【麒麟がくる】本能寺の変はカットの可能性あり?その理由とは?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

本能寺の変はカットの可能性(1P目)


信長が約束を反故にした時、光秀は爆発

長曾我部元親(長宗我部元親)鳥なき島のコウモリ

 

織田信長が、明智光秀の心の時限爆弾を押す時・・・。それは、信長が長宗我部元親に約束した四国切り取り次第領地安堵(しだいりょうちあんど)という約束を、一方的に反故にし2カ国返上を命じた、天正10年5月の事です。

鼻をほじりながら無関心な織田信長

 

長宗我部氏には謀反したとか約束を違えたという事実はないにも拘わらず、信長の都合でそれが覆されたのです。この暴挙は、長宗我部との戦を回避すべく外交努力を重ね、天下静謐に動いてきた光秀の願いをも打ち砕くものでした。

 

天下布武を唱える織田信長

 

信長の天下布武(てんかふぶ)とは、最近の説では武力により日本を征服するという意味ではなく、天下静謐(てんかせいひつ)()の事だと考えられています。天下布武とは可能な限り戦を回避し外交交渉で日本から争いを失くし、麒麟を連れてくるという事だったのです。

何本も翻る軍旗と兵士(モブ)

 

信長は自らの私利私欲の為、天下布武の旗に泥を塗り、従わないなら長宗我部氏を武力で討伐する構えを見せ、光秀の武士の誇りを傷つけました。亡父、明智光綱(あけちみつつな)は誇りを失ってはもう武士ではないと光秀に教えました。斎藤道三(さいとうとしまさ)は、上に立つ者が偽りを申せば国は立ちいかぬと利政(としまさ)に絶叫しました。

鎧兜姿の斎藤道三

 

二人を尊敬する光秀は、天下静謐と明智の誇りを守るため逆臣となっても主君、織田信長を討つ事を決意します。全ては、麒麟をつれてくる本当の支配者が現れる日のためにです。


麒麟がくるウォッチャーkawausoの独り言

kawausoさんの麒麟がキター!

 

麒麟がくるは、近年まれにみる登場人物の心理描写に重点を置いたドラマです。ですので四国問題を巡り、破綻(はたん)していく光秀と信長の心理的な衝突もそれこそエグい程に重厚に描かれ、実際の本能寺の変の顛末(てんまつ)は描かれないか、それこそ、無言劇のようにあっさりと幕が引かれるのではないかと予想します。

 

意気投合する明智光秀と織田信長

 

近い将来、明智光秀が主人公なのに本能寺の変に重点が置かれない、でも、もっとも明智光秀を描き切ったドラマと言われるのが、2020年の大河ドラマ、麒麟がくるではないかと思うのです。

 

参考文献:信長家臣明智光秀 平凡社

 

関連記事:【麒麟がくる】朝倉義景はどんな人?チャンスを逃し続けた凡人大名

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

 

【麒麟がくる 視聴感想】
麒麟がきた

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 赤井直正
  2. 燃える本能寺
  3. 今川義元
  4. 黒田官兵衛
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 南蛮胴を身に着けた織田信長

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP