キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓が幼き皇帝を救った!そのとき宮廷にいた何進は何をしていたの?

盧植と何進


何進

 

後漢の皇帝とつながりがあった何進(かしん)

 

董卓

 

そして、地方武将の董卓(とうたく)。ここから中国は戦乱の三国時代へと突入します。悪名高い董卓ですが、実は後漢時代の朝廷よりもずっと頼りになる存在だったのです。三国志演義を元に董卓の活躍と何進の優柔不断さを見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「董卓 何進
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝

関連記事:宦官手術の死亡率が気になる!宦官になれる手術方法とは?

 


 

朝廷では宦官勢力が跋扈

宦官たち 

 

董卓が地方で勢力を拡大している頃、宮廷では宦官勢力がのさばり後漢の皇帝でさえコントロールできないほどでした。そこで時の大将軍・何進や司隷校尉・袁紹(えんしょう)宦官(かんがん)排除へと乗り出します。しかし、難題が持ち上がったのです。

 

何皇后(毒蛇) 何進

 

内輪だと思っていた何太后(かたいこう)が宦官排除に反対。理由は宦官から賄賂を受け取っていたから…。宦官勢力が弱まれば、今の贅沢な暮らしが一変すると考えたのでしょう。

 


 

董卓軍を都のそばに

何進

 

困り果てた何進は力のある武将を呼び寄せ、武力で宦官勢力を排除しようと企てます。そこで白羽の矢が立ったのが甘粛省生まれの董卓だったのです。董卓は兵を率いて都へと進軍を開始。着々とクーデターの準備が整います。


 

皇帝・劉弁を救う

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

西暦189年8月28日。董卓は洛陽(らくよう)のそばまで来ると上空に煙が立ち上っているのを目にして、事の重大さに気付きます。部下に命令を下し、急ぎ進軍。明け方に「顕陽苑」に到着し、皇帝・劉弁(りゅうべん)献帝(けんてい))が誘拐されたと知らされます。どうやら、中常侍の張譲(ちょうじょう
)
たちが北芒山へ連れていったとのことです。

 

後継者争い 劉協と劉弁

 

さっそく董卓軍は北芒山へ移動を開始。北芒山の麓へと到着すると劉弁は恐ろしさのあまり董卓軍を見るやいなや泣きわめいてしまいます。董卓はやっとの思いで皇帝・劉弁を迎え、都へと戻るのでした。ほどなく長安(現在の西安)に着いた董卓は、右往左往する部隊を見て一言。

 

「俺は寝る間も惜しんで300里も駆けてきたのに何を怖がっているんだ。

俺が今さらお前の頭をかち割るとでも考えているのか!」

 

さらに大臣たちに向かって「国家の大臣がそろっていながら王室はボロボロ、国は崩壊寸前で陛下は誘拐される。そんなときに兵を引けと言うのか!」

 

やがて、董卓は部隊を率いて入城。まず、劉弁にあいさつし閔貢の腕の中にいた陳留王・劉協に手を伸ばしますが、劉協は嫌がります。やむなく董卓はそのまま閔貢と馬に乗って一緒に入城しました。

 

そこで董卓は今回のクーデターについて二人に尋ねたところ劉弁は一言も話さなかったのに対し、劉協は口を開き、丁寧に語ります。

 

董卓は知っていたのです。劉協は董太后に育てられ、同じ「董」の姓を持つ同族ということを。内心、喜んだ董卓は劉協が皇帝になってくれたらと期待を寄せます。


  

 

何進の最期は?

宦官を一掃することを決意する何進

 

宦官を退治しようと董卓を呼び寄せた何進。実は袁紹と意見が対立します。捕らえた小黄門(宦官勢力)を処刑するに当たって、彼らに命乞いをされ、二の足を踏んでしまうのです。

 

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

一方の袁紹は今こそ決断のときとばかりに処刑を勧めます。おろおろしているうちに中黄門(宦官勢力)が何進を退治、尚書に告げます。

 

「何進は謀反を起こし、処刑されました」

 

袁紹をこの機に乗じて都へと進軍を開始。宦官勢力をみな成敗し、董卓が到着する前に都入りを果たします。ほどなく皇帝・劉弁は退位させられ、劉協が皇帝に。何皇太后は殺害され、その母親の「舞陽君」も亡き者にされます。

 

こうして「何一族」は滅亡し、朝廷から外戚勢力は一掃。三国時代へと突入するのです。

 

三国志ライター 上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

俯瞰してみると後漢は外戚勢力と宦官の争いによって衰退し、地方豪族の董卓や大臣だった袁紹、曹操(そうそう)らが台頭します。朝廷が形だけの存在となり、智謀知略と力のあるものたちが世を支配していくのです。

 

三国時代の特徴は力だけでは生き抜けなかった点にあります。時の権力者との均衡を計りつつ、自らの勢力を拡大する必要があったのです。結局は後漢の朝廷と宦官はつぶし合い、董卓が牛耳を執った形となります。

 

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

しかし、その董卓も司徒王允(おういん)の策によって唆された呂布に命を取られてしまうのです。

時に西暦192年5月22日のことでした。

 

参考書籍:「三国演義(中国語版)」羅貫中/長江文芸出版社

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宦官とはどんな人たち?朝廷を牛耳った宦官の役割を紹介

関連記事:【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 徐晃と許チョと曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  2. 徐晃と許チョと曹操 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?
  3. 赤鎧を身に着けた曹操 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違…
  4. 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ!
  5. 徐庶 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  6. 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝) 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!?
  7. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!
  8. 魯粛 魯粛の性格とは?赤壁の戦いを仕掛けた呉の外務大臣

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  2. 絶世美女 貂蝉
  3. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  4. 黒田官兵衛
  5. 大政奉還した徳川慶喜
  6. 張翼
  7. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  8. 陸遜
  9. 近藤勇 新選組

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに曹丕・袁紹を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 「龐統と法正」蜀の最強軍師を決めてみた!? 法正
  3. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの? 兵士 朝まで三国志
  4. 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学 袁術
  5. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人 馬超の仲間入り
  6. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの? 祁山、街亭

三國志雑学

  1. 劉備と孫権
  2. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桃園の誓012
  2. 周瑜 美男子
  3. 司馬懿を欲しがってた曹操
  4. 李カク、献帝
  5. 嬴政(始皇帝)
  6. シリア 関羽

おすすめ記事

周泰(しゅうたい) 徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介 三国志 まとめ 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP