ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム624話ネタバレ予想vol3「信の必勝法は攻撃しない事!」

編集長日記03 kawausoさん、おとぼけさん


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

ホウ煖(龐煖)
大人気春秋戦国時代漫画キングダム、人類救済(じんるいきゅうさい)という超上から目線発言のせいで(わず)かなファンまで失ったぽい龐煖(ほうけん)ですが、それでも手が付けられないほどに強い事には違いありません。ただでさえ劣勢の信ですが勝利する方法は、案外近い場所にあるのかも知れません。それは、ひたすら耐えて攻撃しない事なのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「面倒臭い龐煖の落とし所4選」

関連記事:キングダム624話ネタバレ予想「不安しかない!龐煖がキングダムをブチ壊す?」


キングダム623話ネタバレ予想vol3「沈黙は金、雄弁は銀」

 

格言にも沈黙(ちんもく)は金、雄弁は銀などというものがあります。一見すると議論が強い方が有利に思えますが、人間は本質的に負けたくないですから、どんなに完璧な理屈で言い負かされても、容易(ようい)に負けを認めません。しまいには議論をすり替えて引き延ばしにかかり、「結論が出ないから引き分けな!」と強引に幕引きをはかったりします。

盧植と何進

 

どうして、こうなるのかと言えば、完璧な理詰めで追い詰めてしまったからです。小学生の時に、都合が悪い事を言われると、両手で耳を(ふさ)いで、「あーーーーー!きこえなーいーー」と大声を出して現実逃避(げんじつとうひ)をした事はありませんか?ああいう事です。

これを戦いに応用すれば、相手の攻撃を受けるばかりで、こちらからは積極的に打たない事です。その内、相手はこいつはどうして攻撃してこないのか?と不安になり(いぶか)しむ事でしょう。龐煖のような頭デッカチには、案外そういうのが効くかも知れません。


キングダム623話ネタバレ予想vol3「よく見ると信は自ら攻撃していない」

 

その証拠かどうか不明ですが、信は龐煖と激突した622話から積極的に自分から打って出ていません。「何故なんだ龐煖」と叫んでからは、龐煖の攻撃を受けるだけであり、ダメージは受けていますが、不気味な沈黙を守っています。

 

龐煖はリアクション男ですし、憎しみには憎しみを以て()ねつける戦い方をしています。馬陽での王騎(おうき)との一戦もそうでした。王騎は婚約者を殺された憎しみを龐煖にぶつけ、龐煖はその憎しみを反射する戦い方をしていました。

しかし、一方で死に損ないの胡漸(こぜん)ジイの剣の一撃を龐煖は避け損ないました。偶然に思えますが、実は龐煖向かってくる意志がない者と戦う事を苦手としているのかも知れません。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム623話ネタバレ予想vol3「答えを知りたい龐煖は焦れて口を開く」

 

信も何故なんだと叫んでいましたが、龐煖も信が答えを持っていると悟っています。ところが、信はひたすら攻撃を受け続けるだけで何も言わない、攻撃を仕掛けている事もない。これは龐煖にとって()れる展開です。もちろん、一刀の下に信を葬りされれば、そんな事は気にしなくてもいいですが、信は負ける事なく、何か言いたげに耐えています。

 

龐煖にとってはそれは不気味でしょう、何度攻撃しても立ち上がっている信に対して、必ず口を開くと思うのです。

はい、ここが大事です。こっちから話しかけても、「カエルの小便よりもゲスな、ゲスな波紋(はもん)なんぞをよくもこの俺に!」とディオ様的な考え方しかしない龐煖だからこそ、あっちから対話を求めてくるのがポイントになると思います。


キングダム623話ネタバレ予想vol3「聖闘士星矢的な必勝法」

 

何度やられても、立ち上がってくる相手というのはやはり不気味なものです。その効果はボクシング漫画でも実証済みでしょう。何度ぶん殴っても効いている様子もなく立ち上がる、「こ、こいつ、バケモノか」「い、いったいどうなってやがる」ハードパンチャーであればあるほど、己のパンチ力に自信があるので、それが効かないと思い込むと動揺します。

姜維

 

そして、最後には「これで終わりだァーー!」と大ぶりなストレートを仕掛けてきて、その隙だらけの顔面に主人公の起死回生の一撃を喰らって崩れ去るのです。このパターンは名作聖闘士星矢(せいんとせいや)でもよく出てきます。最初から全力を尽くせば倒せるのに、たかがブロンズ聖闘士と侮ってゴールド聖闘士達が力を小出しにしている間に、聖矢や紫龍のコスモが予想以上に高まり、慌ててトドメを刺そうとしても手遅れで逆襲されて倒されてしまうわけです。

龐煖と信の場合には、それがそのまま当てはまるとは思いませんが、龐煖の攻撃を黙々と耐えている信は、沈黙は金を実践しているのだと思います。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 君主論18 kawausoさん キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「面倒臭い龐煖の落とし…
  2. キングダム 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」
  3. 【キングダム562話】壁ブネンと激突!「恐将」ネタバレ&…
  4. キングダム52巻 キングダム585話最新ネタバレ「雷獄」レビュー
  5. 暴れまわる異民族に困る梁習 キングダム最新614話ネタバレ予想vol2「桓騎軍は何故大人しい…
  6. キングダム キングダム584話ネタバレ予想vol2鄴攻めは覚醒者を集める実験…
  7. キングダム 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える
  8. キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 前方後円墳(古墳)
  2. 関羽が好きすぎる曹操
  3. 呂範
  4. 董卓
  5. 岩崎弥太郎
  6. キングダム54巻amazon
  7. 歳をとっても元気な孔明
  8. 費禕

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 蜀の厳顔
  2. 【朝まで三国志 2017】諸葛亮参戦のお知らせ
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 袁燿(袁耀)えんよう
  4. 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話 道具を輸送する民人
  5. キングダム584話最新ネタバレ「数十騎」レビュー記事 キングダム52巻
  6. 【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦い? 上杉謙信

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  3. 戦で活躍する凌統


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹仁
  2. 現代風巫女さん大喬
  3. 趙姫
  4. 孫策軍をコテンパンにする陳登軍
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 司馬懿
  7. 関羽と周倉
  8. 章邯(しょうかん)

おすすめ記事

陳平 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家 五斗米道の教祖・張魯 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!? キングダム 【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想 キングダム53巻 キングダム593話最新ネタバレ「趙峩龍本陣」レビュー はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(月)に出版決定 赤鎧を身に着けた曹操 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 張飛にお酒はだめだよ 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP