劉岱とはどんな人?優柔不断が死を招いた?英雄の板挟みにあった悲劇の人物


劉岱

 

漢王室の血統を持つ劉岱(りゅうたい
)
。その生涯は波乱に満ちたものでした。誰しもが同情してしまいそうなエピソードに劉岱を身近に感じる読者もいることでしょう。

ここでは兗州(えんしゅう)刺史(しし)となった劉岱について解説していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「劉岱 悲劇」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢の高祖・劉邦の建国物語とは?漢王朝400年の礎を築けた理由

関連記事:袁紹と何進はなぜ董卓を都へ招集したの?後漢王朝の命運を絶った大愚挙

 


 

漢王室のサラブレッドである劉岱

劉邦はヤンキー

 

劉岱の祖先をさかのぼると「前漢の高祖」につながるという生粋の王族。現代風にいうならば、サウジアラビア王国の王族の末裔のようなイメージです。また、「戦場へ行けば、龍のごとく活躍するであろう」と形容されるほどの人物でした。

 

劉寵と袁術

 

おじさんは会稽太守(県知事クラス)の劉寵で、親戚はエリートの役人ばかりでした。俗に言う「お坊ちゃん」です。

 


 

程昱に嫌われる

程昱(ていいく)

 

後漢の時代、軍師に「程昱(ていいく)」という人物がおり、劉岱や曹操とともに生きた一人でした。董卓(とうたく)がトップに君臨したとき、朝廷を追い出され「兗州刺史(市長クラス)」と格下げされます。

 

豪族に提案する若い頃の程昱(ていいく)

 

それまでが「侍中(大臣クラス)」でしたから、本人も懊悩したことでしょう。そのときに戦略家として「程昱」を呼びますが、彼は丁重に断ります。兗州の民には慕われましたが、程昱には冷たくあしらわれた形となりました。


 

酒好きで曹操に怒られる

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

さて、董卓の横暴が激しさを増すと劉岱は袁紹率いる「反董卓連合軍」に参加。左遷された恨みを晴らすチャンスが到来したのです。しかし、酸棗の地へやってくるものの劉岱はパーティーを開くばかりで全く董卓と戦おうとしません。

 

苛ついている曹操

 

見るに見かねた曹操が彼をしかったそうです。やがて、食べ物がなくなると劉岱は何ら成果を上げることなく撤退。戦友でありながら、仲たがいした橋瑁はあっさり殺してしまいます。

 

袁紹と公孫瓚の板挟み

公孫瓚を倒した袁紹

 

董卓が阿鼻叫喚の中、絶命すると今度は袁紹と公孫瓚がバトルを始めます。これに困ったのは劉岱。

 

戦う劉岱

 

劉岱は袁紹の家族の面倒を見ており、部下には公孫瓚の息のかかったチームが派遣されています。例えるなら、中国の国家主席の家族が京都を旅行中にアメリカが太平洋艦隊を日本に派遣するようなものです。そこで劉岱は軍師・程昱にアドバイスを求めます。

 

すると程昱は今でこそ公孫瓚が有利かもしれないが、いずれ袁紹が勢力を盛り返すと予想。袁紹サイドにつくよう諭します。公孫瓚から袁紹の家族を人質として引き渡すよう求められていましたが、断固拒否。手のひらを返したように袁紹を応援します。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

ほどなく公孫瓚は袁紹によって敗北。劉岱は一命を取り留めます。お礼にと程昱を引き立てますが、病気だからと辞退されています。その後、曹操から声が掛かったときに程昱は応じていたことから、おそらく仮病だったのでしょう。地元民からは非難されています。


  

 

 

対黄巾賊

鮑信

 

紆余曲折を経て、黄巾賊の残党を始末する運びとなった劉岱。「兗州(えんしゅう)」の地を守るべく軍議に入ります。そこで部下の鮑信(ほうしん)が戦況を見て、ある提案をします。

 

黄巾賊

 

「黄巾賊の残党と言えども敵は星の数ほどいます。さらに彼らは降参する気配さえない。ここは籠城作戦がよろしいかと」

 

戦いに敗れる劉岱

 

ところが、普段は優柔不断な劉岱。部下のアドバイスに聞く耳を持たず、戦場へと赴きます。あえなく敗北し、劉岱の命はここに尽きるのでした。やがて、曹操が黄巾賊の残党を成敗。劉岱の後を継いで、兗州刺史となります。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

総覧すると酒好きで何も戦果を上げていないような武将に思えてきます。

 

董卓

 

しかし、董卓へは攻めない一方で黄巾賊へは勇んで出陣するという奇天烈な行動をとる劉岱。リーダー袁紹から家族を預けられていたことから、面倒見の良い武将だったのかもしれません。

 

それほど名の通った武将ではありませんが、共感するところも見受けられます。やはり、戦うよりお酒を飲んで、友と語らう方が気が楽です。

きっと年齢的にまだ死にたくないと思ったのでしょう。袁紹と公孫瓚との板挟みでは一度、誘いを断られた程昱にあえてアドバイスを求めています。リーダーシップという点では劣りますが、できるだけ長生きしようという点では評価できるでしょう。

 

市長のような存在である兗州刺史がいなくなったら、市民は困るからです。ただ、疑問点が一つあります。これまでずっと部下や軍師のアドバイスに耳を傾けていたのに黄巾賊の残党討伐では、かえって出陣してしまいました。

 

これが死につながるのですが、冷静に「籠城作戦」をとっていれば、劉岱はもう少し長生きできたかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢王朝の地図はどのように変化した?現代の中国地図とほぼ同じ?

関連記事:全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ!

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

関連記事

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ

    デザイン担当:よりぶりん

    71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

    甘寧(かんねい)が呉に投降してきたと聞いて…

  2. 牛に乗って登場する光武帝(劉秀)
  3. 親友に裏切られた曹操
  4. 奮闘する黄蓋
  5. 暴れる関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP