キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

今川義元はどんな性格をしていたの?今川義元の生い立ちなどから考察

今川義元




今川義元

 

今回は今川義元(いまがわよしもと
)
の人物像に注目します。今川義元といえば軟弱な公家(くげ)のイメージが先行しているという印象です。実際に、大河ドラマなどでは今川義元は公家の格好をしていることが多いです。最初に、今川家と今川義元の生い立ちから話を進めます。

 

次に、公家のイメージが定着した要因について考えます。後半では、実際の今川義元の姿を紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「今川義元 性格」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:今川義元はなぜ桶狭間の戦いで織田信長に負けたのか?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

 

名門今川家とは?

 

大河ドラマなどで今川家は将軍家に次ぐ由緒ある家柄という言葉を耳にした読者がいると思います。では、今川家とはどのような家柄でしょうか。

 

今川家は南北朝時代から足利尊氏(あしかがたかうじ
)
が室町幕府を開くまでの間に将軍家に次ぐ地位になりました。今川家には肥前国の守護となり、九州探題を務めた今川貞世(いまがわさだよ
)
(了俊)がいます。今川義元の先祖は今川了俊とは兄弟の関係で、駿河国の今川家は分家に当たります。

 

 

今川義元の生い立ち

 

今川義元は1519年に駿河の戦国大名今川氏親の五男として生まれました。今川氏親は分国法『今川仮名目録(いまがわかなもくろく
)
』を制定した人物として知られています。今川義元は五男として生まれました。

 

織田信秀(おだのぶひで)は信長のお父さん

 

今川義元は出家していましたが、今川氏親の跡を継ぐことが決まると還俗します。出家していたときに軍学の師匠だった太原雪斎(たいげんせっさい)は今川義元の軍師として仕えました。甲斐の武田家と同盟を結び、三河・尾張に向けて勢力を伸ばそうとします。織田信秀との戦いに勝利すると、太原雪斎の交渉により松平元康(まつだいらもとやす)(後の徳川家康)を人質にすることに成功しました。

 

若き頃の織田信長に敗れる今川義元

 

1560年、京に上るために2万5千の大軍を率いて尾張国の戦国大名・織田信長を攻めます。今川義元の軍が3万に対して、織田信長の軍はわずか数千の兵士しかいませんでした。今川義元の圧勝と思われましたが、織田信長の奇襲により討ち取られました。

 

なぜ今川義元は公家のイメージが定着したのか?

鉄砲隊を率いる今川義元

 

今川義元は公家のイメージが定着しています。しかし、実際の今川義元の姿を紹介した番組では『その時歴史が動いた』などが挙げられます。しかし、ほとんどの歴史番組では実際の今川義元の姿を紹介していません。

 

今川家は将軍家に次ぐ地位であったことから朝廷とのパイプ役を担っていました。今川義元は朝廷と交渉するとき、お歯黒で公家の化粧をしていたと考えられます。公家の格好で朝廷と交渉していたときの記録が史料として残されていたことから公家のイメージが先行したのかもしれません。

 

実際の今川義元の姿とは?

寄親・寄子制を導入する今川義元

 

今川義元の父・今川氏親の代から組織化された領国経営をしていました。この体制を寄親・寄子制といいます。今川家の家臣に知行を与え、知行地に赴任した家臣を寄親とします。知行地にいる百姓を寄子といいます。寄親は寄子である百姓を保護するとともに寄親からの命令に対して寄子は素早く行動する指揮命令系統です。

 

今川義元は織田信長の父・織田信秀との戦いで寄親・寄子制による組織化された戦いで、織田信秀に対して優位に戦いを進めます。小豆坂の戦いでは鉄砲による集団戦法を実践しました。結果、今川義元は三河国まで勢力を伸ばし、松平元康を人質にすることに成功します。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は今川義元の人物像について考えました。今川義元といえば公家のイメージが先行しますが、その要因として朝廷と交渉するときに公家の格好をしていたことが分かりました。

 

実際の戦国大名としての今川義元の姿は近年の研究で明らかになっています。代表的な事例として、寄親・寄子制という組織や鉄砲による集団戦法を織田信長よりも先に実践していたことが挙げられます。

 

織田信長

 

小豆坂の戦いの戦いで今川義元に敗れた後、尾張国の大名となった若き織田信長(おだのぶなが)は今川義元を手本にしたことが研究で明らかになっています。江戸幕府を開いた徳川家康も今川義元の人質だった頃に今川義元の領国経営や太原雪斎から学んだ軍学が原点になっているのかもしれません。今後、今川義元の本当の姿に迫ってみたいと思います。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 武田二十四将(馬場信春)をメイン 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介
  2. 北条早雲の家臣は無名だけど有能揃いだった
  3. キレる織田信長 織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦…
  4. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最…
  5. 宇佐美定行 上杉謙信は暗号を使ってたから連戦連勝できた!開発者の宇佐美定行も…
  6. 明智光秀 麒麟がくる どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?
  7. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説
  8. 織田信長 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • ジーパン

    タイトルと内容が合っていません。[義元はどんな性格だった?]ではなく[義元の基本知識]が正しいです。
    それに氏親の跡を継ぐことが決まるとありますが、正確には氏輝を挟んでいるので誤解されないように補足してください。
    さらに仮名目録も寄親子制も知らないのは教科書に載っていなかった昭和世代だけと思われるので、新鮮味を出すのが目的ならば合わないでしょう。
    わかりよく漫画風にしたはいいですが、もう少しタイトルに寄せるか控えめなタイトルにして下さるとうれしかったです。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 郭嘉
  3. 張飛益徳参上
  4. 程普
  5. 責められる陸遜
  6. 水滸伝って何? 宋江

おすすめ記事

  1. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 織田信長
  2. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  3. 華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者? 南蛮
  4. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  5. 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。 織田信長
  6. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?

三國志雑学

  1. 皇帝に就任した曹丕
  2. 正妃 卞夫人
  3. 関羽と関索
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 胡亥
  2. 車に乗る諸葛亮
  3. 桓騎
  4. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  5. 顔良を討ち取る関羽
  6. 井伊直政

おすすめ記事

2017年はじめてのストライキ宣言文 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの? 周泰(しゅうたい) 徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介 司馬懿 もしも、曹爽が司馬懿に勝っていたら三国志はどうなった? 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250 はじめての三国志コミュニティ「メンテナンスのお知らせ」 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 袁紹軍は石弓兵が強い 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破 曹操 耳で聞いて覚える三国志 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP