ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

太平道の創始者・于吉の死の謎に迫る!謎は全て解けた?

于吉、孫策


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

太平道の祖・張角(黄巾賊)

 

太平道(たいへいどう)は後漢(25年~220年)末期に民間に流行した道教の一派であり、中平元年(184年)に起きた黄巾の乱の母体となった教団でもあります。

 

張角逝く

 

教団の中心部は黄巾の乱終了で消滅しますが、残党は20年以上に渡り暴れ回り各地の群雄を苦しめました。

 

于吉

 

さて、この太平道を創始した人物は張角(ちょうかく)と思われがちですが、実は違っており于吉(うきつ)と言われています。そこで今回は太平道の創始者の于吉とその死に関して解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳します

 

自称・皇帝
当記事は、
「太平道 創始」
「太平道 于吉」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【于吉と左慈】孫策と曹操を困らせた仙人様をご紹介

関連記事:孫策は嫉妬深く陰険な人物だった?


太平道の創始者は于吉

于吉と張角

 

確認がとれる限り太平道の創始者は于吉と言われています。彼は琅邪の人であり先祖以来、東方(東海沿岸の海岸地帯か?)に仮住まいしていたようです。別荘でも持っていたのかもしれませんね。

 

于吉は呉郡と会稽を往来して、お札と神水を使って人々の病気治療を行っていました。医者というよりも占い師か心理カウンセラーです。于吉は『太平清領書』という書物を執筆します。後漢第8代皇帝順帝の時代に于吉の弟子と言われる宮崇が『太平清領書』を朝廷に献上しました。

 

しかし朝廷は中身が怪しい内容のものなので丁重にお断りして返却します。現在の日本で例えるなら、『太平清領書』は「有害指定図書」です。

 

その後、第11代皇帝桓帝の時も孫弟子(?)の襄階が朝廷にもう1度『太平清領書』を献上します。けれども、1度押された烙印は取り消すなんて不可能です。やっぱり却下でした。

 

ちなみに、黄巾の乱の指導者である張角と于吉の関係は不明です。孫弟子なのか、張角が于吉のマネをして作った教団なのか現在も分かっていません。


孫策に殺害される于吉

于吉、孫策

 

于吉は黄巾の乱鎮圧後も普通に存命しています。彼が官憲の目をどうやってかいくぐったのかは不明です。

 

官渡の戦い 騎馬兵

 

ところが于吉にも最期が訪れます。建安5年(200年)に孫策(そんさく)曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)と戦っている間に、がら空きになっている許昌(きょしょう)を襲撃しようと計画しました。ある日、孫策は武将や賓客を集めて会議をしていました。ちょうどそこへ于吉が通ったのです。みんな于吉を見た途端、頭をペコリと下げます。

 

キレる孫策

 

孫策は見ていても面白くありません。領主は自分なのに、なんでみんなヨボヨボの爺さんに頭を下げるのか意味が分からないのです。結局、孫策は民を妖言で誘惑したということで于吉を捕縛。死罪を言い渡します。部下は「それだけは許してください!」と言いますが、孫策は聞く耳を持ちません。

 

「その昔、南陽の張津は漢王朝の法律をないがしろにして、赤い頭巾をかぶって変な書物を読んだりしていた。ところが、異民族に攻められるとすぐに殺されてしまった。お前たちに間違った道を踏ませないために私は、こいつを殺すのだ」と言った孫策は于吉を処刑しました。

 

于吉、孫策

 

小説『三国志演義』では捕縛された後に部下からの助命嘆願を受けた孫策が、雨ごいの要請をします。于吉は約束通り雨を降らせますが、孫策は難癖を付けて于吉を処刑。その後、于吉の霊に呪い殺される最期になっています。


実は于吉殺しはウソだった!?

裴松之(歴史作家)

 

上記の話は正史『三国志』に注を付けた裴松之(はいしょうし)が持ってきた『江表伝』という史料に掲載されています。『江表伝』の評価について裴松之は「ほぼ筋道が立っている」と原則プラス評価です。ただし、時々マイナス評価をする時もあります。この于吉の話に関しては、「虚妄」と評価しています。

 

その理由は虞喜という人が執筆した『志林』に面白い考察があるからです。虞喜は于吉の弟子の宮崇が後漢第8代皇帝順帝在位期間(126年~144年)に『太平清領書』を朝廷に献上してことに注目します。

 

『太平清領書』がいつ献上されたのかは不明ですが、その頃の于吉は最低20歳と推測します。そうなると孫策に殺された建安5年(200年)時点で于吉の年齢は76~94歳ぐらいです。虞喜は100歳に近かったと言っています。

 

ここまで聞けば「それがどうかしたのでしょうか?」と言いたくなるかもしれません。ここから先が問題でした。古代中国には高齢者と幼児には刑罰を加えず、高齢者に対しては敬意を表するという考えがあったのです。

 

孫策の部下が于吉を尊敬していたのは小説『三国志演義』のように信仰心が厚かったのではなく、現在の日本でも見かける高齢者を敬う接し方と一緒だったのです。虞喜はさらに孫策が于吉を殺す時に例え話に出した張津についても調べていました。そこで驚きの事実が判明します。

 

なんと張津は孫策没後も存命していたのです。これは裴松之も調べており、建安6年(201年)まで生存していたことを明らかにしています。以上のことから、孫策が于吉を殺すことは自分の評判を地に落とすことになるので、まずありえない、つまり虚偽の内容だったのです。


三国志ライター 晃の独り言 三国小学校現る!?

三国志ライター 晃

 

以上が于吉の死の真相でした。さて、先日ネットサーフィンをしていたら、「三国小学校」というのが出てきました。どうやら福岡県小郡市にあるようです。「スゲー!」と思って検索したら、読み方が「サンゴク」ではなく「ミクニ」でした。 一瞬でもだまされた筆者が恥ずかしかったですね。

 

歴史教育にでも力を入れているのかな、と思って調べてみたらさすがに無かったですね。よく考えたら小学校だから当たり前でしたね。

 

ちなみに筆者が本格的に歴史に興味を持ち始めたのは小学校3年生の時からです。最初は日本史にだけ興味を持っていたのですけど、中国人の名前が2、3文字であることに気付いて「こっちの方が覚えやすい!」と思って転向しました。思い返せばスゴイ単純な思考回路ですね(笑)

 

参考文献

・満田剛「虞溥『江表伝』について」(『創価大学人文論集』30 2018年)

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-14_bnr4

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

この記事に興味・批判・反論がある人はコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

関連記事:実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)

 

【黄巾の乱を起こした宗教団体・太平道の秘密】
太平道の秘密

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 諸葛一族 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  2. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  3. 曹操 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  4. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 曹操最初の妻丁氏とその一族の哀しき運命
  5. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  6. 華佗(華陀) ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話
  7. 疫病が流行った村 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病…
  8. ホウ徳 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 官渡の戦い 曹操 勝利
  2. 馬謖の失敗に嘆く孔明
  3. キングダム
  4. イケメン孫策と袁術
  5. 呂布と袁術
  6. 宋姫
  7. 陸遜
  8. 内心復讐を企む楊阜(ようふ)

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  2. もしも、合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなる? 合肥の戦いで痛い目にあった孫権
  3. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  4. 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀? 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  5. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 亡くなる卑弥呼
  6. 【9月の見どころ】9月に公開予定:孔子と10人の弟子 ガサツで野蛮だが武勇もあり孔子に反論しまくる子路 子路、孔子

三國志雑学

  1. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  2. 陶謙と劉備
  3. 曹操&袁紹花嫁泥棒


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 費桟
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 法正が亡くなり悲しむ劉備
  5. 賈詡
  6. 親バカな諸葛孔明
  7. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)

おすすめ記事

真田丸 武田信玄 武田信玄はエピソード豊富な戦国武将だった理由 秦明 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ? 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの? 劉虞 界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは? 関羽は神様 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」 残忍な曹丕 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀 明智光秀は妻一筋の愛妻家だった 曹操と荀彧の三顧の礼 荀彧のここが「イケメン」すぎる3選!本当に荀彧はイケメンだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP