ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹丕は七歩詩をどうして曹植へ歌わせたの?

後継者争いをしている曹丕と曹植


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

皇帝に就任した曹丕

 

魏の初代皇帝・曹丕(そうひ)。彼は曹操(そうそう)の跡を継いで皇帝の位に就任することになりますが、曹植(そうしょく)と激しい後継者争いに勝利し、曹操の跡を継ぐことになります。

 

曹丕と曹植

 

曹丕曹操の跡を継ぐと自分の後継者争いのライバルであった曹植へ七歩の間に詩を作れとかなり難しい要求を突きつけています。どうして曹丕はこのような要求を曹植へしたのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「曹丕 七歩詩」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕は肉親すら粛清した冷血漢?曹丕の性格を考察してみる

関連記事:曹丕は肉親すら粛清した冷血漢?曹丕の性格を考察してみる


曹操の後継者へ

曹植と曹丕に期待する曹操

 

曹丕は曹操の三男として誕生しますが、曹操からあまり可愛がられなかったようです。ですが、曹操の息子であったことから、副丞相の位を授けられることになります。

 

曹植

 

曹操は三男の曹丕ではなく誰を可愛がっていたのでしょうか。それは彼の弟で文才の才能に秀でた曹植を可愛がっていました。曹操は副丞相の位を曹丕へ与えても、曹植が可愛かったため、自分の跡継ぎを決めませんでした。

 

曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩

 

そのため曹丕の側近と曹植の側近は自分たちの君主を曹操の後継者とするべく、熾烈な後継者争いが勃発。曹操の後継者争いは曹植が酒で失敗を重ねた事が契機となり、曹丕が曹操の後継者に任命された事で、終結を迎えることになります。

 

死期を悟る曹操

 

こうして曹丕は曹操が亡くなると彼の跡を継いで、魏王の位へ就任することになります。


七歩の内に詩を作れ!!

曹植は軟弱ではなかった

 

曹丕は側近であった司馬懿(しばい)陳羣(ちんぐん
)
朱鑠(しゅしゃく)呉質(ごしつ)の四友や自分を支持してくれた人々へ褒美を与えて、報いることにします。ですが、ライバルであった曹植に対しては厳しい態度で臨みます。

 

枝豆と煮豆 曹丕と曹植

 

曹植は兄・曹丕の無理難題を受けても驚くことなく、七歩の内に見事な詩を「豆の詩」作り上げ、披露します。曹丕は曹植が作り上げた「豆の歌」を聞いて深く恥じ入って、彼を殺害するのを止めることにします。

 

曹植

 

こうして曹植は自らの文才によって自分の命を救うことに成功するのでした。ついでにこの「豆の歌」は「世説新語」と呼ばれる書物に記載されています。


国替え国替えの連続

酒におぼれてしまった曹植

 

曹植は曹丕から領地と侯の位を与えられますが、一つの領地に留まれず、転々と移封されることになります。曹植の処遇は彼が亡くなるまで継続して行われることになります。


何度も上奏するが取り上げられない

曹植は軟弱ではなかった

 

曹植は曹丕が君主として君臨していた時代、自分の能力を国政に参与する事で試したいと考え、曹丕へ何度も上奏して自分を用いてほしいと懇願します。ですが、曹丕は曹植の上奏を取り上げず、曹植を用いることをしませんでした。

 

曹叡

 

曹植は一度の上奏で諦めず何度も曹丕へ上奏をしますが、結局取り上げられませんでした。曹植は曹丕の死後、魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)から召集を受けて参内する機会を得ます。

 

曹叡から可愛がられる孫資

 

曹植は曹叡と一対一で時勢や国政に関する議論をしたいと熱望。だが曹植の熱望は曹叡に届かず、一対一で国政を議論することができず、領地へ帰国することになります。曹植は自分の熱望が曹叡に届かなかった事でショックを受けてしまい、病にかかってしまいます。その後曹植は病をいやすことが敵わず、亡くなってしまうのでした。享年41歳。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は曹植の七歩の詩と彼のその後を紹介しました。曹植が作った七歩の詩ですが、彼の真作ではないとの説が多数を占めているそうです。そのため本当に曹植が曹丕から命令を受けて「七歩の内に詩を作れ」と命令を受けたのかどうか分かりません。

 

曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后

 

レンの勝手な憶測としては曹丕が自分の母親である卞氏が生きている間に曹植へ「七歩の内に詩を作らなければ、死刑にするぞ」などと無理難題を吹っ掛けるような事をしないのではないかと思います。ですが、あくまで憶測で証左もない為、断定的な事が言えませんが、皆様は曹丕が弟にそこまで厳しい要求をすると思いますか。

 

■参考文献 三国志武将辞典 新紀元社など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉質とはどんな人?建安七子に関わった文学者の一人でもあり曹丕の友人

関連記事:もしも曹丕が早死にしなかったら?イフ設定で三国時代がどう変わるかを考えてみた

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬懿を欲しがってた曹操 【衝撃】司馬氏の悲願は周王朝の復活?魏が大嫌いな司馬兄弟
  2. 周倉 三国志演義の架空キャラを並べてみたよ!
  3. 劉備の黒歴史 劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真…
  4. 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  5. 君主論 董卓 董卓の武勇はすごかった!短命とはいえトップに上り詰めた男の手腕を…
  6. 魏から蜀に下る姜維 夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介
  7. 陳宮 陳宮は何故曹操を裏切ったのか?
  8. 病気がちな孔明 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム 始皇帝
  2. 典韋
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. kawausoさん
  5. 廃仏毀釈

おすすめ記事

  1. 曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ
  2. 【告知】はじめての三国志が本格三国志巨編に挑むよ! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  5. 諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介 親バカな諸葛孔明
  6. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その6「変遷」 三国夢幻演義バナー 龍の少年

三國志雑学

  1. 承諾する曹操
  2. 邪馬台国と魏軍の兵士
  3. 徐晃と許チョ


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 曹操と郭嘉
  3. 曹丕
  4. 貂蝉を奪い合う曹操と関羽
  5. 若い頃の曹操について語る袁準

おすすめ記事

桓騎 キングダム 533話 ネタバレ予想:桓騎が単独で鄴を落とす? 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!? 初心者でもよくわかる『はじめての銀河英雄伝説』再アニメ化情報解禁記念! 始皇帝(キングダム) 中国人のオシャレアイテム冠の歴史を語ろう 張遼・楽進・李典 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!? 孔明 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ! 孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志? 韓玄(かんげん) 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP