麒麟がくる第18話 感想あらすじ「越前へ」麒麟がきた


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

麒麟がきた 特集バナーver4

 

長良川の戦いに敗れた斎藤道三(さいとうどうさん)は戦死、道三についた明智勢は高政(たかまさ)の軍勢により城を攻め落とされました。もはや、美濃に居場所がない十兵衛の家族は一体どうなるのでしょうか?

kawausoさんの麒麟がキター!

それでは、いってみよう麒麟(きりん)がキターーーーーーー!!


麒麟がくる第18話 感想あらすじ「駒と菊丸登場」

駒(麒麟がくる)

 

明智城は炎上し、十兵衛の一家は進退窮まりました。高政は十兵衛を逃がすつもりはなく、各地に兵士を配置して捕えようとしていたのです。十兵衛は尾張に逃げて帰蝶(きちょう)や信長を頼ろうとします。しかし、そこで、駒と菊丸が十兵衛一家の前に現れました。

菊丸(麒麟がくる)

 

尾張は高政軍が見張りを増やしています。北へ向かうしかありません。駒の言う北とは越前の事で、古くから美濃の残党を受け入れて来た越前の大名朝倉氏の土地です。慣れない山道を進む十兵衛一行の前に、今度は伊呂波太夫が現れます。伊呂波太夫(いろはだゆう)は帰蝶の命令で十兵衛一行を安全に越前に逃がすために来たと言います。躊躇(ちゅうちょ)する十兵衛ですが、駒が太夫は私の知り合いですと請け負ったのでついていく事に決めます。


麒麟がくる第十八話 感想あらすじ「山小屋と菊丸」

明智光秀(麒麟がくる)

 

その日は日没となったので、一行は山の中の小屋で過ごす事にします。十兵衛は、稲葉山城で伊呂波太夫を見かけた事を思い出しどんな人物か?駒に尋ねます。駒は、私が子供の頃にいた旅の一座の頭で私の姉のような存在です。と言いました。駒は煕子の手から血がにじんでいるのを見て、菊丸には薬草、十兵衛には水を汲んでくるように頼みます。

煕子(明智光秀の妻)

 

十兵衛が井戸で水を汲んでいると菊丸が話しかけてきました。今は、駿河の薬屋で働いているが、駒の頼みで薬屋に4~5日暇乞いをしてここまできたが、そろそろ限界なので駿河に戻るというのです。そして、最後にこう付け加えました。

「自分はどこまでもお駒さんについていきたかったとお伝えください」

戦う忍者

 

菊丸は竹千代を守る忍者なので、ずっと駒につきっきりもできないんですね。本当は振り回されようと惚れた女の元にいたいけど、自分には使命があるから無理なのです。でも、恋愛鈍兵衛の十兵衛に伝えても?なんだろうな多分、駒には伝わりません。

内容に納得がいかないkawauso様

 

菊丸いいのになぁ、、このまま出なくなってフェードアウトとかやめて欲しいな。戦国時代でも武士の情けくらいあるよ。ましてや21世紀で、もう許してやってよ

 

【麒麟がくる 視聴感想】
麒麟がきた


麒麟がくる第18話 感想あらすじ「駒の恩人が判明」

燃える本能寺

 

駒は熙子の手当をしつつ、自分が小さい頃に美濃の武士に命を救われたと言います。そして、その武士が麒麟(きりん)の話をしていたと聞いた牧がとっさに駒に「腕に傷があるか?」と尋ねます。

牧(麒麟がくる)

 

牧は、亡き夫の光綱から、火の中から小さな女の子を助けて旅の一座に預けたという話を聞いていた事を思い出しました。それを聞いた駒は驚きますが、牧にもう光綱は亡くなったと告げられると「お会いしたかった」と涙を流しました。十兵衛は、その話を聞くともなしに聞き、明智の旗を眺めて刀を素振りするのでした。


麒麟がくる第十八話 感想あらすじ「十兵衛、朝倉義景と対面」

京都御所

 

翌日、越前に入った十兵衛は伊呂波太夫に伴われて朝倉義景(あさくらよしかげ)に面会しました十兵衛が頭を下げると、朝倉義景は胡散(うさん)臭そうな目で十兵衛を見て、それから伊呂波太夫に話しかけます。

 

義景「近衛家の姫君には顔を出したか?」

 

伊呂波「姫君?芸人風情が近衛家で育ったなどと申すでないと私に仰ったお方様の事でしょうか?朝倉に嫁いで数年、まだ子をなされていないとお聞きしましたが、義景様もいつ近衛家にお返しされるか頭を抱えているのでは?」

 

義景「近衛家から探りを入れる様、言われたのか?」

伊呂波「まさか、この家出娘に探らせるほど、近衛家は落ちぶれていません」

 

どうやら、伊呂波太夫は摂関家の近衛家で育てられた女性のようです。道理で日本中の大名に顔が効くわけです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 戦にめっぽう強い柴田勝家
  4. 織田信長
  5. 武田信玄と徳川家康

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • めだか
    • 2020年 5月 19日

    伊呂波太夫が朝倉義景夫人や菊丸と関りがあるというのは面白かったですね。
    金を恵もうとする義景に十兵衛が「いただく理由が無い」と断るのもガンダムでのアムロの台詞みたいでよかったです。
    ただ、気になったのは駒を演じる門脇麦が、尾野真千子・石川さゆり・木村文乃らの共演者に比べると明らかに技量不足だと感じたことです。
    滑舌が悪いし、容姿も・・・。メインキャストとして起用すべきではなかったと思います。

    • よも
    • 2020年 5月 19日

    21世紀だからダメなんですよ…(汗)
    これまで男性に向けていた『武士の情け』を、最古の職業誕生以降『娘身売り』されて苦界に身を沈めてきた『遊女』。すなわち女性達へと(物理的に)向け直そう!という機運が、世界規模で高まっている現在『娘身売りサイコー』と言ってしまったのは、ものすごくマズい事なんです。
    …ちなみにリアル菊丸さんに対する現在の日本の待遇は、実はものすごく『情け』のある方だったりします。
    他国であれば芸能界追放は確実な上、訴訟。
    かつ、民衆の意識改革も完了しているため、庇ってくれる人もほぼゼロなのですから。
    (多くの国ではフェミニストであることを誇りにしている人の割合が殆どで、日本の待遇を『異常!』『女性にとって不公平であり得ない!』扱いしていたりする。)


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP