甘寧、そして凌統!彼らから孫権のお気に入りの人物を考察してみる

2020年4月15日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

賈詡と曹操と張繍

 

三国志には数々の個性豊かな武将たちが出てきますが、彼らだけでなく彼らが仕える主君たちもまた個性豊かな人物たちが多く、魅力的です。

 

孔融と曹操

 

主君とはある意味孤独なもの、多くの部下を抱える彼らは決して誰かを贔屓せず、皆を平等に・・・

 

曹操のスカウトを断る陳矯(ちんきょう)

 

というのは難しいことなのか、三国志や三国志演義を見ていくと「お、こいつお気に入りなんだな」と思ってクスッとしますよね。

 

三国志に出てくる海賊達と甘寧

 

今回はその主君たちの一人、孫権(そんけん)の「お気に入りの人物」になった甘寧(かんねい)、そして凌統(りょうとう
)
を見ていきながら孫権の「お気に入り」を考察してみましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「凌統 考察」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



血気盛んな人物だった凌統

凌統

 

凌統と言えば父親を甘寧に殺されて揉めたことが有名ですが、もう一件あります。それは206年の山越(さんえつ)征伐の時、陳勤(ちんきん)という人物が好き勝手に振る舞っていたことを凌統は咎め(とが)ました。しかしこれに陳勤は怒り、凌統だけでなく父親である凌操(りょうそう
)
(ののし)りました。

 

戦で活躍する凌統

 

凌統は涙を流してこらえたもののこの罵りは帰り道まで続き、こらえきれなくなった凌統は陳勤を斬りつけ、その傷が元で数日後に命を引き取ります。

 

しかしこの行動が・・・

凌統

 

陳勤の死を知った凌統は死んで詫びようと敵軍に突撃、討ち死にして……しまうこともなく敵軍を打ち破ります。

 

呉の孫権は皇帝

 

その後、凌統は自首するもその話を聞いた孫権(そんけん)は「壮快だ」と凌統に功立たせられるように計らい、罪を償わせる機会を与えました。その後、凌統は合肥(がっぴ)で孫権を守って獅子奮迅(ししふんじん)の戦いをすることになるので感慨深いと言えば感慨深い繋がりではあります。

 

同じく血気盛んだった甘寧

甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

もう一人紹介したいのが凌統とも縁のある甘寧(かんねい)

 

甘寧と凌統

 

彼は黄祖こうそ)の配下時代に凌統の父、凌操を討った事で凌統と揉めるも後々に和解……するのは三国志演義の話で、実際に正史で和解したかどうかは定かではありません。

 

甘寧に殺されかける料理人

 

しかし甘寧は武勇に優れていて天下二分の計(てんかにぶんのけい)を進言するなど卓越した戦術眼を持っていましたが、その反面で良く殺人を起こすなどの問題行動を起こしてしまう人物でもあった甘寧。それでも彼もまた、孫権が「魏に張遼(ちょうりょう)がいるなら、私には甘寧がいる」と称した人物です。

 

孫権は彼らの「どこ」を気に入ったのか?

甘寧と凌統と孫権

 

・・・というと聞こえが悪いですが、孫権は結構こういった血気盛んな人物を好む傾向があるように見受けられます。とは言え凌統は父親に関してのこともあり、むしろ早くに父、孫堅(そんけん)を亡くしてしまった孫権は凌統に自分を重ねていたのかもしれません。

 

孫策に攻撃される黄祖

 

また甘寧に関しても、そういった苛烈(かれつ)さに兄、孫策(そんさく)のような面を見出したのかもしれません。そしてここでもう一人、孫権のお気に入りというべき人物を紹介したいと思います。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学