ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呂蒙、名将になるための3ステップを公開

勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呂蒙

 

呂蒙(りょもう)は呉(222年~280年)の将軍です。呉の建国前に亡くなっているので、正確には後漢(25年~220年)末期の将軍が正しいと思います。

 

魯粛、孫権、孔明

 

建安22年(217年)に呉の全軍の責任者である魯粛(ろしゅく)が亡くなり、彼の後任になる予定であった厳畯(げんしゅん)が辞退したので、呂蒙に白羽の矢が立つことになりました。今回は正史『三国志』における呂蒙の名将になるための3ステップについてを解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「呂蒙 名将」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙

関連記事:魯粛、アホの呂蒙の成長ぶりに驚いた理由とは?【呉下の阿蒙】


ステップ1 思春期 呂蒙少年

呂蒙

 

呂蒙は若い時はお姉さんの夫の鄧当(とうとう)の世話になっていました。呂蒙の父親の名前が史料に出ないので、彼が幼い時に亡くなっていたと推測されます。

 

呉の勢力を率いる孫策

 

鄧当は孫策(そんさく)配下の武将であり、仕事は異民族である山越討伐でした。山越は呉の統治を悩ませている異民族であり孫権の代になっても手を焼かされます。

 

15、6歳の時に呂蒙は鄧当がいつも通り山越討伐に出かけるのを見て、こっそりと後ろからついていきます。しばらくして鄧当が振り返ると、なぜか家にいるはずの呂蒙がいるのでビックリ!

 

鄧当はいくら「戻れ」と言っても呂蒙は「いやです」と言うことを聞きません。討伐終了後に帰った鄧当と呂蒙ですが、待っていたのは呂蒙の母からの説教!普通ならば「母さん、ごめんなさい」が当たり前ですが、呂蒙は違いました。

 

「母さん、いつまでも貧しい暮らしでいたくありません。もし何かひょんなことから、手柄を立てたら一気にセレブになれます。それに虎の穴を探らない限り、虎の子は得れません」

 

呂蒙が言っていたのは「虎穴に入らずんば虎児を得ず」という言葉・・・・・・危険を冒さなければ望みのものは得られないという意味でした。呂蒙の母は呆れて返す言葉も無かったようです。この時から、すでに名将の片鱗は出ていました。


徴兵をせずとも兵士を増やす

張昭

 

鄧当が亡くなると呂蒙は張昭(ちょうしょう
)
の推薦で鄧当の後任に任命されました。建安5年(200年)に孫策が殺されて孫権が後を継ぎますが、この時期の呂蒙軍は多くなかったのです。

 

呉の孫権

 

呂蒙は周囲の力の弱い武将や兵卒を自軍に入れたかったのですが、そんな許可が簡単に下りるはずがありません。考えた末に呂蒙はツケ払いで装備を購入してくると、それを自軍に支給しました。さてある日のこと孫権が軍の視察に来ると、新品の装備をしてビシっと決めている呂蒙軍を見つけます。

 

陸遜の部下の兵士

 

孫権から「いいね」の評価をもらった呂蒙は、当初の希望通り周囲の力の弱い武将・兵卒を自軍に入れることに成功します。


レッツ・スタディー・呂蒙

歴史書をつくる裴松之

 

正史『三国志』に注を付けた裴松之(はいしょうし
)
の『江表伝』によると、孫権が呂蒙に向かって「君は今は将軍の地位にいるのだから、勉強ぐらいしたらどうだろうか?」と勧めました。

 

字が読めなくてバカにされる呂蒙

 

呂蒙は「忙しくて勉強なんてするヒマがありません」と塩対応。社会人になると、勉強するヒマは案外、見当たりませんから呂蒙が言っていることも間違っていません。

 

だけど孫権は「別に学者みたいにやれとは言っていないよ。ただ広く、浅くやるだけでよいんだよ。君は忙しいと言っているけど、私と比べたらどう思う?」と言い返します。

 

勉強する呂蒙

 

孫権は呂蒙が聡明で理解力に優れていると上手に誉めると、まずは『孫子』・『六韜』・『春秋左氏伝』・『国語』・『史記』・『漢書』・『東観漢紀』を読むことを勧めました。

 

少しやる気が出たのか呂蒙は早速、勉強開始。

 

魯粛

 

しばらくして、魯粛が軍の視察に来て呂蒙と話しましたが、何度も論破されそうになりました。魯粛は、「私は君のことを武芸だけの人間と誤解していたようだ。今では学識も広く、呉の街の阿蒙(蒙ちゃん)ではないのだな・・・・・・」と感動しました。

 

魯粛

 

魯粛は当時、荊州のことで関羽と対立していました。そこで呂蒙は関羽の対策を魯粛に授けました。魯粛はその策を喜んで持ち帰りました。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

魯粛が呂蒙から受け取った関羽の対策は内密のことなので、現在も分かっていません。もしかしたら、この時から曹操との同盟のことを考えていたかもしれませんね。ちなみに、呂蒙は若い時にしっかりとした学問をしていなかったので、読みは出来ても、書き取りはダメだったようです。

 

勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙

 

書物を読んだだけでは伝わりづらいのですが、呂蒙が文字を読めるようになるには血のにじむような努力があったに違いありません。その点については我々は学ばねばいけないでしょう。

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

正史『三国志』が好きという人。または、記事に対して異論・共感がある人はドンドンコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:知力を磨いて大出世!呂蒙は魯粛よりも孫権から評価されていた!?

関連記事:これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 荀彧 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  2. 陸遜 「陸遜のことが大好き!」な人々がなぜこんなに多いの?最近のイケメ…
  3. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  4. 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?
  5. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 …
  6. 関羽を討ち取る陸遜 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  7. 周倉 周倉にはモデルとなった人物がいた!?漢の高祖・劉邦に関係が?
  8. 馬車 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  3. 曹昂(曹昴)
  4. 北伐する孔明
  5. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  6. 君主論18 kawausoさん
  7. 七星剣
  8. 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)
  9. 呂布のラストウォー 呂布

おすすめ記事

  1. 華雄は関羽のかませドッグだった!? 華雄と呂布
  2. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  3. 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞!
  4. 太史慈の死因って何?戦死?それとも病死? 呪われている太史慈
  5. 織田信長は仏教を保護していた?宗教に対して寛容だった織田信長 廃仏毀釈
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部

三國志雑学

  1. 始皇帝(キングダム)
  2. 甘露寺 十字紋石
  3. 劉備
  4. 孔明 郭嘉 周瑜
  5. 騎馬兵にあこがれる歩兵


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 劉備と孫権
  3. 関興と張苞
  4. 董卓
  5. 嫉妬している明智光秀
  6. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

おすすめ記事

大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志8月号」7月25日(木)に出版決定 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 鍾会 月刊はじめての三国志2019年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 鮮卑賊 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族? 孔明 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは? 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP