【キングダム】大将軍になると何が違う?強大な5つの権力を徹底解説


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダムにおいて、秦の中華統一の鍵を握ると思われる制度が六大将軍制です。

 

昭襄王

 

漫画においては、秦の昭襄王(しょうじょうおう)が生み出し、司馬錯(しばさく)王騎(おうき)王齕(おうこつ)(きょう)公孫胡傷(こうそんこしょう)

 

白起(春秋戦国時代)

 

白起(はくき)の六名が任命され他の六国にとって恐怖の対象になり、秦王政の時代には蒙武(もうぶ)が提言して復活する事が決定しました。「でも、それは漫画の話でしょ?」と(あなど)るなかれ、史実においても大将軍とは並みの将軍には持ちえない強大な五つの権力を持つ存在でした。

今回は、六国が思わずのけぞるほどの大将軍の五つの権力について徹底解説致します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム 「項燕大将軍のキャラクターを考える」

関連記事:キングダム「桓騎は六大将軍になり没落する」


大将軍の権力1!独断で処刑できる

 

大将軍には、節鉞(せつえつ)が皇帝や王から与えられます。

節鉞は節と鉞に別れ、(せつ)とは割符(わりふ)で指揮の象徴(しょうちょう)(えつ)はマサカリの事で人間の首を切り落とす刑罰の象徴です。これは何を意味するかというと、皇帝を代理して自分の部下を独断で処刑できる権限を有しているのです。

 

この仮節越は3種類あり、使持節(しじせつ)持節(じせつ)仮節(かせつ)となり使持節が最強であり、使持節を保有していると石高二千石以下の官職の部下を独断で処刑できます。二千石というのは、九卿(きゅうけい)と呼ばれる高級官僚で、万石の高給を受ける丞相などの下です。

 

具体的には、昌平君や昌文君のような丞相は無理ですが、その下の地位の例えば、李斯(りし)(へき)将軍あたりなら部下として戦場にいた場合、独断で処刑できる事になります。

王翦

 

そういえば、王翦(おうせん)(ぎょう)を攻略する時に、楊端和(ようたんわ)桓騎(かんき)や信や蒙恬(もうてん)に対し「命令に違反したら処刑する」と断言していますが、漫画では言及されていないものの、使持節鉞が秦王政から王翦に与えられているのかも知れません。王翦は大将軍ではありませんが・・・


大将軍の権力2!自分の幕僚を登用できる

楊儀、姜維、費イ

 

大将軍は、将軍府(しょうぐんふ)というものを開く事が出来ます。将軍府とは何かというと、大将軍の仕事を行うスタッフの事で

 

①軍師、長史(ちょうし)司馬(しば)従事中郎(じゅうじちゅうろう)主簿(しゅぼ)参軍(さんぐん)等幕僚が15名。

②占領地の行政を司る曹掾(そうじょう)と呼ばれる役場のスタッフが10名。

③警察と憲兵の役割をする(とく)が4名。

④雑用を司る舎人(しゃじん)が14名。

 

このようにスタッフは合計で43名いますが、雑用の舎人以外は、それぞれ属官がつくので総数では100名以上になる巨大な組織になります。また、これらのスタッフは大将軍が私的に任命できるので、お気に入りの人をその地位に就ける事も可能です。

 

ちなみに将軍府は幕府(ばくふ)とも言い、日本の征夷大将軍も同じ理屈で京都の天皇から権力を委譲してもらい江戸や京都、鎌倉に幕府を開いています。

大将軍府とは、小さな国と言う事も出来るでしょう。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ


大将軍の権力3!戦場では皇帝の命令でも無視できる

魏延からの提案を却下する孔明

 

大将軍は多くの部下の将軍を従え、100名以上のスタッフを従えて敵地の奥深くまで進みます。当時は無線も電話もありませんから、一度、交戦状態になると母国との連絡が滞りなく繋がるかどうか分かりません。

三国志のモブ 反乱

 

それなのに実情を知らない王から、無茶な命令が次々と飛んで来たら、とても戦争どころではなくなるので、大将軍は戦場では主君の命令でも無視する事が出来るとされています。これは軍法で決まっているわけではないのですが、春秋戦国時代の斉の将軍、司馬穰苴(しばじょうしょ)「将、軍に在っては、君令も受けざる所有り」という言葉を残し、それが司馬法という兵法書に記載された事から広まって不文律になりました。

幕末 魏呉蜀 書物

 

実際に、キングダムから400年後の三国志の時代、魏の鄧艾(とうがい)が蜀を征服した後、主君の命令を待たずに、さらに呉を攻めようとして注意されると、司馬法を持ち出して将軍は君主の命令を受けない事もあると反論しています。

もちろん、これはケースbyケースで法律で保障されているわけではないので、実行しても必ず免罪されるとは決まっていません。


大将軍の権力4!最大60万人を率いる

兵士 朝まで三国志

 

大将軍の権限として最も大きな特徴は、最大級の兵力を率いる事が出来る点でしょう。史実でも秦王政から全権を任された王翦は60万人という秦のほぼ全ての兵力を率いて楚を滅ぼすべく出陣する事になります。主人公の信も楚に攻めこむ時には、副将の蒙恬と十万ずつで二十万の大軍を率いて攻め込んでいるので、この頃には大将軍という事です。

矛を持った信

 

因みに、史実における秦のリアルな軍の役職名と引き入れる兵数は、

 

屯長(とんちょう)・・・・50人

百長(ひゃくちょう)・・・・100人

五百主(ごひゃくしゅ)・・・500人

二五百主(にごひゃくしゅ)・・1000人

(きょく)軍侯(ぐんこう)・・数千

()校尉(こうい)・・1万人

⑦将軍/尉裨将(いひしょう)・・数万

⑧大将軍・・・数十万

 

このようになっていて、やはり大将軍が最大の兵力を率いれる事が分かります。現在の信は、史実で考えると⑤の曲か軍侯という地位にある事になります。そこから⑥と⑦を経ないと⑨大将軍になれない事になっているので、今回の鄴攻めで龐煖(ほうけん)を斬り、岳嬰(がくえい)を斬り、趙峩龍(ちょうがりゅう)も斬っている信でも、まだ大将軍までは到達しないのかも知れませんね。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム55巻
  2. キングダム53巻
  3. キングダム54巻amazon
  4. キングダム54巻amazon
  5. kawausoとおとぼけ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP