高

 

柔軟な思考を持っていなければ、なかなかできない芸当です。

 

賈詡

 

同様に賈詡の助言が優れていたことも示しています。

賈詡がいなければ、張繍は「破羌将軍」に登りつめることはなかったでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?

関連記事:アドバイザー賈詡の張繍育成日記

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  2. 呂布と董卓の最強タッグ 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布
  3. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性 郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を…
  4. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  5. 三国志 まとめ 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)
  6. 曹操 油断 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操
  7. 韓玄(かんげん) 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  8. 王異 王異ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. オオクニヌシ(日本神話)
  2. 双流星を振り回している徐盛
  3. 武田信玄
  4. 父・関羽とともに亡くなる関平
  5. 夏侯惇
  6. 旅 バイク
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 旅馬 三国志
  9. 大久保利通 幕末
  10. 光武帝を解説する荀彧

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  2. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 宦官の趙高(キングダム)
  3. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの? スピリチュアルにハマる光武帝
  4. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ
  5. 典韋があんなに強いのは曹操との絆ゆえ?ヤクザ映画も真っ青な鉄の兄弟 典韋にボコボコにされる成廉
  6. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂 陸遜

三國志雑学

  1. ゆるい許褚
  2. 袁紹VS袁術(犬猿)
  3. 正妃 卞夫人
  4. 陸遜


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  2. 作戦勝ちする陳登
  3. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  4. 孔明
  5. 劉備にアドバイスをする法正
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  7. 鄒氏

おすすめ記事

徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄の治水の成果、信玄堤は現在でも活きている! ネズミで人生を変えた李斯 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった! 曹植 もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】 キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概 呂壱と孫権 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 孟嘗君 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる キングダム53巻 キングダム588話ネタバレ予想「十四日目は王賁爆アゲ神回になる」 魯粛、周瑜、袁術 マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP