ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯覇が敵国に亡命できたのは劉禅と親戚だったから?

逃げる夏侯覇


司馬懿

 

()(220年~265年)嘉平元年(249年)に司馬懿(しばい)は政敵の曹爽(そうそう)を殺して政権を掌握しました。これに恐れをなしたのが、魏の将軍であり曹爽の一族である夏侯覇です。

 

夏侯淵

 

彼は魏の草創期の将軍である夏侯淵(かこうえん)を父に持っていました。しかし今回の司馬懿の政権掌握に恐れを抱きます。また、以前から仲が悪かった郭淮(かくわい)が自分の上司になることに耐えられなくなり亡命を決意。

 

逃げる夏侯覇

 

今回は正史『三国志』から夏侯覇の亡命について紹介します。

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
夏侯覇 劉禅
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介

関連記事:夏侯覇の生涯は充実していた!三国志演義での扱いが酷すぎるが史実は?

 


 

劉禅と親戚関係!?

法正に敗れる夏侯淵

 

夏侯覇はなんと蜀(221年~263年)へ亡命しました。これに関しては矛盾です。なぜなら蜀は夏侯覇の父の夏侯淵を殺した国だったからです。建安24年(219年)に漢中を守備していた夏侯淵劉備(りゅうび)から襲撃されて戦死しました。

 

法正と夏侯淵

 

夏侯覇はそれから父の敵である蜀を滅ぼすために従軍していました。それなのになぜ彼は蜀に亡命したのでしょうか?

 

魏から蜀に下る姜維

 

姜維(きょうい)を頼るため?

 

巫女に神頼みをする劉禅

 

いや、違います。実はこれには理由があるのです。蜀の第2代皇帝の劉禅(りゅうぜん)の妻は(ちょう)皇后と言います。

 

張飛の虎髭

 

父親は張飛(ちょうひ)です。母は誰かと言いますと、驚いたことに夏侯覇の従妹でした。正確な時期は不明ですが張飛は迷子になっていた幼い夏侯覇の従妹を拉致してきて、そのまま妻にしたのです。

 

張飛のヨメ

 

張飛のやったことは許されない犯罪ですね・・・・・・上記の話から夏侯覇は劉禅と親戚関係に該当します。夏侯覇が蜀を亡命先に選んだ理由は、小説『三国志演義』にあるように姜維(きょうい)を頼ったわけではなく、夏侯氏という血筋を頼ったのです。

 


 

言い訳する劉禅

劉禅

 

到着した夏侯覇は早速、劉禅と面会しました。夏侯覇に会った劉禅は、父の劉備がかつて夏侯淵を殺したことを知っていたので、なんて言っていいのか分からず言い訳しました。「夏侯淵さんは、戦場で討ち死にしたのです。僕のパパが殺したわけではありません・・・・・・」

 

夏侯覇

 

そんなどうでもいい言い訳は聞きたくねえよ、と夏侯覇も思ったでしょうね。だけど、劉禅としては気まずかったからその場を誤魔化すしかなかったのでしょう。さらに劉禅は自分の子供たちを夏侯覇に紹介すると、「この子たちはあなたの甥ですよ」と言いました。劉禅が頑張って夏侯氏との関係改善に努めています。やはり彼はただのボンクラではありません。


 

なぜ夏侯覇は特別待遇?

夏侯覇の妻は誰?

 

こうして迎え入れられた夏侯覇は手厚く爵位恩寵(しゃくいおんちょう)を賜りました。だが、功績を挙げたわけでもないのに、どうしてVIP待遇になっているのでしょうか?これは先ほどから述べているように、夏侯覇が劉禅と親戚関係・・・・・・つまり外戚(がいせき)に当たるからです。

 

自信のある夏侯覇

 

夏侯覇は魏でも蜀でも外戚、要するに二重外戚です。待遇が良かった理由はもう1つあります。それは夏侯覇が魏の機密情報を持っていたからでしょう。

 

かつて春秋戦国時代にも将軍が亡命することはあったのですが、特に亡命者で重宝されていたのが王族関係者、もしくはそれに近い人物です。彼らは国の機密情報を知っていますので、他国からしてみれば、ぜひとも来てほしかったですし、来れば待遇よく出迎えたそうです。春秋時代で代表的な亡命者は楚から呉に亡命した伍子胥(ごししょ)です。夏侯覇も蜀に何かの機密を渡したと推測しています。


  

 

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

夏侯覇はその後、魏との戦で活躍する機会に恵まれることもなく、いつの間にか亡くなっています。小説『三国志演義(さんごくしえんぎ)』では討ち死にのようですけど・・・・・・

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇を委縮させた夏侯という名のプレッシャー!「悪友姜維とつるんで何をたくらんでいるのやら(費禕)」

関連記事:なぜ夏侯覇は蜀に亡命したの?魏期待の星のナゾに迫る

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 曹休 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当な…
  2. 龐統 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる
  3. 郭嘉と荀彧ってなんで袁紹に仕えていたの?
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  5. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リ…
  6. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?
  7. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  8. 宦官 宦官はどんな生活をしていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 武田信玄と徳川家康
  2. kawauso
  3. 于禁を虐める曹丕
  4. 張繍
  5. 馬超の兜にフォーカス
  6. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  7. 岩瀬忠震
  8. 趙の旗

おすすめ記事

  1. 阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋?
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志 京劇の格好をした関羽
  3. 第15話:袁術くん「セルフコンパッション」を魯粛から学ぶ 袁術を励ます魯粛
  4. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  5. 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの? 邪馬台国と卑弥呼軍
  6. 司馬昭が晋王になれたのは賈充の2つの活躍のおかげ 王基に感謝する司馬昭

三國志雑学

  1. 曹操
  2. 献帝
  3. 邪馬台国と魏軍の兵士
  4. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 裴松之(歴史作家)
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. キングダム53巻
  4. キングダム
  5. 董卓
  6. 陸遜
  7. 魯粛

おすすめ記事

孫策の人生に一辺の悔い無し 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する 于禁を虐める曹丕 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは? Pocket Casts 引用 聴きだしたらもう止まらない。Pocket Castsに「ながら三国志」開始 篤姫 篤姫が日本で初めてミシンを使った?ミシンが日本に導入された経緯 項羽 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1 呪われている太史慈 太史慈の死因って何?戦死?それとも病死? 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介 前原一誠 前原一誠は超がつく真面目人間だった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP