キングダム最新608話ネタバレ予想vol5「王翦はどうして王国を創りたい?」


キングダム54巻amazon

 

漫画と史実のキャラクターの性格が全然異なるというのは珍しい事ではありません。

しかし、キングダムの王翦(おうせん)程、史実と漫画でキャラクターが乖離した人物も珍しいといえば珍しいのではないでしょうか?

史実の王翦は、先輩格の白起(はくき)が秦の昭襄王(しょうじょうおう)に死を賜った事から、極端に猜疑心(さいぎしん)の強い性格になり、秦王政の逆鱗(げきりん)に触れないように

立ち回り続けてついに天寿を全うする事が出来ました。

ところがキングダムの王翦はそれとは真逆に王位を狙う人物になっています。

どうして、こんな違いが生まれたのか?今回はそれを考えます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新ネタバレ608話予想vol4「赤大鶴陣の威力とは?」

関連記事:キングダム608話ネタバレ予想vol3「李牧が王翦の部下になる条件は?」

 


 

キングダム最新608話ネタバレ予想vol5「王翦変貌の理由」

 

では、キングダムの王翦は、史実と異なり王位を狙うようなキャラクター設定になってしまっているのでしょうか?

いつものようにkawausoが少ない脳みそを振り絞って考えてみました。

 

①史実に隙がありオリジナリティを加えやすい

②卑屈なキャラに戻しギャップを楽しむ

③悪役とする事で秦王政を善人化する

④主人公信が乗り越えるべき壁にしたいから

⑤トリックスターとしてキングダムを相対化

 

そうすると以上の5つの理由が思いつきました。

以下では、それぞれの理由について解説します。

 


 

キングダム最新608話ネタバレ予想vol5「史実に隙がありオリジナリティを加えやすい」

王翦

 

史実でも剣豪として知られる宮本武蔵(みやもとむさし)は、同時にその史実での記述が少ない人です。

それは、史学上では何とも書く事が出来ない人ですが、逆に小説では、

「何をしていたか分からない時は、何をやらせてもいい」と取るので逆に、作家のオリジナリティを加味して魅力的なキャラクターになったのです。

 

王翦も実は、同じであって、内容の濃い所と薄い所がまだらになっています。

例えば王翦の若い頃については、史記白起王翦列伝では、

 

頻陽(ひんよう)東郷の人である。若い時から兵法を好み、秦の始皇帝に仕えた

 

とあるだけで、出身地と兵法の勉強をしていた以外は謎です。

また、紀元前236年に鄴を攻め落とす手柄を立てているものの、その後、李牧との直接対決がある紀元前229年までの7年間は、

どこで何をしていたのか全く分かりません。

 

小説の手法で行けば、この空白の7年間は王翦に何をさせてもいいのです。

「それをしなかった証拠はない」わけですからね。

逆に、229年から先は、紀元前222年まで、ほぼ毎年戦いに出ています。

これを考えると、紀元前236年から紀元前229年までの間に秦王政と水面下のバトルがあり、

結果、王翦は屈伏したというシナリオも描けない事はないわけです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム最新608話ネタバレ予想vol5「卑屈なキャラに戻しギャップを楽しむ」

 

前述の「史実に隙がありオリジナリティが加えやすい」と少しかぶるのですが、

史実の王翦の卑屈さがMaxで登場するのは、紀元前224年です。

この前年に、(しん)蒙恬(もうてん)()に攻めこんで楚の項燕(こうえん)に大敗し逆に函谷関(かんこくかん)まで楚軍が押しまくるという展開になるわけですが、

ここで、王翦は秦王政に何度も出陣を頼まれて「もう老いぼれなので」と秦王政の要請を断る上から目線でリスキーな事をします。

しかし、最終的には折れて、出陣今度は逆に恩賞を気にする小物ぶりをPRするわけです。

漫画のままのキャラなら、秦王政に60万の大軍を預けられた途端に、逆に咸陽を落として自分が王になった上で、

悠々と項燕と対峙するシナリオを描けたのに、そうはしないという事になります。

どうして、強気な王翦が卑屈になるのか?ここを描くのにキングダムは相当な人間ドラマを仕掛けてくるでしょう。


  

 

 

キングダム最新608話ネタバレ予想vol5「悪役とする事で政を善人化する」

嬴政(始皇帝)

 

王翦の仕事は、結構な汚れ仕事が多いです。

紀元前229年の李牧の誅殺にしても、秦の手により佞臣(ねいしん)郭開(かくかい)が李牧を讒言(ざんげん)した可能性が高いです。

王翦の手によると書いているわけではありませんが、知らなかったとは思えません。

また、もし、秦の朝廷が画策した事にすると、秦王政のイメージが傷つく事からここは王翦に汚れを押し付けるのが一番いいでしょう。

 

かつて、俺と共に王国を創らないかとスカウトした相手を謀略で滅ぼす、さすがは腹黒い男、王翦と読者を納得させられるでしょう。

王翦が暗躍する事で、秦王政の悪行ポイントを減らす事が出来るのです。

 

キングダム最新608話ネタバレ予想vol5「主人公乗り越えるべき壁にする」

 

キングダムは、秦王政と信と飛信隊のメンバーの成長物語です。

主人公を成功させる為には、壁が必要で、最近までの信の壁は龐煖(ほうけん)桓騎(かんき)でした。

信は龐煖から本当の強さとは何かを学び、桓騎から大義のある戦いとただの蹂躙(じゅうりん)の違いを学びました。

しかし、間もなく龐煖は歴史から退場しますし、桓騎は李牧に敗れます。

つまり、壁が二枚同時に消えるので、新しい壁が必要です。それが王翦になるという事ではないでしょうか?

これは、秦王政にとっても、呂不韋以来の壁であり、王翦が口にする「強く新しい国」が秦王政が目指す国の理想とは違うのは明白です。

王翦は、信と政の二人の壁となるべく、史実とはだいぶ違うキャラクター設定になっているのではないかと思うのです。

 

キングダム最新608話ネタバレ予想vol5「トリックスターとしてキングダムを相対化」

袁術

 

漫画には、適当に茶々を入れて、ストーリーを相対化するキャラトリックスターがいた方が物語に深みを与える事が出来ます。

例えば、ドラゴンボールに登場したヤジロベーなどはそうでしょう。

ヤジロベーはピッコロ大魔王の産み出したシンバルを斬殺する程の力があるのに強くなりたいとか、世界を救うとか、そういう考えはなくて

ただ、自分の生きたいように生きているキャラです。

 

ともすればキングダムは、中華統一へ天下の大将軍へという一色に塗りつぶされてしまいがちですが、

その中で「俺は自分の王国を創る、お前達の中華統一にも六国にも興味はない」

このような視点を持って、暗躍する王翦のようなトリックスターがいた方が

読者は複数の視点を持つ事が出来て、漫画に深みが生まれるのです。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

今回は、どうして王翦は王国を創りたがっているのかを考えました。

およそ、5つの要素をkawausoは見出したわけですが、

読者の皆さんは、どうして王翦の性格が史実と漫画では大きく違うのだと思いますか?

参考文献:史記白起王翦列伝(しきはくきおうせんれつでん)

 

※はじめての三国志では、コメント欄を読者の皆様に開放しています。

キングダムの事について、一言言いたい、あーでもないこーでもないと、盛り上がりたい方は、コメントを頂けると嬉しいです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新608話ネタバレ予想vol2「王翦に独立国は絶対無理?」

関連記事:キングダム608話ネタバレ予想「王翦が李牧と手を組まない5つの理由」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. お風呂に入る曹操
  2. kawauso編集長
  3. kawausoさんのキングダムがキター!
  4. 嬴政(始皇帝)
  5. 洛陽城

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • スリーキングダム好き
    • 2019年 7月 24日

    いつも面白く読ませていただいてます。
    オウセンさんのスカウト好き、王国を一緒に作ろう提案は・・・
    オウキが結局は忠義者だったのと同じ理由ではと考察してます。
    叛心持ちであることを宣伝しておけば、秦に対する反逆者が心を開くかも。逆に忠臣でとおってれば、王に悪意を持つ者の情報は全く来ない。総合的に情報が多く集まるって合理的理由作戦・・・みたいな。
    その上で、王がアホなら手助けする気もなし。自分を殺そうとするなら、「バカ王め、これで中華は取れなくなる」と達観して距離を取れるのではと。

    李牧に関しては、カマかけて、策略のネタ取りたかったのかな~と。李牧が熱くなって「今の王は愚王だけど、太子が優秀だから、代が替われば趙はよみがえる」って発言を引き出して、郭開さん経由でアフ王に告げ口すれば・・・器の小さいアフ王は、太子を廃していちばん愚かな子に家督を継がせるかもだし。なんて思ってます。

      • kawauso編集長
      • 2019年 7月 25日

      スリーキングダム好きさん

      なるほど、あえて野心があるように見せかけて、
      秦王政に反感を持つ勢力が近づきやすくする事で
      情報収集をしやすくする意図かも知れませんね。
      大体の将軍は、秦王政への忠誠を隠さないでしょうから
      あえて逆をいく事で、忠臣が収集できない情報も取るという事ですか
      これは今後、明らかにされる裏設定かも知れませんね。

    • キングダムすこ
    • 2019年 7月 22日

    面白かったです。

    また読ませていただきます。

      • kawauso編集長
      • 2019年 7月 22日

      キングダムすこさん

      どうも有難う御座います。

        • アメパンひろし
        • 2019年 7月 23日

        僕は王翦がラスボスになる気がします。
        王翦と項燕は裏で繋がっていて、信をはめます。まんまと60万の大軍を得た王翦は項燕と合流し秦に攻め入って来るのです。さらにそこに昌平君も加わり、壮絶なラストバトルになるんじゃないかなぁと勝手に妄想してます。

          • 匿名
          • 2019年 7月 25日

          昌平君が秦を抜けるのは確実なので王翦も絡めるだろうな

      • 三本足カラス
      • 2019年 7月 22日

      ドーモ、いつも面白い考察お疲れ様&有難うごさいます。
      どれを採用しても、キングダムを面白くできるいい素材ですね。

      ふと思い付いたのですが、王翦が一端隠居~楚攻略で再起用されるとこで、隠居の理由に独立未遂事件を起こしたことへの責任という形にしたら王翦の王様願望にも決着するし、政と信の壁にもなり、王翦を征伐し増長した信の大失敗にも繋がるかもと思ったです

        • kawauso編集長
        • 2019年 7月 22日

        三本足カラスさん

        王翦が独立しようとする
        信がこれを未然に阻止
        秦王政の温情で王翦許される
        信、王翦を倒した事で増長
        秦王政、信と蒙恬に楚征伐を命じる
        信&蒙恬、項燕にボコボコ
        秦王政、王翦に単身で頭を下げる
        王翦秦王政の器に感動して再登板
        函谷関で項燕を撃退・勢いで楚を撃破
        信&蒙恬、処刑覚悟で秦王政の前へ
        秦王政が二人を赦す
        政好感度アップ
        信が初心に戻る
        こんな感じになるかも知れませんね。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP