キングダムネタバレ予想628話vol3「新春のキングダムはどうなる?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

あけましておめでとうございます。朱海平原の戦いは、三年をまたいでまだ続きますが、さすがに今年度ではおわるでしょう。

そこで、今年は朱海平原の戦い以後が描かれると思いますので、元旦の勢いに乗じて好き勝手に書いてみようと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新628話ネタバレ予想vol2「王翦は李牧を斬れるの?」

関連記事:キングダム最新628話ネタバレ予想「龐煖がショボくなった原因を追究」


キングダムネタバレ予想628話vol3「李牧の更迭」

亡くなる李牧

 

朱海平原の戦いは、多くの将軍を討たれ、鄴も陥落したという理由から李牧の言い逃れのしようがない完全敗北となるでしょう。本来ならば、これほどの敗北の報いは極刑しかなく、特に李牧に関心がない悼襄王(とうじょうおう)ならば躊躇(ちゅうちょ)なく死刑を宣告しそうですが、朱海平原の戦いの時期の紀元前236年に悼襄王は死ぬので、そのゴタゴタでうやむやになりそうです。

 

次に即位するのは、暗愚として知られる幽繆王ですが、大体、新しい王が即位すると大赦(たいしゃ)があるものですから、佞臣の郭開辺りが、李牧に恩義を売るつもりで、死罪を免じるかわりに再び雁門に飛ばすのではないかと考えます。

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

この際に、「王都は何の手助けもせずに罪ばかりは李牧様に被れと言うのか」と憤る一部の李牧軍の将兵が出そうですが、むしろ李牧は、「ここで私が更迭されれば秦は安心して趙に侵攻してくるだろうから、好きなだけ攻めさせておけば、必ず再登板の時が来る」と告げ部下に対しては悔しいだろうが、秦から受けた恥を雪ぐ為に辛抱してくれと命じます。


キングダムネタバレ予想628話vol3「桓騎が大将軍に昇進」

桓騎

 

同じ頃に、帝都咸陽で論功行賞があり、王翦、楊端和(ようたんわ)、それに桓騎を大将軍にする事が決定します。別に漫画では、六名が同時に決まるとは書いていないので、武功で考えると、大将軍に相応しい戦果がある人間に大将軍が与えられると考えていいでしょう。

残りの三枠は、今後の功績次第で一人ずつ埋まるか、一気に埋まるかで幅を持たせておいた方が漫画としても盛り上がりますしね。

嬴政(始皇帝)

 

楊端和は、犬戎族を撃破し、趙の別動隊を牽制して朱海平原に寄せ付けなかった功績。王翦は作戦を立案して、難攻不落の趙の副都鄴を倒した功績、桓騎は長期間鄴を包囲してこれを開城させた功績。

まあ、名目はどうでもいいのです。重要なのは大将軍は秦王政の制約を受けずに、自分の軍勢を好きに動かせる特典があるという事です。この特典を得て、最も活き活きしたのが桓騎であり、すぐに趙を攻めるべく準備を開始します。

 

天下の大将軍に王手をかけたつもりが、成れなくてガッカリする信ですが、本当は信の大将軍昇進に待ったを掛けたのが秦王政だと知り愕然とします。

喰ってかかる信に政は「大将軍は諸刃の剣だ信、お前だって以前の六大将軍が全て、天寿を全うできなかった事実を知っているだろう」と釘を刺します。秦王政の目線は、桓騎に注がれていました。戦功抜群である為に大将軍に任命せざるを得なかった桓騎ですが、秦王政はそこに危うさを感じていたのです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダムネタバレ予想628話vol3「増長する桓騎」

桓騎 キングダム

 

紀元前234年、桓騎は十万の大軍を率いて、李牧から代わった趙将扈輒(こちょう)が指揮を執る趙軍十万を武遂で敗り、十万人を残虐な方法で殺害します。不必要な虐殺に秦でも疑問の声が上がりますが、すでに大将軍の地位を与えられた桓騎に対し、これを制止する方法はありませんでした。

趙の地で連戦連勝を続ける桓騎の表情は鬼気迫り、かつて六国を震え上がらせた白起に匹敵すると噂されます。そこで、ドンケツの野盗から秦の頂点を極めた桓騎に慢心という最悪の敵が忍び込むのです。

白起(春秋戦国時代)

 

これまで、対戦相手をコケにし続けてきた桓騎が、今度は狩られるカモに変身していく瞬間でした。世の中一寸先は闇ですね。


キングダムネタバレ予想628話vol3「桓騎が李牧に敗れる」

剣を持ち戦う李牧

 

あまりにも不甲斐ない趙は連戦連敗し、いよいよ邯鄲の都が危なくなります。

それまで、ずっと李牧をガン無視していた幽繆王(ゆうぼくおう)ですが、背に腹は代えられず雁門に使者を派遣して李牧の再登板を命じます。

紀元前233年、桓騎は趙の赤麗(せきれい)および宜安(ぎあん)を攻めますが、ここで李牧が登場し桓騎の快進撃を食い止めます。しかし、ここからは李牧は貝になり、城に閉じこもって桓騎の挑発を受けても全く応じなくなります。

兵士 朝まで三国志

 

桓騎は、李牧を引きずり出そうと残虐な方法で趙人を殺戮しますが、李牧はいきり立つ部下を抑えて決して撃って出ようとしませんでした。遠征軍である桓騎は兵糧に問題があり、李牧の補給路を断つために、宜安を少数の部下に任せて、自らは肥下城を落として、李牧を孤立させようとします。

三国志のモブ 反乱

 

ところが、それこそが李牧の狙いでした。

野盗の寄せ集まりである桓騎の軍勢は桓騎の監視が無いとモチベが低く、すぐに言いつけを破りさぼり始めるのです。李牧は、そこを逃さずに宜安を落とし兵糧を奪い取りました。万事休すになった桓騎は急いで宜安に取って返しますが、李牧の伏兵で散々に破られ、秦に還る事も出来なくなり、遁走してしまいます。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム
  2. キングダム
  3. キングダム53巻
  4. キングダム54巻amazon

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 回鍋肉
    • 2020年 1月 03日

    合従軍戦で古参の大将軍がいなくなったので、現時点では昌平君が総司令官、蒙武が筆頭大将軍、騰が次席、それに王翦、楊端和、桓騎が続く並びかと。

    王翦は鄴攻略戦の大殊勲で格上の騰と並ぶくらいの地位が与えられるでしょうが、楊端和、桓騎の序列は彼らより一段下というのは変わらないでしょう。

    3人組は、麻絋亡き後の朱海左翼を臨時将軍として率いた蒙恬、三大天ワレブ、趙左翼主将格の趙峩龍、岳嬰を討ち取り、亜光、王賁が倒れた後の秦右翼を率いて趙左翼を撃破した信は将軍当確。

    堯雲は討ち取ったものの、武功的に弱い王賁は微妙では。

      • 野良ごりら
      • 2020年 1月 05日

      勝手な推測ですが、桓騎の弱点は「略奪」ではないでしょうか。
      国への忠誠心や野盗という経歴から何かを守るという考えがなく、相手から何かを奪うというのが桓騎軍の根底にある行動原理という描写が作中多いです。
      桓騎自身は相手が最も大切にしているものが何かを見極める力が強く、今までの戦でも相手の泣き所をピンポイントに自分自身が赴き奪ってきています。(廉頗のときは軍師自身、合従軍のときは相手の将軍、慶舎のときは民)
      李牧からすれば「次に何をするか」がわかりやすくひねりが無いのでカウンターを入れやすいと見ているのではないでしょうか。

    • Ryu☆Gensoku
    • 2020年 1月 01日

    あけましておめでとうございます。記事を拝見させていただきました。新年早々にありがとうございます。

    史記との整合性を考慮すると大体そんな感じの流れだろうと私も想像しました。でも、プロのシナリオライターとしては捻りが無さ過ぎて面白みに欠ける気がします。

    史記に記載のない空白部分にライター独自の空想を描き込むことで読む者に驚きや発見や感動を与えてくれる、キングダムにはそんなシナリオを期待してしまいます。

    なお、すでに蒙武と騰と楊端和の3人が大将軍の位にいる様に思います。今回の論功行賞ではここに王翦、桓騎の2人が加わることになるので秦国の大将軍は5人という状態になるんでしょうね。

    また、他の方のご指摘の通り、昭王時代に「戦争の自由が認められていた」という「秦の六大将軍」は制度であって、政の時代には財政面なども含めて未だ制度が整備されていないはずだったと思いますので、桓騎の暴走と破滅とその後の行く末がどの様に描かれるかは楽しみなポイントの一つです。

    • 二日酔いの通りすがりの金毛
    • 2020年 1月 01日

    明けましておめでとうございます。
    大将軍になっただけでは好き勝手に戦争できない、さらに六将に成らないと。
    それがキングダムルールだったはずでは?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP