正史では活躍した荀攸はどうして三国志演義では目立たない存在に?

2020年4月1日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

三国志演義と正史三国志では記されている活躍が、文字の都合なのかお話の都合なのか削られていることが多々あります。そんな人物たちを「演義被害者の会」と一部では読んでいるとかいないとか……今回はそんな中から、荀攸(じゅんゆう)についてお話しましょう。

 

荀攸

 

彼は三国志演義と正史ではまるで印象が違うような人物ですが、その活躍はどうして削られてしまったのか?今回はその理由についても考察してみます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「荀攸 正史」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

 

荀攸は三国志演義と正史三国志ではかなり違う

荀攸

 

さてまずはちょっと三国志演義を見ていきましょう。筆者は三国志演義を見てから正史三国志を読んだので、荀攸には驚いた思い出があります。その三国志演義では荀攸の活躍はほぼ削られていると言っても過言ではなく、主にその功績は叔父の荀彧(じゅんいく)、もしくは郭嘉(かくか)に活躍の場を奪われています。

 

荀攸と曹操

 

最終的には曹操(そうそう)(ぎおう)即位に反対、曹操の怒りをかってしまいラストは病死……でしめられますが、正史三国志では曹操に対して反対するような記述は残されていません。むしろ荀攸は曹操の怒りをかったようなことはなく、魏書では荀彧や()クと並ぶという功績ある臣下(しんか
)
として記されています。

郭嘉

 

個人的な意見ですが一般的に軍師という人物たちを並べると、荀彧は政治家、郭嘉と荀攸は軍師、という印象がありますね。

 

正史三国志の荀攸は・・・すごい!

曹操から水攻めを受ける呂布

 

正史三国志では三国志演義ではなぜ削られているのか?と思うほどに戦で策略を巡らせています。呂布(りょふ)と曹操の戦いにおいて、下ヒ城(かひじょう)での水責めを献策したのは荀攸であり、この策によって呂布軍は壊滅的なダメージを受けることになりました。

 

曹操にコテンパにされる袁紹

 

また官渡(かんと)の戦いは彼の最大の活躍の場と言っても良く、袁紹(えんしょう)軍の分断、輸送隊を撃破、許攸(きょゆう
)
の降伏に関して曹操に進言、結果としてそれが烏巣(うそう)襲撃からの曹操軍の勝利に終わりますが、そこからも荀攸のまだまだと言わんばかりに袁家の家督争いから河北(かほく)平定(へいてい
)
に乗り出すなど、時流を逃さず見抜く「目」を持っている人物と言っても良いでしょう。

 

魏の皇帝になる曹丕

 

このために荀攸は曹操に大切にされ、曹丕(そうひ)にも「荀攸は手本となる人物である」と言ったと言われます。

 

凡人すぎた楊雍(はてな)

 

こんな荀攸はどうして三国志演義では活躍の場がなかったのか?実は三国志演義を見ていくと分かるのです。

 

三国志演義での荀攸はそもそも「活躍」できない?

荀攸と荀彧

 

三国志演義では、全体を通して曹操と袁紹の戦いがとても短くされています。それも実際には袁紹軍という相手に、曹操のみならず荀攸はもちろんのこと、荀彧や郭嘉といったそうそうたる面子が集まって打ち破ったのが袁家なのですが、三国志演義ではまるで「前座」のような扱いをされ、袁紹及び袁家が「兵数が多いだけで能がない」というような扱いをされているのです。

 

荀攸

 

曹操は対袁紹では非常に追い込まれているにも拘らずその描写が少なく、白馬などでの小さな勝利を重ねて必死に巻きかえし、ラストに荀攸が許攸の裏切りをしっかり見抜いたからこそ得た勝利なのにそれがイマイチ伝わらない……必然として荀攸の凄さが分かりにくい部分が三国志演義のちょっと残念なポイントではないかと思います。

 

張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権

 

因みに三国時代になるとやや過小されているとはいえ張遼(ちょうりょう)などは見せ場が物凄いためか、前半の面子の凄さが分かりにくいのも一因でしょうか。序盤の彼らの評価は正史三国志でこそ伝わると言っても良いので、ぜひ正史三国志も目を通して欲しいですね。

 

荀攸と荀彧の関係

荀攸

 

最期に少し荀攸と荀彧の話をしましょう。勘違いされていることがありますが、荀攸は荀彧の甥にあたります。家系図を見ていくと分かるのですが、荀彧の祖父と荀攸の曽祖父が兄弟になるのです。

 

荀攸と荀彧

 

ただ現在の日本で考えるほど近い関係の叔父と甥ではなく、下手をすると遠い親戚として扱われてもおかしくない所ですが……これはやはり同郷や同族の意識がとても強い古代の中国の特徴と言えるでしょう。

 

荀攸

 

説得場面で「出身地が同じじゃないか!」という現代感覚から見たら「いやそんなのあまり関係ないのでは……?」というくだりが良く出ますが、こういった時代背景を知ると納得ができますね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は荀攸の活躍と、どうして三国志演義では触れられていないのか、に関して筆者なりの考えを述べてみました。こういう面ではちょっと三国志演義に不満が湧いてきてしまいますね。しかし三国志演義は三国志を広く知らせただけでなく、数多い武将たちのストーリーをまとめて分かりやすくしているなどの十分な功績があります。三国志演義を三国志に慣れ親しむ入り口としつつ、できたら更に踏み込んで正史三国志もよろしくお願いします。

 

参考文献:魏書荀攸伝 荀彧伝

 

関連記事:荀攸は魏王就任に賛成していた?荀攸の思惑と魏王就任賛成の理由

関連記事:曹操が呂布に勝てたのは荀攸のとある進言のおかげで攻略できた

 

荀彧特集

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-