【麒麟がくる】望月東庵はどこからお金を借りていたの?

当サイトからのお知らせ_特集バナーa

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

望月東庵はどこからお金を借りた(1P目)


借金は返すモノという意識が浸透し高信頼社会へ

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

借りている人間からすると、借金が帳消しにされる徳政令は歓迎されるものでした。ところが、徳政で痛めつけられた貸主は、リスク回避の為に融資を厳格にして、貸し渋るようになり不利益は巡り巡って借り手に戻ってきたのです。

 

それを受けて、江戸時代の人々の中に徳政を嫌悪し借金は必ず返すという観念が根付くようになります。この概念は、260年の江戸の泰平の中で醸成(じょうせい)され、日本の高信頼社会に結びつき、明治以後の資本主義の導入、急速な近代化の原動力になるのです。

 

もし、人々の意識が変化せず、徳政令が権力者が庶民の歓心を買う道具であり続けたら、日本では信頼に基づく金銭の貸借が根付かず、お金の流れは滞り、現在のような近代化は達成できなかったかも知れません。


戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

銀行や消費者金融は、どんな時代でも嫌われ、悪役になるのですが、彼らの有用性を700年も前に見抜き、法律で保護して発展させようとした人がいました。

 

それが室町幕府を樹立した足利尊氏(あしかがたかうじ)で、彼は建武式目(けんむしきもく)で、「莫大な税金を課せられ、あるいは罪に問われ捕らえられ訴訟に多額の費用が掛かれば、生活の資金はたちまち底を尽き貧乏の極致に落ちてしまう。急いで土倉や無尽を保護して、急な出費に備えさせれば多くの人は助かるだろう」このような事を記して金融業の保護を打ち出しています。

 

もっともこれは、尊氏ではなく、実務に優れた実弟の直義(ただよし)が書いたとも言われますが、いずれにせよ、鎌倉末には金融業が身近で、生活に欠かせないものになった事を示していますね。

 

参考文献:徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)

 

関連記事:松永久秀が信長に叛いた原因は筒井順慶だった

関連記事:三好三人衆とはどんな人?信長に盾突くしぶとい戦国三連星

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 酒井忠次
  2. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 軍議(日本史)モブa
  4. 赤井直正
  5. 織田信長
  6. 上杉謙信

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP