キングダム「信の必勝法は攻撃しない事!」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

ホウ煖(龐煖)
大人気春秋戦国時代漫画キングダム、人類救済(じんるいきゅうさい)という超上から目線発言のせいで(わず)かなファンまで失ったぽい龐煖(ほうけん)ですが、それでも手が付けられないほどに強い事には違いありません。ただでさえ劣勢の信ですが勝利する方法は、案外近い場所にあるのかも知れません。それは、ひたすら耐えて攻撃しない事なのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「面倒臭い龐煖の落とし所4選」

関連記事:キングダム624話ネタバレ予想「不安しかない!龐煖がキングダムをブチ壊す?」


沈黙は金、雄弁は銀

 

格言にも沈黙(ちんもく)は金、雄弁は銀などというものがあります。一見すると議論が強い方が有利に思えますが、人間は本質的に負けたくないですから、どんなに完璧な理屈で言い負かされても、容易(ようい)に負けを認めません。しまいには議論をすり替えて引き延ばしにかかり、「結論が出ないから引き分けな!」と強引に幕引きをはかったりします。

盧植と何進

 

どうして、こうなるのかと言えば、完璧な理詰めで追い詰めてしまったからです。小学生の時に、都合が悪い事を言われると、両手で耳を(ふさ)いで、「あーーーーー!きこえなーいーー」と大声を出して現実逃避(げんじつとうひ)をした事はありませんか?ああいう事です。

これを戦いに応用すれば、相手の攻撃を受けるばかりで、こちらからは積極的に打たない事です。その内、相手はこいつはどうして攻撃してこないのか?と不安になり(いぶか)しむ事でしょう。龐煖のような頭デッカチには、案外そういうのが効くかも知れません。


よく見ると信は自ら攻撃していない

 

その証拠かどうか不明ですが、信は龐煖と激突した622話から積極的に自分から打って出ていません。「何故なんだ龐煖」と叫んでからは、龐煖の攻撃を受けるだけであり、ダメージは受けていますが、不気味な沈黙を守っています。

 

龐煖はリアクション男ですし、憎しみには憎しみを以て()ねつける戦い方をしています。馬陽での王騎(おうき)との一戦もそうでした。王騎は婚約者を殺された憎しみを龐煖にぶつけ、龐煖はその憎しみを反射する戦い方をしていました。

しかし、一方で死に損ないの胡漸(こぜん)ジイの剣の一撃を龐煖は避け損ないました。偶然に思えますが、実は龐煖向かってくる意志がない者と戦う事を苦手としているのかも知れません。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


答えを知りたい龐煖は焦れて口を開く

 

信も何故なんだと叫んでいましたが、龐煖も信が答えを持っていると悟っています。ところが、信はひたすら攻撃を受け続けるだけで何も言わない、攻撃を仕掛けている事もない。これは龐煖にとって()れる展開です。もちろん、一刀の下に信を葬りされれば、そんな事は気にしなくてもいいですが、信は負ける事なく、何か言いたげに耐えています。

 

龐煖にとってはそれは不気味でしょう、何度攻撃しても立ち上がっている信に対して、必ず口を開くと思うのです。

はい、ここが大事です。こっちから話しかけても、「カエルの小便よりもゲスな、ゲスな波紋(はもん)なんぞをよくもこの俺に!」とディオ様的な考え方しかしない龐煖だからこそ、あっちから対話を求めてくるのがポイントになると思います。


聖闘士星矢的な必勝法

 

何度やられても、立ち上がってくる相手というのはやはり不気味なものです。その効果はボクシング漫画でも実証済みでしょう。何度ぶん殴っても効いている様子もなく立ち上がる、「こ、こいつ、バケモノか」「い、いったいどうなってやがる」ハードパンチャーであればあるほど、己のパンチ力に自信があるので、それが効かないと思い込むと動揺します。

姜維

 

そして、最後には「これで終わりだァーー!」と大ぶりなストレートを仕掛けてきて、その隙だらけの顔面に主人公の起死回生の一撃を喰らって崩れ去るのです。このパターンは名作聖闘士星矢(せいんとせいや)でもよく出てきます。最初から全力を尽くせば倒せるのに、たかがブロンズ聖闘士と侮ってゴールド聖闘士達が力を小出しにしている間に、聖矢や紫龍のコスモが予想以上に高まり、慌ててトドメを刺そうとしても手遅れで逆襲されて倒されてしまうわけです。

龐煖と信の場合には、それがそのまま当てはまるとは思いませんが、龐煖の攻撃を黙々と耐えている信は、沈黙は金を実践しているのだと思います。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム
  2. 蒙武
  3. 王翦
  4. キングダム52巻
  5. 蘇秦(そしん)は合従連衡を行った
  6. kawauso

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2019年 12月 08日

    キングダムもう一人の主人公
    ブログ主が熊対信の仇討ち戦のいく末を悩んでいろいろ記事を上げてますが、キングダム読者も原作者の意図がわからず
    フリーズ?固まってます。
    最近信同様出番の激減したもう一人の主人公セイ。。本来セイの物語なのに?中国歴史ドラマ「大秦帝国」第4シリーズで遂にセイが主人公の「大秦帝国之天下」が2020から中国で配信らしい。日本でCS放送されたらアニメや映画のキングダムと見比べるのもいいかもしれませんね?ディテールにかなりこだわっているとか。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP