ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

神農とはどんな人?それとも神?中国最古の薬物学書「神農本草経」をまとめた人物

神農


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉雄鳴は三国志の仙人

 

中国といえば、東洋医学・漢方薬の発祥の地です。その祖を築いた人物、大元の元を作ったのが神農(しんのう
)
と呼ばれる人物だったといわれています。とはいえ、かなり古い時代の人であり、古代中国の伝承上の人物、ほぼ伝説上の人物とも言われています。

 

今回はこの神農についてご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは


神農は伝説上の存在!?

神農

 

神農は、古代中国の伝承として知られている古代の伝説上の皇帝、三皇五帝の一人です。神農の築いた中国伝統医学は神話の時代までさかのぼります。神農は薬学の始祖とされており、医療と農耕の術を人々に教えたことが伝えられており、医薬と農業を司る神として崇められています。

 

神農 wikipedia 引用

神農 wikipedia 引用

 

数々の異名を持ち、薬王大帝、五穀仙帝、炎帝神農とも呼ばれています。神農は、体は人間、頭は牛という姿だったとも伝えられています。このように説明すると伝説上の人物で実在してなかったかのようですね・・・。というよりももはや伝説どおりならば、すでに頭部が人間ではないのでは?と思ってしまいますね。


薬学の神・神農の地道な努力!!!

中国最古の薬物学書『神農本草経』

 

実際のところ、神農という人物の名は、中国の薬物学書の中で確認されています。神農がまとめた書、『神農本草経(しんのうほんぞうきょう
)
』とは、1~2世紀の後漢代、ちょうど三国時代の付近で成立した中国最古の薬物学書です。

 

三国志の計略 毒

 

この書には、365種類の生薬が効能別に分類されて記されています。その効能を調べる際に、神農は自ら草を食べて効能を調べたそうです。彼はあらゆる草木を舐めて毒見を行い、毒か薬かを実際に試していくことで地道に調べていました。あまりに毒草を服用したため、一日に70の毒にあたったこともあると言われています。

 

このように、生薬の効能は実際に食してその効能を確認するという“実践”の積み重ねによりみつけ出されてきたものでした。このあたりは西洋医学との違いで、理屈や論理を積み重ねて実践する西洋医学に対して、東洋医学はまず実践してその結果を蓄積します。神農は、最後は薬草の毒にあたって死んだと言われています。


「神農本草経」その成果は?

 

『神農本草経』に書かれた365種類の生薬の内訳は植物薬が252種、動物薬は67種、鉱物薬は46種に及びます。それだけの数の草を調べ上げたようです。生薬はその効果の大小でも分類がなされています。

 

上品(じょうほん):毒性がなく長期服用しても良い生薬。強い作用は無いが副作用も無く、体質強化、養生を目指すもので、摂取することで体質の改善ができます。

 

中品(ちゅうほん):副作用があり服用に注意が必要な生薬。比較的穏やかな作用があり、新陳代謝を活性化したり、精を養うもので大量に摂取しない限り、副作用の心配は無いです。

 

下品(げほん):毒性があり長期間服用してはいけない生薬。効き目が強いものの、しばしば副作用を伴う生薬です。現代の医薬品に良く似た性質を持っています。そのため、摂取量や摂取する期間に注意が必要となります。


三国志ライターF Mの独り言

FM

 

かなり古い時代の人物である神農はどのような人物であったのか、詳細に調べるのは難しいでしょう。

 

ただ、彼がどのような人物かはさておき、彼が行ったこの偉業、『神農本草経』を纏め上げることは彼にしかできなかったように思えます。毒草と薬草を食べ続け、その効能を調べ上げていく、というのは一歩間違えば死ぬかもしれない行為です。それでも彼は、ずっとそれを続けて薬としての薬草の効能を調べました。

 

これらの事から読み取れるのは、彼は自己犠牲の精神を持ち、誰かの為に探究していくことができる人物だったように思えます。でなければ、『神農本草経』はこの世には無かったでしょう。

 

参考文献:

伊藤剛 著、須田剛 発行、最新版 体を考える東洋医学(2018) 図書印刷株式会社

兵頭 明 監修、富永 靖弘 発行、徹底図解 東洋医学の仕組み(2009)、新星出版社

平間 直樹、浅岡 要、辰巳 洋 監修、プロが教える東洋医学のすべてがわかる本(2011) ラン印刷社

汪 正仁 著、東洋医学の真髄(2011) 成山堂書店

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

 

【虫歯の苦悩から読み解くヒトの歴史】
歯痛の歴史

 

 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史
  2. 李儒と三国志 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  3. 司馬懿 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  4. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…
  6. 孫権 劉備 対立 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  7. 陸遜 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  8. 阿会喃(あかいなん)と孔明 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  3. 貂蝉
  4. 夏侯覇の妻は誰?
  5. 孫権に攻められ戦死する黄祖

おすすめ記事

  1. 【後北条氏】早雲から5代続いた関東の戦国大名を紹介 北条早雲
  2. 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は? 鎌倉時代 服装 男女
  4. ただの女好きじゃない!?最期の時まで妻達に愛情を見せた曹操
  5. こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる… 三国志時代の牢獄
  6. なぜ董承は死んだ!?後漢の忠臣の最期は召使いの裏切りだった!! 董承

三國志雑学

  1. 諸葛誕を攻める司馬昭
  2. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  3. 双流星を振り回している徐盛
  4. 周瑜と孫策


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り
  2. 孟達からの手紙を開封する劉封
  3. 徐庶
  4. 平原君(へいげんくん)
  5. 王累
  6. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

kawauso kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」 陸遜 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー kawauso kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」 楚の旗と兵士 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 楊端和 キングダム 528話 ネタバレ予想:橑陽の牙 法正と夏侯淵 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP