ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の病死について考察

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明

 

三国志を知っている方なら絶対に一度は聞いた事のある蜀の丞相諸葛亮(しょかつりょう)

また三国志を知らない方でも一度は彼の名前を聞いたことがあるかと思います。

 

孔明と劉備、関羽、張飛

 

そんな諸葛亮ですが、どのようにして亡くなったのでしょうか。

今回は諸葛亮の最後についてお話ししていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「諸葛亮 病死」
孔明 死因」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:北伐で諸葛亮と敵対?昔のクラスメイト孟建と戦うことになった奇妙な関係性

関連記事:魏延が街亭を守っていれば北伐戦は成功したかも!


蜀の丞相の最後

北伐する孔明

 

諸葛亮は魏を討伐するため、五回目の北伐作戦を決行。

この時諸葛亮は今まで失敗してきた北伐戦の欠点を改善するため、五丈原に陣取って屯田しながら食料を生産し、長期戦に備えます。

 

孔明と司馬懿

 

蜀軍を迎撃するため出陣した司馬懿(しばい)は諸葛亮率いる蜀軍と戦う事をしないで、陣営を固めて防御に専念。

こうして蜀軍と魏軍は互いににらみ合いながら、対陣を続けていくことになります。

 

過労死する諸葛孔明

 

そんな蜀の陣営に異変が発生します。諸葛亮が亡くなってしまったのです。享年54歳。蜀軍は諸葛亮が亡くなったため、陣を放棄して撤退していきます。

 

孔明と司馬懿

 

その後魏軍は蜀軍を追撃しますが、途中で蜀軍が魏軍へ決戦を挑む態勢を示して、追撃を断念し撤退。


どうして孔明は亡くなったの??

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

上記で諸葛亮の最後の様子を紹介しました。

ですが、諸葛亮はどうして亡くなったのでしょうか。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

正史三国志蜀書・諸葛亮伝に記載されている「魏書」によれば、諸葛亮は憂いと怒りのために血を吐いて、撤退している途中で病を発して亡くなったと記載されています。ここから推測すると血を吐くまでは元気であったのに、血を吐いた事が原因で病にかかったと考えられますが、果たして本当なのでしょうか。


吐血を起こした原因について考える

孔明

 

まず諸葛亮が吐血した原因の一つ「怒り」については司馬懿が陣営から出陣してこなかったことが考えられます。ですが、これは諸葛亮もあらかじめ予想していた事であり、そのためにわざわざ陣中で屯田を行っていたはずです。

 

皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞

 

ですので、諸葛亮が他に何かに怒るような状況が発生したと思いたいですが、蜀の益州や皇帝劉禅(りゅうぜん)の近くで、何かが発生したとは記載されていません。そのため諸葛亮が怒るような原因が突発的に起こったと考えるのは難しいと思います。

 

仲の悪い魏延と楊儀

 

二つ目の「憂い」について予測することができます。それは人事の調整についてです。諸葛亮は軍のトップである魏延(ぎえん)と事務を担当していた楊儀(ようぎ
)
が対立して、ことあるごとに喧嘩をしている状況に頭を悩ましていたそうです。

 

楊儀と魏延

 

この人事調整には彼ら二人の間を取り持っていた費禕が居た為、諸葛亮がそこまで頭を悩ませるような状況になっていなかったと思います。ですが、諸葛亮は蜀の丞相であったため、五丈原で対峙している魏軍との戦い以外にも、外交などにも目を向けなくてはならない為、憂いがあったのかもしれません。

 

孔明を持ち上げる魏延

 

だが、当時呉と蜀の同盟関係に大きな問題はありません。

そのため本当に諸葛亮が「憂い」を抱いていたのか疑問に思ってしまいます。


では諸葛亮の死因はいったい何なの??

孔明 悲しい表情

 

正史三国志蜀書・諸葛亮伝の魏書が記載しているように諸葛亮が吐血して亡くなったと考えるのは難しいと思います。ですが、諸葛亮が病を得ていた事は真実だと思います。諸葛亮はいつ頃から病を得ていたのでしょうか。

 

孔明 vs 司馬懿

 

その証左として諸葛亮の使者が司馬懿の陣営へ使者を派遣した際、司馬懿が諸葛亮の対陣中の生活について尋ねています。司馬懿は諸葛亮の使者へ「諸葛公の仕事は忙しいかい。また食事はいつもどれくらい食べているのかな」と質問。

 

すると使者は「諸葛亮様は朝早く起きて夜遅くに寝ます。仕事に関しては鞭打ち20以上の罰はすべてご自身で決済して、食事については二~三合ほど召し上がっています。」と回答。司馬懿はフムフムと頷いた後、使者をもてなして帰した後、諸将へ「諸葛亮はもうすぐ死ぬであろう」と予想。

 

流星を見た司馬懿

 

司馬懿の予想は見事的中し、諸葛亮が数日後に亡くなってしまいます。この司馬懿と使者のやり取りに諸葛亮の死因が隠されていると考えられます。

諸葛亮の死因は過労死だと思います。

 

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

諸葛亮の唯一の欠点は、何事も全部自分で行わないと済まない性格でした。そのため諸葛亮は鞭打ち20以上の小さい罪や兵糧や金銭管理の出納帳を確認したりと部下に任せればいい仕事まで、全部自分でチェックをしていたそうです。

 

孔明

 

このように細かい所まで目を向けていた諸葛亮に疲労が蓄積し、五丈原で戦う前から病の兆候があったにもかかわらず、無理を押して北伐してしまった事が、彼の死因だと考えます。あくまでこれはレンの推論であるため、断定的な事は言えませんのでご了承ください。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

正史三国志に記載されている彼の病死の原因では納得できない部分が多くあるので、レンの推測を交えてお話しました。

皆さんは諸葛亮の死因についてどのように思いますか。

 

■参考文献 岩波新書 諸葛孔明 三国志の英雄たちなど

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

関連記事:魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  2. 郭嘉の本 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】
  3. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  4. 夏侯惇 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!!
  5. 不合格になる張角 太平道の張角とはどんな人?正体は後漢末期のカウンセラーだった?
  6. 韓綜 韓綜ってどんな人?孫権がブチギレた韓当の放蕩息子の生涯
  7. 田豊 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…
  8. 孔明のテントがある野外のシーン 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 匿名

    中国の「士は己を知る者の為に死す」という言葉と、日本の過労死の加害者=会社(社長)という常識を考えると、諸葛亮を死に追いやったのは劉備ということに❗
    というのさすがに無理があるか…。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夏侯惇
  2. 魏と国号を決める曹丕
  3. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  4. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  5. キングダム53巻
  6. オオクニヌシ(日本神話)
  7. 曹操
  8. 陳平

おすすめ記事

  1. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!
  2. 太平道とはどんな宗教なの?なんで人々に支持されたの? 茶を飲む張角(太平道)
  3. 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 本多忠勝と島津義弘のどちらが強い?最強武将対決 薩摩藩の島津義弘
  5. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる 孫策 頬
  6. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 魯粛

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の黄忠
  2. 京劇コスチューム趙雲
  3. 呉の孫権
  4. 孔子と儒教


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔子
  2. 関羽が好きすぎる曹操
  3. スピリチュアルにハマる光武帝
  4. 嫉妬している明智光秀
  5. 鄧禹と光武帝
  6. 武田騎馬軍団 馬場信春

おすすめ記事

旅 バイク 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図 李元昊 李元昊とはどんな人?西夏の初代皇帝にして同王朝随一の名君を紹介 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の父は息子に何を残したの?? 火縄銃を気に入る織田信長 織田信長は南蛮貿易からいろんなものを仕入れていた!? 龐統 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 趙匡胤は北宋の初代皇帝 趙匡胤ってどんな人?豊臣秀吉のように民衆に愛された皇帝 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム? 枝豆と煮豆 曹丕と曹植 曹丕も感動した煮豆の詩とはどんな詩?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP