黄皓の最期を振り返る!本当に蜀を滅亡に追い込んだのか?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黄皓

 

三国志、三国志演義両方でとてつもない悪漢(あっかん
)
とされる存在、黄皓(こう こう
)
。彼は(いや)しい身分でありながら劉禅(りゅうぜん
)
の寵愛を受けて出世、権力掌握(けんりょくしょうあく)、そして政治を好き放題して蜀の滅亡を招いた人物として歴史に記されてしまった人物でもあります。

 

蜀志(蜀書)_書類

 

今回はそんな彼の最期を振り返りつつ、共に三国志の歴史も振り返ってみたいと思います。


黄皓という人物

董允

 

まずは正史から見ていきましょう。諸葛亮(しょかつ りょう
)
の没した後、後任として董允(とう いん
)
が跡を任されました。しかし残念ながら彼は病没(びょうぼつ)。その後に董允の後任となったのが陳祇(ちん し
)
、そして彼と共謀して政務を仕切るようになったのが黄晧です。後に黄晧は中常侍(ちゅうじょうじ)までになります。

劉禅に気に入られる黄皓

 

分かりやすく言うと社長秘書ですね。このため劉禅は黄晧の言うことばかり聞いてしまい、黄晧の専横(せんおう)が始まってしまうのです。


三国志演義での黄皓

三国志演義_書類

 

ぶっちゃけると正史より非常に扱いが悪いです。というか正史三国志でも良い所はないのですが……それに輪をかけて酷い存在にされています。

姜維の地位を落とす文官

 

諸葛亮の在命時から悪辣卑劣(あくらつひれつ)な人物として描かれ、私腹を肥やす、敵と通じる、姜維(きょう い
)
北伐(ほくばつ)を邪魔すると最早最大の敵は味方という存在。

 

三国志時代の巫女(女性)

 

果てには「なんか良く分からないけどいきなり出てきた巫女(みこ)」を呼び出して予言をさせて政治させるというもう何が何だか……という有様に。

司馬昭

 

蜀が滅亡した原因であり賄賂(わいろ)で逃亡するも司馬昭(しば しょう
)
の怒りをかって惨殺(ざんさつ)されるという当然のような末路を迎えることとなっています。


正史での黄晧はどうなったのか?

正史三国志_書類

 

さて三国志演義では「ざまあみろ!」という最期を迎えた黄皓は、正史ではその最期までは記されていません。蜀を制圧した鄧艾(とうがい)が民衆から黄晧に対する悲惨な訴えと評判を聞くと怒り、黄晧討つべしと彼を捕縛しようとするもそれを知った黄晧は賄賂で逃亡し、姿をくらませてしまったというのが彼の最期になります。

怒る村人 三国志

 

正直民衆の人気最悪である彼が生き残れたとは思えませんが、その怒りが三国志演義での悲惨な末路を迎えさせたのではないかと思われます。


歴史を振り返ってみるとあることに気付く

巫女を利用する悪徳文官

 

では黄晧を見ながら三国志の歴史を振り返ってみましょう。黄皓は宦官です、そして政治を掌握し、歪め、国を滅亡させたと言われるような人物です。

 

ここで何かを思い出しませんか?

 

張譲(宦官)

 

そう、三国志の始まりとも言える場面で出てくる最初の悪役、十常侍(じゅうじょうじ
)
。彼らもまた宦官であり、政治を掌握して歪めた人物たちとして知られている存在です。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  2. 曹操軍
  3. 饅頭を作る孔明
  4. 凌統
  5. 藏覇(臧覇)と曹操と袁紹
  6. そろばんを叩く関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP