キングダム639話ネタバレvol3「白起は中華統一を目指した悲劇の旧六大将軍だった」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

白起(春秋戦国時代)

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、旧六大将軍で最強の評価を与えられているのは、将軍筆頭の白起(はくき)でしょう。しかし、この白起、目玉ギョロギョロの怪人物として描かれ、少なくとも、好感を持てるような風貌をしていません。

 

それは白起が悪名高い長平の戦いで40万人もの趙兵を生きたまま埋め殺したという逸話のせいで、目的の為には手段を択ばない人物として見られているからでしょう。

kawauso

 

でも、それは正しいのでしょうか?kawausoは白起こそ、秦の中華統一を目指し全ての泥をかぶった悲劇の名将だと思います。


キングダム639話ネタバレvol3「六国を滅ぼす明確な意志を持つ白起」

キングダム 戦国七雄地図

 

キングダムには、六大将軍と称された、白起、司馬錯(しばさく)公孫胡傷(こうそんこしょう)、王騎、王龁(おうこつ)(きょう)がいますが、この中で明確に中華統一の意志を持っていた大将軍は白起だけでした。それは、この六人の中で唯一白起だけが、楚の都である(てい)を攻めたばかりか、そこにあった歴代楚王の墓、王陵(おうりょう)を焼き払ったという記述が、史記白起王翦列伝に登場するからです。

曹操のお墓(曹操高陵)

 

当時の中華では、先祖代々の墓を守り、お祀りを欠かさない事が家を維持する事でした。弱肉強食に見えても、そこは各国の将軍は遠慮し、敵国の王陵は焼かないというのが、暗黙のルールだったのです。

 

歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士

 

しかし、白起はそれを堂々と否定し、楚の祭祀を不可能にしました。これは「お前達は滅ぶのだから墓など必要ない」という滅亡を示唆する挑戦状でした。白起は秦という超大国だけが中華に残り、後は滅ぶべしという中華統一主義者だったのです。


キングダム639話ネタバレvol3「白起が敵兵を殺し続けた理由」

春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

 

キングダムの時代の将軍は、敵兵を容赦なく殺害する冷酷な人が多かったのですが、その中でも白起は群を抜き、殺しも殺したりで84万人を殺戮しています。

 

これだけ見ると、血に飢えた殺人鬼のようですが、白起が中華統一を最終目標にしていたという事を思い合わせると感想が違ってきます。

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

六国を滅ぼすという意志を持った白起にとっては、敵兵は一人でも多く殺してしまえば、それだけ敵の抵抗が減り、中華統一へ結びつく近道でした。他の将軍は今後の友好を考えて助命したり捕虜にしても、白起がそうしないのは、自分の代で六国を滅ぼす堅い信念があったからだと言えます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム639話ネタバレvol3「悲劇の幕開け野王陥落」

炎上する城a(モブ)

 

ここからは長平の戦いの原因になった野王陥落(やおうかんらく)上党(じょうとう)の離反について書きます。少し、面倒くさいですが、ここを知らないと王翦が40万人の趙兵を穴埋めした経緯が不明になるのでガマンして下さい。兵糧を運ぶ兵士

紀元前263年、秦は野王を陥落させました。これにより、韓の王都、(てい)からの補給線が途絶えた上党という土地が出現しました。本来ならば秦に降るべき所ですが、上党の民は、秦の野蛮さを嫌っていました。


上党太守の馮亭(ふうてい)は、「秦に降るくらいなら趙に救援を求めよう、そうすれば韓と趙で同盟が結ばれ、きっと秦に対抗できる」と説き、民はこれに賛成します。

 

馮亭は趙に行き、自分達は秦の民になるより趙の民になりたいと帰順を要請。趙には、そんな事をすれば秦の怒りを買うので受けてはいけないと反対する家臣もいたものの、趙の孝成王は、欲に目がくらみ上党を趙に併合しました。

 

思った通り、秦は激怒して王龁に上党を攻めさせ陥落。上党の民は趙に向かって難民になり逃げていきます。趙もこれを見殺しに出来ず、長平まで軍を派遣して収用しました。

秦の旗を掲げる兵士

 

二重にコケにされる形になった秦は王龁(おうこつ)を長平に向かわせ、趙は名将廉頗(れんぱ)に防御を命じます。これが長平の戦いの原因なのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3 4>

関連記事

  1. キングダム
  2. 飛信隊の信をボッコボコにする項燕
  3. キングダム54巻amazon
  4. kawausoさんのキングダムがキター!
  5. テレビを視聴するkawauso編集長
  6. 内容に納得がいかないkawauso様

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 7月 16日

    キングダムの六大将軍で白起だけが他の大将軍と異なり明確に中華統一に意思を持っていたって思ってるの?

    白起は軍事の天才ではあったけど六大将軍の中で最も中華統一の意思を持っていなかった人のように思うよ!

    っていうか、彼は人という生き物を理解していないようにすら思える!

    窮鼠猫を噛むの格言にあるように人もネズミと同様に徹底的に追い込まれれば決死の覚悟で反抗する。

    懐柔できる時は懐柔し、高圧的に従わせる時は力づくでも抑え込み、寝返らせることができるならば味方に引き入れ、社稷を護りたいのであればそれを赦すが領土の所有や統治権などの他の権限は総べて没収する。

    文化も言葉も慣習も風土も異なる中華を統一しようと本気で考えているのであれば、楚の都である郢を攻めたとしてもそこにあった歴代楚王の墓、王陵を焼き払わず敬意を表するくらいの対応をして然るべきなように思うよw

    攻める、殺す、壊す、脅す、従わせるでは面従腹背ですから、遅かれ早かれ破綻することは火を見るよりも明らかでしょうねw

    残念ながら白起が戦果を求めて大量殺戮を繰り返している様子は見受けられますが、中華統一の意思を持っていたようには見えません。

    白起、司馬錯、公孫胡傷、王騎、王龁、摎の秦六大将軍の何人が明確に中華統一の意志を持っていたかは不明ですが、白起の死後は秦軍による大量殺戮が確実に減った時代です。

    結果として秦の中華統一が実現していることを考慮すれば、天才白起が存命中でも統一できなかった中華。

    天才である白起が中華統一の意思を持って行動していれば、昭王とのいざこざも起こらなかったように思うよw

    史実が白起のやり方では中華が統一できないという論より証拠ですよねーw

    • ブログ主の発信能力や文才を惜しむ者
    • 2020年 4月 15日

    〝歴史〟にifはありませんが、白起が生きていたら始皇帝より前に中華は統一されていたかも知れませんねw
    しかし、私は白起が生きていたとしても始皇帝より前に中華は統一されていないと思いますよ (>人<;)

    理由は、人の目には映らない必然が存在すると考えるからです。

    ① 白起という人物が圧倒的な人物であり天才的な人物であったことは〝歴史〟が伝えてくれています。

    ② 同時に〝歴史〟は白起という人物のやり方では中華は統一できないということも伝えています。

    ブログ主は〝歴史〟好きを自認して執筆していますが、〝歴史〟を事実としてあるがままに受け止めるのではなく、ご自身の妄想や趣味嗜好に基づく偏った見方をすることがお好きなようですねw

    〝歴史〟は人の営みの記録です。人の営みはゲームやフィクションではありません。
    創作者の見方や発想の範囲に収まってしまうゲームやフィクションなどと〝歴史〟は全く異なるものです。

    〝歴史〟で初めて中華を統一した秦国。その秦国の強大化に多大な功績を残していながら白起の〝歴史〟上の評価が限定的とならざるを得ない理由にブログ主には気づいて貰いたい、ブログ主であれば気づくことができる、そしてその気づきを当ブログ内で言及して貰いたい、と期待をしてしまいます!

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 4月 15日

    要校正!王翦が40万人生埋めとある文章があります。
    白起は昭王時代の軍神、絶対的切札、それ故に王宮の昭王側近にとっては利用価値はあるが、その実力と発言力は脅威。また、宮廷内の陰謀や水面下の外交に於いては一部武官に過ぎない白起は重要な駒。どこへ向かわせるかによってはもろ刃の剣に。キングダム的には長平の生埋めで趙将万極を生み出し、さらには邯鄲でセイが迫害を受け紫夏らの商人により邯鄲を脱出をすることに、廉頗には宿敵白起への不当な措置に涙させる存在。キングダムワールドを構成する重要な人物。どうせなら白起の邯鄲攻略戦略やその後の邯鄲包囲戦、鄴を前線基地同盟国による邯鄲解放を得意の地図やイラストで詳細にキングダムワールドと比較して表して頂けると読者にとってありがたいです。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP