キングダム643話ネタバレ予想vol2「桓騎は残虐な方法で扈輒を虐殺する?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

内容に納得がいかないkawauso様

 

キングダム642話では、論功行賞(ろんこうこうしょう)が行われましたが桓騎(かんき)楊端和(ようたんわ)は作戦活動に従事しているという理由から、代理で摩論(まろん)とバジオウが褒美を受けていました。

さらに、河了貂(かりょうてん)蒙毅(もうき)の会話から考えると昌平君(しょうへいくん)は李牧が復帰しない間に邯鄲(かんたん)を落とそうと考えている事が明白になっています。

史実上、趙を攻めるのは桓騎ですが一体どうやって趙を攻めるのでしょうか?

そして、扈輒(こちょう)はどの段階で殺されてしまうのかを考えてみます。


キングダム643話ネタバレ予想vol2「いきなり邯鄲を突く桓騎」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

史記、秦始皇本紀(しんしこうほんき)によると、紀元前234年桓騎は趙の平陽(へいよう)を攻めたと書かれています。

この平陽とは、現在の邯鄲付近、臨漳県(りんしょうけん)の西二十五里とされているので、桓騎は邯鄲を攻め落とすつもりで進撃した可能性が高いでしょう。

桓騎

 

そして、それと同時に邯鄲に近い場所を攻撃するという事は、当然、扈輒もそれを座視できないという事ですから撃って出る事になると思います。


キングダム643話ネタバレ予想vol2「平陽を包囲して扈輒をおびき寄せる」

行軍する兵士達b(モブ)

 

しかし、この平陽の戦いの描写は非常に簡単で扈輒は秦軍と激突して敗れたようです。

この部分は、史記の廉頗(れんぱ)藺相如(りんそうじょ)列伝を補うと桓騎は平陽を陥落させ、さらに武城を攻撃。扈輒はその後武遂で敗死したと書かれています。

こちらの武遂とは、現在の武強県で邯鄲の北にありますが、邯鄲に近い場所で戦っていた事が分かります。

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

そして、この戦いで趙は10万の兵力を失ったとあります。秦の方から見ると10万人を斬首という記述になっていますね。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム643話ネタバレ予想vol2「扈輒の殺害のされかた」

桓騎 キングダム

 

以上のように、桓騎と扈輒の戦いについては、非常に記述が少ないですが、これをそのまま再現すると、それこそ一コマで終ってしまう事になりかねません。そこで、扈輒の殺害については、それなりの工夫があるんじゃないかと考えます。

それというのも、扈輒はモブに終わるキャラとしては登場シーンが多すぎ、それなりに役割が与えられるのではないかと考えられるからです。


キングダム643話ネタバレ予想vol2「扈輒は桓騎が嫌いなタイプ」

敗北する桓騎

 

桓騎は、弱いくせにプライドが高く取り澄ました人物が嫌いという性質を持っています。

山陽戦では、無能だけど人柄だけで総大将になった魏の白亀西(はくきさい)が命乞いをしなかった事に腹を立てて、胴体をノコギリで横に切断する殺し方をしていました。

 

また、李信のように理想を持っている人物も敬遠する傾向があります。桓騎からすれば、青臭い小僧にしか見えないという事でしょう。

 

そうなると、今度対戦する扈輒は李牧の才能を高く評価し、李牧を逮捕した悼襄王(とうじょうおう)を軽く「クソ」とディスっている人物ですが、「邯鄲の守護神」の異名を持っている所を見ると誇り高い人物ではあるようです。

この辺りから評価するとドス黒い桓騎は邯鄲については鉄壁の守備が出来ると自負している扈輒のプライドを踏みにじり絶望させて殺す事に執念を見せそうですね。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 餓えた農民(水滸伝)
  2. キングダム54巻amazon
  3. 病に倒れる始皇帝
  4. 李牧
  5. 馬に乗って戦う飛信隊の信

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 桓騎のキャラも扈輒のキャラも活かした見事な脚本でしたw
    • 2020年 6月 17日

    今回の空想活劇は面白かった!今回の記事はとても読み応えがあるように思えたw

    若干、原先生の描くキングダムとは毛色が違うような気がするけれども、今回のkawauso氏の創作脚本は史記の記述に則った上で桓騎と扈輒のキャラを活かした秀逸な内容であったように思う。

    桓騎には失脚するまでに沢山の伝説的な残虐エピソードを残して貰いたいし、絶頂から高転びする様にも期待してしまうw

    史実イベントに対して愛読者たちの予想の上をいく見事な脚色で物語を盛り上げる作者にkawauso氏がどこまで近づけるのか?にも期待してしまうww

    • 匿名
    • 2020年 6月 12日

    「岩をも溶かす(全てへの)憎悪」の回収が楽しみですね。ヒントは散りばめられていますが、原先生は読者の考察を悉く超えてこられたので。

    • 匿名
    • 2020年 6月 09日

    そもそも仮にホウケンが生きているという一部の説を本当にしたってもうホウケンに趙に組する理由もない訳だからなあ。
    (李牧は地の声とやらが「導く者だから」とストップ掛けただけの話だし。新しい理由探してるなら趙自体が用済み)
    代まで李牧を活かすには将軍格の側近は使えない(首都防衛の時に何してるってなる、特に失態やらかした白ナスは)
    カイネ・フテイも同様(軍属だからね)

    • 匿名
    • 2020年 6月 08日

    武神の結末はいまいちだったし、もう信も将軍になっちゃったし、政の主敵だった呂不韋もとっくに失墜済み。
    個人的にもう今後期待するところがないなーと思っちゃってる。
    そういう思いを覆すほど劇的で面白い展開がいっぱい来るといいけどなー

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 6月 08日

    李信軍の論功行賞は?
    今まで謎だった軍編成が図解に?
    約倍になった飛信隊。。。この人がなぜ?の謎の軍功?
    李牧奪還作戦の行方は?
    ブログ主の予想は?また大胆な予想でキングダムワールドを大いに楽しでください。(奇想天外な予測をブログ読者は楽しみしてますよ!トライ原作者!)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP