知力を磨いて大出世!呂蒙は魯粛よりも孫権から評価されていた!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

勉強する呂蒙

 

「呉下の阿蒙に非ず」という言葉から分かるように、知力を磨いて呉に欠かせない武将に成長した呂蒙(りょもう)

この言葉は魯粛(ろしゅく)との議論で言われた言葉とされていますが、魯粛と呂蒙、孫権(そんけん)はどちらを評価していたか皆さんは知っていますか?

今回は孫権の魯粛と呂蒙の評価について、二人の蜀への対応策を考えながら説明していきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「呂蒙 知力」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙

関連記事:魯粛、アホの呂蒙の成長ぶりに驚いた理由とは?【呉下の阿蒙】


呂蒙への孫権の評価

呂蒙を慰める孫権

 

実は孫権は、魯粛と呂蒙では呂蒙の方を評価していました。

それは陸遜(りくそん)との会話の中に表れています。

 

陸遜と孫権

 

孫権は陸遜との会話の中で「呂蒙は言論の渙発さでは周瑜に及ばずとも、これに次ぐ者と言える。関羽(かんう)を捕らえた事においては魯粛に勝る」という評価をしているのです。これは魯粛の死後の会話ですが、少なくとも荊州対策に関して孫権は魯粛よりも呂蒙の采配を評価していたように取れますね。

 

呉の孫権は皇帝

 

つまり荊州対策に関して孫権は魯粛よりも呂蒙を評価していたということになりますが、どうしてこうなったのか?この二人の評価の分かれ目を探っていきましょう。


魯粛の対劉備戦線とその後を継いだ呂蒙

曹操を殴る孫権

 

赤壁の戦いで呉と劉備の共同戦線で曹操(そうそう)を破ると、劉備は荊州の督の役職を孫権に求めました。これには周瑜たちが反対しましたが、魯粛は曹操に対抗するためには劉備に力を与えておくべきと考え、孫権は最終的に魯粛の考えを受け入れて劉備に荊州を貸すことにしました。

 

魯粛、周瑜、劉備

 

このことから魯粛は曹操の対抗策として、言い方は悪いですが劉備を利用するつもりである程度の力を付けさせます。

 

劉備と孫権

 

しかし皆さんご存知の通り、劉備は荊州を孫権に返さず、劉備に荊州を任された関羽との呉の軋轢が始まっていきます。そして魯粛の死後、後を継いだ呂蒙は対関羽戦線を打ち立てていくのです。


魯粛は決して劉備の信望者ではない

魯粛

 

ここで誤解して欲しくないのが、魯粛は劉備の信望者ではないということ。

 

劉備、孫権、魯粛

 

魯粛は劉備に力を与えさせるように取り計らうことから、そしてそれが結果的に呉の悩みの種に成長してしまうことから「魯粛は劉備の信望者で呉の利益よりも劉備に力をつけることを優先している」と誤解している人がたまにいますが、それは間違いです。魯粛はあくまで劉備に力を付けさせ、利用することが目的です。

 

魯粛

 

その説明になるのが「呉下の阿蒙に非ず」のシーン。このシーンは魯粛が呂蒙に意見を求め、お互いに議論するシーンですが、この議論内容は荊州奪還に関するもの、関羽対策を話し合っているのです。

 

また荊州返還であることを求める「単刀赴会(たんとうふかい)」では「お互いの兵馬を百歩離れた場所に待機させて」「関羽、魯粛の双方とも太刀をもっていた」とあるように、関羽も魯粛も戦争不可避の気概で望んでいます。

 

これらから分かるように、魯粛もしっかりと関羽に、そして劉備に対する対策を戦争覚悟で考えています。なので魯粛は決して劉備の利益だけを考えている訳ではないのですね。


魯粛と呂蒙、孫権の評価の分かれ目はどこ?

魯粛

 

では魯粛と呂蒙、孫権の評価が分かれているのはどこからか?

と言えば、やはり荊州対策からではないかと筆者は考えます。

 

魯粛のあくまで利用するために劉備に力を付けさせた、そのやり方は実際には孫権には理解されていなかったのではないかと思います。

 

「不満はあるが魯粛が言うなら……と荊州を渡したらあれよあれよと力を付けるわ、返還しないわ、やりたい放題じゃないか!」という不満が魯粛の死後噴出して、それを対応してくれたのが後を継いだ呂蒙、という公式ができあがったのです。

 

衝立の向こうから周瑜と話をしている孔明と魯粛に悪態をつく小喬

 

これだけ見ると魯粛は結果的に呉に不利益をもたらしましたし、呂蒙はその不利益の最たる関羽を討伐してくれた訳ですからね。これが孫権の二人に対する最終的な評価に表れた訳で、魯粛がもっと長く生きて関羽対策までしっかりやり遂げられればまた違ったと思います。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は呂蒙、そして魯粛に関する孫権の評価に注目してみました。

 

色々と述べましたが、筆者は魯粛はもっと評価されても良い武将の一人と思っています。ただし魯粛の策はあくまで先を見据え過ぎていた、そしてその先にまで魯粛が生きていなかった寿命の問題、何よりも三国志演義でどうにも関羽にやり込められてしまう引きたて役のような扱いからまだまだ魯粛の評価は低いように思えます。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

あの劉備さえも利用しようと考えた、また関羽と戦う覚悟を持っていた魯粛の豪胆さをもっと色々な人に知って欲しいですね。

 

参考文献:

呉書 周瑜伝 魯粛伝

呂蒙 wikipedia

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった?

関連記事:これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

関連記事

  1. 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪
  2. 蔣琬(しょうえん)
  3. 馬良って何した人だっけ
  4. 陸遜
  5. 姜維と孔明
  6. 郭嘉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP